悪役のエンディングは死のみ

悪役のエンディングは死のみネタバレ33話最新話と感想!一緒に発掘!

「ピッコマ」連載漫画の「悪役のエンディングは死のみ」33話のネタバレと感想をまとめてみました!

ヴィンターのお店に移動した主人公。

お店の中にあるヴィンターの隠し部屋に入りました。

「悪役のエンディングは死のみ」33話のネタバレと感想を紹介します。

悪役のエンディングは死のみネタバレ一覧へ

悪役のエンディングは死のみネタバレ33話最新話と感想!一緒に発掘!

氷の中の遺物

子供の声が聞こえて来た部屋は、まるで博物館のような部屋でした。

恐竜の骨や宝石などが置いてあります。

 

子供たちは仮面をかぶっており、呪文を唱えていました。

魔法を使って氷の塊を割っているようです。

 

すると、システムメッセージが表示されました。

レアアイテム「古代魔術師の遺物」を発見したとあります。

ヴィンタールートで使用出来るアイテムで、その遺物が氷の塊の中に入っているのが確認できました。

 

子供達の扱う魔法は危なっかしく、遺物に傷をつけそうです。

遺物が傷ついてしまうかもしれないと思ったペネロペは、思わず子供達の前へ飛び出しました。

力を合わせて

いきなり出てきたペネロペに、子供達はとても驚きます。

ペネロペが子供達に何をしているのか聞くと、ヴィンターの弟子だと答えました。

子供達からも誰だと聞かれたので、ペネロペは客だと返します。

 

本来なら客はこの部屋には入れないようで、なぜペネロペがいるのかとみんなざわざわし始めました。

答える隙のないほど喋っている子供達をペネロペは止めます。

 

ペネロペ自身は、なぜこの部屋にいるのかはどうでも良く、ヴィンターの遺物を壊そうとしているのを止めたかったのでした。

子供達は遺物を壊すつもりはなさそうです。

 

ペネロペは子供達にくいとハンマーを貸してもらい、氷の塊にヒビを入れました。

ペネロペは子供達に優しくアドバイスし、魔法で遺物を取り出すように言います。

 

子供達とペネロペの力を合わせ、遺物が取り出せるまであと半分というところまできました。

子供達はとても嬉しそうです。

仮面をつけたヴィンター

後ろからある人物の声が聞こえてきました。

それは白い仮面をかぶったヴィンターで、とても鋭い目でペネロペを睨んでいます。

 

ペネロペは自分がつけている仮面を外して正体を明かすかどうか迷いました。

そうしているうちに、ヴィンターの好感度がどんどん下がっていきます。

ペネロペはとても焦り、心の中で止まるように祈りました。

悪役のエンディングは死のみネタバレ33話感想

ペネロペは発掘についての本を読むのが昔から好きだったようです。

子供達と協力して、発掘作業をするペネロペはとても楽しそうでした。

 

大学もその道のところに入学していたようです!

相当好きなんですね。

 

ヴィンターの秘密というのは、この子供達のことだったのでしょうか?

弟子がいるのがまずいとか?

そんなに秘密にする必要はなさそうですが…。

 

でも、隠し部屋によそ者(ペネロペ)がいるとわかったヴィンターはとても冷徹でした。

あの時ペネロペを助けてくれたヴィンターとは思えないほどです。

 

案の定、好感度が下がっていっていますし。

せっかく、ペネロペを助けた時にかなり好感度が上がったのに、もったいない…。

 

ペネロペも仮面をしていたので、ペネロペだとばれていないのは不幸中の幸いですね。

ペネロペだとバレたら好感度下がるどころじゃなかったような気もします…。

紳士なヴィンターの怖い部分が見えた話でした。

悪役のエンディングは死のみネタバレ33話最新話と感想!一緒に発掘!まとめ

今回は漫画「悪役のエンディングは死のみ」33話のネタバレ、感想をご紹介しました。

ヴィンターの弟子達が、氷の塊の中の遺物を魔法で取り出そうとしているところに飛び出た主人公。

遺物を取り出すのに協力しますが、途中でヴィンターに見つかってしまったところで、33話は終了です。

悪役のエンディングは死のみネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!