BTS

BTSのV(テテ)のソロ曲おすすめ一覧と作った歌も紹介!

BTS Vソロ曲のおすすめ

スポンサーリンク

BTSのV(テテ)さんはソロ曲の中でも、歌声やパフォーマンスの素晴らしさが注目されていますね。

BTSのV(テテ)さんのソロ曲でおすすめのものをまとめてみたいと思います。

 

また、BTSのV(テテ)さんは作詞作曲やMVのプロデュースなどにも挑戦しています。

BTSのV(テテ)さんが作った歌は、どんなエピソードが込められているのでしょうか。

BTSのV(テテ)さんのソロ曲のおすすめ、作った歌をそれぞれ見ていきましょう。

BTSのV(テテ)のソロ曲おすすめ一覧!

BTSのV(テテ)さんのソロ曲おすすめ一覧1曲目は「stigma」。

BTSのV(テテ)さんの初のソロ曲となる曲で、2016年のアルバム「WINGS」に収録されています。

「Stigma」は汚名、恥辱という意味で、人や集団に対する偏見がネガティブな行動の原因になると言われます。

BTSのV(テテ)さんも作詞作曲に参加し、行き場のない思いが込められた高音のバラッドソングです。

 

BTSのV(テテ)さんのソロ曲おすすめ一覧2曲目は、「Singularity」。

2018年のアルバム「Love Yourself 轉 Tear」と「Love Yourself 結 Answer」に収録されています。

 

メンバーのRMさんが作詞に参加し、人の内面の暗い部分を映し出すような歌詞にも注目が集まりました。

BTSのV(テテ)さんのバリトンボイスと、パフォーマンスの妖艶さが曲を引き立てています。

 

BTSのV(テテ)さんのソロ曲おすすめ一覧3曲目は「Inner Childです。

2020年のアルバム「MAP OF THE SOUL;7」に収録され、作曲にBTSのV(テテ)さんがRMさんと参加。

「Inner Child」は心理学用語で、自分の中にいる過去の自分を表す言葉です。

天の川を初めて見たBTSのV(テテ)さんの、「銀河なんて信じてなかったけど本当にあるんだ」という言葉。

歌詞の中に天の川のエピソードを入れようとRMさんが提案し、できた歌詞も盛り込まれています。

 

BTSのV(テテ)さんのソロ曲おすすめ一覧4曲目は、「죽어도 너야」(死んでも君)。

「Even if you die it's you」の英題で、ドラマ「花郎」のOTSとして知られています。

少し重みのある歌詞の内容を、ポップなテンポの曲に合わせてBTSのV(テテ)さんが歌い上げています。

JINさんの優しい歌声が入ることで、BTSのV(テテ)さんの低音の歌声が際立っていますね。

 

BTSのV(テテ)さんのソロ曲おすすめ一覧5曲目は、「4 O'clock

これもアルバムには収録されていませんが、BTSのV(テテ)さんがRMさんと共同で手がけた曲です。

早朝に友の帰りを待つという情景を歌い上げる、BTSのV(テテ)さんの優しい声が印象的です。

この曲は、BTSのV(テテ)さんがジミンさんと喧嘩して朝の4時に公園で再開したエピソードが元に。

同じエピソードでジミンさんが初プロデュースした曲が「Friends」だと、後で明かされました。

BTSのV(テテ)が作った歌は?

ソロ曲の中には、BTSのV(テテ)さんが作った歌も多数ありますね。

Scenery」は2019年1月に発表され、BTSのV(テテ)さんが作詞作曲を手がけています。

「Scenery」は情景や風景という意味の言葉で、鐘の音とピアノの旋律と雪を踏みしめる音のオープニング。

BTSのV(テテ)さんの歌声が、柔らかな情景を表現している美しい楽曲に仕上がっています。

 

2019年8月に発表された「Winter Bear」もBTSのV(テテ)さんが作った歌ですね。

BTSのV(テテ)さんが、RMさんに手伝ってもらい初めて英語だけで作詞をした曲でもあります。

BTSのV(テテ)さんが好きな映画「アバウトタイム」からインスピレーションを受けたという曲。

作詞作曲だけでなく、MVの制作もBTSのV(テテ)さんが手がけたことでも注目されました。

 

2020年3月に発表された「sweet night」も、BTSのV(テテ)さんが作った歌です。

ドラマ「梨泰院クラス」の OTSですが、主演のパクソジュンさんは「花郎」共演以来の親友として知られています。

BTSのV(テテ)さんの温かみのある低音ボイスが、ドラマの主人公の心情を見事に表現。

100ヵ国以上のグローバルiTunesトップソングチャートで1位を獲得し、注目を集めました。

 

2020年のクリスマスに発表された「Snow flower」もBTSのV(テテ)さんの作った歌です。

BTSのV(テテ)さんは、曲に込めた思いをメッセージと一緒に公開しています。

フューチャリングで参加した Peakboyさんは、パクソジュンさん同様「ウガファミリー」として知られる親友。

長い不安が続く中、少しでも暖かい気持ちになってほしいというBTSのV(テテ)さんの思いが曲から伝わります。

 

2020年のアルバム「 BE」に収録された「Blue & Grey」もBTSのV(テテ)さんの作った歌です。

ミックステープに収録予定だったBTSのV(テテ)さんの曲が、メンバーの強い希望でアルバムに。

BTSのV(テテ)さん自身の経験した辛い思いを表現した曲で、多くの人の共感を呼びました。

ラップラインのメンバーが、それぞれ歌詞を提供し歌も担当。

BTSのV(テテ)さんの暖かい歌声が見事に調和して、聴く人の心を優しく包み込むようです。

まとめ

BTSのV(テテ)さんのソロ曲おすすめの一覧を紹介しました。

ほとんどのソロ曲で、BTSのV(テテ)さんが作詞作曲にも参加しています。

BTSのV(テテ)さんは、曲に込められた思いを歌声やパフォーマンスで見事に表現していました。

 

BTSのV(テテ)さんが作った歌は、優しい歌声と美しいメロディーが特徴的でした。

BTSのV(テテ)さんの歌から伝わるのは、辛い思いや苦い経験だけでなく人の暖かみがあること。

BTSのV(テテ)さんの歌声が人の心に響くのは、そんな思いが音楽から伺えるからと言えます。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!