BTS

BTSのV(テテ)の名言集!韓国語と英語

BTS Vの名言

BTSのV(テテ)さんは、VLIVEや番組の中でたくさんの名言を残しています。

BTSのV(テテ)さんの名言は、韓国語でそのまま流行語のようにARMYの間で使われるものもありますね。

 

また外国の雑誌や番組のインタビューで、BTSのV(テテ)さんが名言を英語で残しています。

BTSのV(テテ)さんの名言と言われるものにはどんなものがあるでしょうか?

BTSのV(テテ)さんの名言を、韓国語、英語それぞれの言葉とエピドードも紹介したいと思います。

BTSのV(テテ)の名言を韓国語では?

BTSのV(テテ)さんの名言の韓国語で、「그므시라꼬」(クムシラコ)という言葉があります。

これは「그것이 뭐라고」(クムシモラゴ)の方言で、それがどうしたの?という意味の言葉。

 

このBTSのV(テテ)さんの名言の韓国語は、お父さんから教えられた言葉。

辛いことがあっても、その後にはきっといいことが待っているという意味もあるようです

BTSのV(テテ)さん自身も、自分によく言い聞かせる言葉として大切にしています。

 

就職に悩み眠れないという内容の投稿に対しても、BTSのV(テテ)さんはこの名言の韓国語を送りました。

それがどうしたの?よくないことの後はもっといいことがあるから、先におめでとう〜。

BTSのV(テテ)さんの温かい言葉が人を癒すのは、辛い思いを経験し乗り越えているからこそ。

BTSのV(テテ)さんは、メンバーへもこの言葉を送っています。

BTSのV(テテ)さんがメンバーそれぞれに送った言葉は、愛情にあふれていますね。

可愛らしくて温かいBTSのV(テテ)さんの名言の韓国語は、合言葉のようにARMYにも浸透しています

 

もう1つBTSのV(テテ)さんの名言として韓国語で書かれた言葉があります。

BTSのV(テテ)さんがプロフィール2019の中で、「キムテヒョンにかけたい言葉」として書いたもの。

그 누구보다 상처받고」(誰よりも傷ついて)행복하게 살아라(幸せに生きろで始まる言葉。

BTSのV(テテ)さんの言葉は、とても切なくて温かい気持ちにさせます。

 

어떤 인생이든」(どんな人生でも)「풍경좋은 계단만」(風景のいい階段のみ)「걸어라」(歩め

BTSのV(テテ)さんの葛藤しながら、それでも道を見失わない強さと柔軟さが伝わってきます。

 

BTSが世界中から注目されるようになって、評価されることと同じくらい風当たりも強くなります。

それでも幸せな風景を見て歩んでいこうというBTSのV(テテ)さんの決意。

その道を歩くのはたった1人ではなくて、そばにいる人の存在があるからこその強さとも言えますね。

BTSのV(テテ)の名言は英語では?

BTSのV(テテ)さんの名言は、英語のインタビューに答える場面でも見られます。

2017、2018年と続けてビルボードで「Top Social Artist(トップソーシャルアーティイスト賞)」受賞。

アメリカでインタビューの機会が増え、BTSでは主にRMさんが得意の英語で答えメンバーに通訳することも。

 

しかしメンバーもそれぞれ伝えたい思いを、英語で準備してRMさん以外もインタビューで答えます。

BTSのV(テテ)さんもインタビューの内容を予想して、RMさんに英語での言葉を教えてもらった様子。

BTSのV(テテ)さんの言葉に力づけるようにうなずき、言い終わると胸に手を当てているRMさんが印象的です。

Your love became my life」(あなたにもらった愛情は私の人生そのものになりました。

BTSのV(テテ)さんの名言の英語は、短くシンプルでダイレクトに感謝と愛情を伝えます。

 

「What does BTS ARMY means to you?」(あなたにとってARMYとは)という質問でした。

BTSのV(テテ)さんの名言の英語に対し、「That's amazing!」と驚きと感嘆の言葉が返ります。

この言葉はすぐにSNSでも取りあげられ、多くのARMYが感動しコメントを投稿しています。

このBTSのV(テテ)さんの名言の英語は、そのままARMYの気持ちを代弁している言葉と言えます

 

BTSのV(テテ)さんの名言の英語は、インタビューの場面以外でも聞かれます。

2018年訪れたN.Y.でBTSのV(テテ)さんは、雨を避け偶然入った展示場で絵を購入していました。

「彼はとても真摯な態度で、芸術のことを学びたいという気持ちが伝わってきた。」

画家のMarc Dominusさんは、BTSのV(テテ)さんのことを話していました。

 

「May your day shine bright」(あなたの日常が明るく照らされますように)

別れ際に手を握り、BTSのV(テテ)さんはこの名言を英語で残していきました。

 

Marc Dominusさんにとって自分のことを知らない人が絵を購入したのは、初めての経験。

とても印象に残る素晴らしい体験として、後のインタビューで語っている様子です。

まとめ

BTSのV(テテ)さんの名言を英語、韓国語それぞれエピソードと一緒に紹介しました。

BTSのV(テテ)さんの言葉は、とても温かく相手を思いやる言葉にあふれています。

 

短い言葉の中にBTSのV(テテ)さんが込めた気持ちは、これまでの経験からくるもの。

BTSのV(テテ)さんがメンバーとともに、幸せも困難も乗り越えてきたことが伺えます。

 

韓国語でも英語でも、思いを伝えたいというBTSのV(テテ)さんの気持ちの強さは同じ。

BTSのV(テテ)さんの優しい人柄が、言葉から伝わってくるからと言えるでしょう。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!