悪役のエンディングは死のみ

悪役のエンディングは死のみネタバレ25話最新話と感想!イクリスの好感度が?

「ピッコマ」連載漫画の「悪役のエンディングは死のみ」25話のネタバレと感想をまとめてみました!

イクリスを譲れと迫ってきたクロード。

クロードが主人公に手を挙げようとしますが、イクリスが防ぎました。

「悪役のエンディングは死のみ」25話のネタバレと感想を紹介します。

悪役のエンディングは死のみネタバレ25話最新話と感想!イクリスの好感度が?

イクリスの好感度

イクリスに手首を変な方向に曲げられ、叫ぶクロード。

クロードに付いている騎士たちに、ペネロペとイクリスを倒せとクロードが命令しました。

 

ペネロペを守るようにイクリスが前へ出ます。

クロードの騎士たちが次々にイクリスに倒されていきました。

 

主人公はその光景に恐怖を感じます。

辺りは血の匂いが漂っていました。

イクリスの身体にも返り血らしきものが滴っています。

 

イクリスは全員仕留めた後、クルッと振り返りペネロペの前に戻ってきました。

呆然とする主人公の前で、イクリスはひざまずきます。

イクリスはペネロペの手を自分の頬に当て、全員仕留めたので褒めてくださいとおねだりしました。

 

今までの選択は間違っていなかったと主人公は安堵します。

イクリスの好感度は0%から18%に変化しました。

イクリスはペネロペの指にはめられているいる指輪を意味深な表情で眺めています。

家に帰ると…

やっとイクリスと一緒に家へ帰れました。

執事長ペンネルとエミリーはとても心配した様子でペネロペに話しかけます。

 

ペネロペは帰って来ない、奴隷商が来る、で、エカルト家は大騒ぎだったようでした。

エミリーはペネロペの体調を心配しているようです。

ペンネルは、イクリスのことを見て誰かと主人公に問いかけました。

 

イクリス用の部屋を用意して欲しいというペネロペに、ペンネルは1度はダメだと言いますが、結果的に引き受けます。

さらに家の中を進んでいくと、レナルドと公爵に遭遇しました。

 

公爵は厳しい表情で、ペネロペを執務室に呼びます。

レナルドはイクリスに対しとても威嚇しました。

そんなレナルドを横目に、主人公は執事長に付いていきなさいとイクリスに命令します。

公爵からの呼び出し

主人公は恐る恐る公爵の執務室に入りました。

公爵は頭を抱えながら、ペネロペに事情の説明を求めます。

主人公は、頭の中でどう弁解しようか考えを巡らせていました。

悪役のエンディングは死のみネタバレ25話感想

イクリス強いですね!

けれど、主人公と同じように私も、イクリスに対して恐怖の感情も湧いてきます。

 

クロードの手下を仕留める様子は、決して綺麗な光景ではありませんでした。

命は助かりましたが、あまり生きた心地はしないというか、そんな感じです。

 

全員仕留めた後、イクリスの好感度が上がったのはどういう理由からなんでしょう?

クロードの手下を仕留めることを任せたことによって、ペネロペがイクリスのことを信頼していると伝わったからでしょうか。

 

前回の話で足枷も外してもらっていますしね。

うーん、でも、正直なところ、明確な理由はピンときません。

 

エカルト家の人たちは、イクリスに対して案の定不信感を抱いていますね。

見ず知らずの人を連れてきただけでもまずいのに、それに加え、男性である人物を公女であるペネロペが連れてきたら、え!?ってなります。

 

公爵が頭を抱えるのも無理ありません。

レナルドは相変わらずですが、それに動じないイクリスもすごいですね。

表情もほぼ変わりませんし、何も答えてません。

 

公爵に経緯を説明しなければいけませんが、主人公はどう説明するんでしょうか?

イクリスが追い出されたりしなければいいですが…。

悪役のエンディングは死のみネタバレ25話最新話と感想!イクリスの好感度が?まとめ

今回は漫画「悪役のエンディングは死のみ」25話のネタバレ、感想をご紹介しました。

イクリスは襲ってくる人物を全て仕留め、ペネロペは無傷のまま帰宅します。

みんな、朝まで帰宅しなかったペネロペを心配しており、公爵がペネロペを執務室に呼んだところで、25話は終了です。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!