悪役のエンディングは死のみ

悪役のエンディングは死のみネタバレ39話最新話と感想!みんなと食事

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「悪役のエンディングは死のみ」39話のネタバレと感想をまとめてみました!

ペネロペと食事がしたいと言った公爵。

何かあるのでしょうか?

「悪役のエンディングは死のみ」39話のネタバレと感想を紹介します。

悪役のエンディングは死のみネタバレ一覧へ

悪役のエンディングは死のみネタバレ39話最新話と感想!みんなと食事

断れない

公爵の伝言を伝えに来たのは執事長のペンネルです。

ペネロペは1人で食べると1度断りました。

 

公爵は必ず来るようにと言っており、デリックやレナルドたちも一緒に食事をするようです。

ペネルペは食後に胃薬を持ってくるようにペンネルにお願いしました。

昔のペネロペ

食堂へ向かう途中、ペンネルは昔はよく公爵とペネロペが一緒に食事を取っていたと言います。

ペンネルが何か公爵とあったのかとペネロペに聞きますが、この世界の前に来る前のことなので一緒に食事をしていたというのは初耳でした。

 

ペネロペは一緒に食事をすることはなかったのにと昔のペネロペに呆れます。

現実にいた時は、一緒に食事を取っても辛いだけなので諦めていました。

 

ペネロペは何もなかったとペンネルに答えます。

ペンネルは、ペネロペが一緒に食事を取らないので公爵が寂しそうだと言いました。

ペネロペは公爵が寂しく思っているとは信じられません。

豪華な食事

食堂に行くと、テーブルには豪華な食事が並んでいました。

ペネロペの席には、とても小さいおもちゃのようなフォークやスプーンが置かれています。

 

公爵や兄たちが少し見ればイタズラされたことにすぐ気付くはずですが、誰も気付きません。

今まで部屋で食べていた食事はエミリーのはからいのおかげでしっかり食べれていたのだとペネロペは気がつきました。

 

公爵や兄たちは食事を食べ進めていますが、ペネロペは結局ほとんど食べられません。

このままやられっぱなしのわけにはいかないとペネロペは思います。

 

公爵に祭りの最終日なのに出かけないのかと聞かれますが、謹慎中なので出かけませんと答えました。

レナルドは嫌味ったらしく、奴隷のせいで謹慎するなんてバカらしいと言います。

公爵はこうして食事にみんなを呼んだのは、狩猟大会について話すためだと話し出しました。

悪役のエンディングは死のみネタバレ39話感想

食事についてペネロペがもう困ることはないとは思ってましたが、エミリーが頑張ってくれてたんですね…。

エミリーの管轄外で食事を取るとなると、ちゃんとしたものは取れないみたいです。

 

公爵や兄たちがいるので腐った食事を出すことはできませんが、スプーンやフォークにイタズラするなんて陰湿です。

よく見ないと気付きません。

 

でも、公爵も兄たちも全然気づかないなんて、ペネロペに興味がないんでしょうか。

ペネロペの方を見れば、全然食事を取れてないことなんてすぐに気付くはずです。

 

使っているスプーンやフォークが小さいのも一度見れば気付くはず。

ということは、誰もペネロペの方を見ていないということです。

冷たい人たちです…。

 

エカルト家の人たちもちょっとは変わってると思っていたんですが、実際は全然変わっていないんですね。

こんな状況で生活を送っているなんて、めちゃくちゃ辛い。

 

公爵はみんなを狩猟大会について話すために呼び出したと言いますが、狩猟大会ってなんでしょう?

気になりますね。

悪役のエンディングは死のみネタバレ39話最新話と感想!みんなと食事まとめ

今回は漫画「悪役のエンディングは死のみ」39話のネタバレ、感想をご紹介しました。

公爵や兄たちと一緒に食事を取ることになったペネロペ。

公爵は狩猟大会について説明するために呼び出したと言い、39話は終了です。

悪役のエンディングは死のみネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!