サイト開設1周年記念!

30秒で終わる当サイトについての簡単アンケートで

Xmasプレゼントが当たる?!

アンケートに回答してプレゼントに応募する

(※回答は1人1回まで12月23日〆)

BTS

BTSのV(テテ)の愛犬ヨンタンの犬種や性別と現在の姿!

BTS Vのペット

BTSのV(テテ)さんの愛犬は、VLIVEで初めてお披露目されて以来の人気者。

VLIVEやSNSによく登場し、BTSのV(テテ)さんの愛犬の犬種や性別、現在の様子など知ることができます。

 

BTSのV(テテ)さんの愛犬の名前はヨンタン。

BTSのV(テテ)さんとヨンタンの出会いのエピソード他、公開されている映像も多く見られます。

 

BTSのV(テテ)さんの愛犬ヨンタンの犬種や性別、名前の由来など。

BTSのV(テテ)さんとヨンタンの現在の様子も含めて紹介したいと思います。

BTSのV(テテ)の愛犬の名前はヨンタン!

BTSのV(テテ)さんの愛犬ヨンタンが初めて投稿に上がったのは、2017年12月18日。

それより少し前のジンさんの誕生日VLIVEにも、後ろにこっそり映っていたようです。

 

投稿には「名前、ヨンタン。我が家の新しい家族」という説明があります。

ヨンタンの名前を縮めて「タナ〜」と呼びかけるBTSのV(テテ)さんに、首をかしげる姿が愛らしいですね。

ヨンタン(연탄 )は韓国語で、練炭の意味になります。

真っ黒な見た目からついた名前のようで、BTSのV(テテ)さんの愛犬としてみんなから愛される存在。

BTSのV(テテ)さんが愛犬ヨンタンを溺愛してる様子は、見ていてとても癒されます。

BTSのV(テテ)の愛犬ヨンタンの犬種と性別は?


BTSのV(テテ)さんの愛犬ヨンタンの犬種は、ポメラニアンとVLIVEで説明されています。

BTSのV(テテ)さんの愛犬の犬種では珍しい、「ブラックタン(黒褐色)」という色です。

BTSのV(テテ)さんは、愛犬の犬種はよく吠えるイメージがあったのにヨンタンはあまり吠えず驚いた様子。

BTSのV(テテ)さんの愛犬ヨンタンの性別は、オスのようです。

これはBTSのV(テテ)さんが、愛犬ヨンタンを「僕の弟です」と紹介していたことから。

 

BTSのV(テテ)さんの愛犬の犬種は、性別によって性格の特徴も異なるようです。

ポメラニアンのオスは、メスに比べ活発でやんちゃな子が多く警戒心も強いのが一般的

BTSのV(テテ)さんの愛犬ヨンタンの遊んでいる様子は、活発に動いているように見えますね。

カメラに警戒して吠える様子もみられ、ここからもBTSのV(テテ)さんの愛犬ヨンタンの性別はオスと思われます。

BTSのV(テテ)の愛犬ヨンタンは病気を患っている!現在の様子は?


BTSのV(テテ)さんの愛犬ヨンタンは、薬を常用しているようです。

VLIVEの映像の中でも、荷物の中に餌と一緒にヨンタンの薬も入れられていました。

BTSのV(テテ)さんは愛犬には先天性の病があって、薬を飲み続けるしか治療方法がないと説明

このためあまり散歩もできないと説明しています。

 

BTSのV(テテ)さんの愛犬ヨンタンは、現在も全く散歩もできない重病という訳ではなさそう。

2019年6月30日に愛犬の散歩中ヨンタンに会ったという投稿がありました。

BTSのV(テテ)さんの愛犬ヨンタンは、写真を取ろうとしたらかわいい笑顔を向けてくれてたようです。

ヨンタンの散歩をしていたのはBTSのV(テテ)さんのお母さんのようで、とても美人だったとありますね。

BTSのV(テテ)の愛犬ヨンタンは宿舎で一緒に住んでいた?


BTSのV(テテ)さんは、愛犬ヨンタンを撮影現場や宿舎にもよく連れてきています。

寝室に一緒にいる映像から、BTSのV(テテ)さんは愛犬ヨンタンと宿舎で暮らしているようにも見えます

BTSのV(テテ)さんはライブや授賞式などのため海外に行く仕事も多く、家を何日も開けることも。

お母さんが散歩していた様子からも、普段は両親に預けられているようです。

 

BTSのV(テテ)さんも韓国にいる間は、できるだけ宿舎にも連れてくると説明していました。

BTSのV(テテ)さんの愛犬ヨンタンがキャリーバックの中で寝てるのも、移動中寝てしまったと考えられます。

 

BTSのV(テテ)さんと愛犬ヨンタンは、現在アベルバウムで両親と一緒に暮らしているようです

BTSのV(テテ)さんと愛犬ヨンタンの現在の様子を、SNSでも見ることができますね。

朝食中のBTSのV(テテ)さんが、呼びかけるとすぐに駆け寄ってくるヨンタン。

BTSのV(テテ)さんのマンションで撮影されたと思われるこのような様子が、数多く公開されています。

BTSのV(テテ)は愛犬ヨンタンを保護施設から引き取ったの?


BTSのV(テテ)さんの愛犬ヨンタンは、保護犬だったようです。

施設でヨンタンを見た瞬間、「あ!この子だ」と決めたというBTSのV(テテ)さん。

BTSのV(テテ)さんはすぐに引き取らず、韓国で著名なドックトレーナーにアドバイスを求めました。

このことは、ドックトレーナーのカンヒョンウクさんが明かしています。

 

「子犬を引き取りたいと思っているが、そのために何が必要か」と尋ねたBTSのV(テテ)さん。

トラブルが起こってから助けを求められることが多いというヒョンウクさんは、この質問に感銘を受けます。

命を預かるということはこうあるべきと、BTSのV(テテ)さんの姿勢を絶賛しました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

BTS V(@bts_taeofficial)がシェアした投稿

BTSのV(テテ)さんの愛犬ヨンタンの犬種で、特にオスはしつけを間違うと吠え癖がつくとも言われています。

またBTSのV(テテ)さんの愛犬ヨンタンの性別だけでなく、先天性の持病のことも心配したのでしょう。

 

BTSのV(テテ)さんの愛犬ヨンタンは、現在では身体も大きくしっかりと育っているようです。

2019年8月に1ヶ月ほど、BTSは長期休暇を取っています。

その間に自宅でゆっくり過ごしたBTSのV(テテ)さんは、愛犬ヨンタンのしつけに取り組んだようです。

まとめ

BTSのV(テテ)さんの愛犬ヨンタンの犬種や性別の他、名前の由来や出会いのエピソードなど見てきました。

BTSのV(テテ)さんの愛犬ヨンタンの現在の様子を見ると、愛情いっぱいに育てらたことが分かります。

 

BTSのV(テテ)さんの愛犬を迎える覚悟と準備の周到さからは、責任感の強さが伺えます。

家族として迎え入れる責任と、命の重さをしっかり受け止めようとするBTSのV(テテ)さんの人柄。

BTSのV(テテ)さんの愛犬ヨンタンが無条件に可愛らしいのは、安心感が根底にあると言えますね。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!