BTS

BTSのV (テテ)の声質や歌い方について!音域は高音から中低音まで

BTS Vの声量

スポンサーリンク

BTSのV(テテ)さんの声質は優しく、歌い方にも深みがありますね。

温かみのあるバリトンのBTSのV(テテ)さんの声は、心に染み渡るように聞く人を魅了します。

 

BTSのV(テテ)さんは音域も広く、高音も低音ボイスに負けない美しさと魅力を持っています。

この魅力的なBTSのV(テテ)さんの声は、声質や歌い方を曲によって変化させる高い技術によるもの。

BTSのV(テテ)さんの音域の広さ、高音の素晴らしさと合わせて声の秘密に迫ってみましょう。

BTSのV(テテ)の声質は優しい!

BTSのV(テテ)さんの声質はバリトンと表現され、テノールとバスの間の魅力的な声

BTSのV(テテ)さんの声質は優しく響き、聞くと癒されるというコメントも多く見られます。

 

低い音域は聞く人に安心感を与えるといわれますが、BTSのV(テテ)さんの声質はそれだけではありません。

歌を歌う時のBTSのV(テテ)さんの声の出し方にも、優しく心地いい響きを感じさせる秘密があります。

 

BTSのV(テテ)さんの声質の特徴として、ウィスパーボイスといわれるものがあります

これは息が多く漏れるようなイメージで、ささやくように歌う声の出し方。

 

バラードの曲などで聞かれる、BTSのV(テテ)さんの声がまさにウィスパーボイスですね。

曲に柔らかな印象を与え、BTSのV(テテ)さんの声質が優しく心に響く秘密と言えます。

そしてもうひとつBTSのV(テテ)さんが声の出し方で、使っている技があります。

エッジボイスといわれ、今度は喉の奥から息を絞り出すような声の出し方。

 

曲の途中で聞かれるため息交じりのようなBTSのV(テテ)さんの声の出し方が、エッジボイス。

甘く優しい印象で、BTSのV(テテ)さんの声がぐっと心に突き刺さるような効果を与えています

BTSのV(テテ)の歌い方は深みがある!

BTSのV(テテ)さんは歌い方にも工夫をしていて、深みのある暖かさを演出しています。

BTSのV(テテ)さんの歌い方の特徴は、喉を開いて多めの息と一緒に太い声を出すこと

 

ミックスボイスといわれ、軽くあくびをするように喉の奥を広くとる声の出し方

BTSのV(テテ)さんの歌い方に、深みがあり安心感を感じさせるのはミックスボイスに秘密があります。

BTSのV(テテ)さんの歌い方は、語尾の使い方にも工夫が見られます。

言葉の最後をひっくり返すようにしたり息を多く出しやわらかくしたりする、BTSのV(テテ)さんの歌い方。

またBTSのV(テテ)さんは、英語のRの発音と同じように喉の奥に舌を巻き込むような声の出し方も。

言葉に余韻を残すことで、BTSのV(テテ)さんの歌い方に深みと温かみがプラスされています

 

これは、BTSではジミンさんをはじめジョングクさんやジンさんといったボーカルラインが得意とするもの。

BTSはパフォーマンスでも歌い方でも、お互いにアドバイスしあうこともあるようです。

BTSのV(テテ)さんは歌い方でも、メンバーのいいところを取り入れて工夫していることが伺えます。

BTSのV(テテ)の音域は高音から中低音まで!


BTSのV(テテ)さんの音域の広さも、持ち味であり強みのひとつです。

BTSのV(テテ)さんの音域は、高音から中低音まで3オクターブの広さがあるといわれています

 

BTSのV(テテ)さんのソロ曲である「Stigma」は、BTSの曲の中で高音のキーが入り難易度の高いもの。

BTSのV(テテ)さんの、音域の広さと高音の魅力がわかる曲として注目を集めました。

BTSのV(テテ)さんの高音の素晴らしさは、美しさだけにとどまりません。

「Stigma」の曲の中でも、歌詞や曲調に合わせてBTSのV(テテ)さんは高音の出し方を変えています

 

すっきりと透き通るようなBTSのV(テテ)さんの高音は、張りがありクリアに響きます。

ピンポイントに音を集めて鼻の奥が響くほど、BTSのV(テテ)さんは高音を綺麗に出しています。

 

これもミックスボイスといわれる喉を開いて声を出す方法で、高音を無理なく出すことができるコツ。

BTSのV(テテ)さんの音域の広さは、ミックスボイスの完璧な習得によるものと言えます。

 

BTSのV(テテ)さんは高音で、裏声のような優しい音も出しています。

これはファルセットといわれ息が漏れるように音を出し、やわらかく甘い印象を与えることができます。

 

またBTSのV(テテ)さんは歌の途中でビブラートをかけるなど、細かいところまで気を配っています。

こんな風にBTSのV(テテ)さんが高音で表現を変えるためには、かなりの肺活量も必要。

サクソフォンを習っていたことも、BTSのV(テテ)さんの高音や音域の広さに影響してそうです。

まとめ

BTSのV(テテ)さんの声の美しさには、息の使い方や声の出し方にも秘密があることが分かりました。

BTSのV(テテ)さんの声質が優しく人の心に響くのは、表現力の豊かさにあります。

曲のイメージやメッセージを理解し、BTSのV(テテ)さんは歌い方にも工夫していました。

 

またBTSのV(テテ)さんの高音や音域の広さは、表現力の豊かさと自由度を高めています。

曲調に合わせ声質を変えるができるBTSのV(テテ)さんは、BTSのキーマンとも言えますね。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!