悪役のエンディングは死のみ

悪役のエンディングは死のみネタバレ42話最新話と感想!屋根裏部屋へ

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「悪役のエンディングは死のみ」42話のネタバレと感想をまとめてみました!

イタズラの主犯格であるドナー夫人が解雇されたと聞き驚くペネロペ。

今後はどのような展開になっていくのでしょうか?

「悪役のエンディングは死のみ」42話のネタバレと感想を紹介します。

悪役のエンディングは死のみネタバレ一覧へ

悪役のエンディングは死のみネタバレ42話最新話と感想!屋根裏部屋へ

解禁

ドナー夫人が解雇されたからと言って、ペネロペは素直には喜べません。

むしろ、その事実を伝えてきた執事長ペンネルに怒りを覚えます。

 

公爵もペネロペの様子を気にしているとペンネルは言いました。

ペネロペはとても複雑な気分です。

 

するとペンネルは頭を下げ、今回のことは私の責任だとペネロペに謝りました。

公爵のペネロペに対する気持ちは受け取って欲しいと、ペンネルは言います。

 

1度出入り禁止にしたことを撤回することは、公爵は滅多にしません。

ですが、6年ぶりに3階の部屋に入ることがペネロペは許されたのです。

 

怒りを鎮めて欲しいと深々と頭を下げながらペンネルは言いますが、ペネロペの静かな怒りは収まりません。

今更遅いと心の中でペネロペは思います。

レナルドと2人

ペネロペは3階の屋根裏部屋に行くことにしました。

扉を開けてみると、綺麗に整えてありとても過ごしやすそうな空間になっています。

夕陽が差し込んでおり、とても綺麗でした。

 

ペンネルに夜遅くまで居てもいいのか確認したあと、ペネロペは床に座ります。

部屋の扉が開き、レナルドが部屋に入ってきました。

 

3階に先にペネロペがいたことに少し不満そうです。

レナルドは出入り禁止のはずじゃ?と少しからかってきました。

心の中でレナルドのせいだと呟きます。

 

レナルドはソファに座り、ペネロペには床に座るのがお似合いだと嫌味を言ってきました。

ペネロペはレナルドの態度に腹が立ちますが、我慢です。

練武場で1人?

レナルドに何しに来たのか聞かれますが、花火を見るだけで帰るから安心してと答えました。

レナルドは練武場がここから見えなくて残念だったなと言います。

 

急に練武場の話題を出してきたレナルドをペネロペは不思議に思いました。

レナルドは、イクリスだけ残ってまだ訓練していると言います。

 

ペネロペは驚き、咄嗟に立ち上がってイクリスの元へ行こうとしました。

レナルドはそのペネロペの手を掴み、止めます。

悪役のエンディングは死のみネタバレ42話感想

今になって禁止していた3階の出入りを許可するなんて、公爵は都合が良いなと思います。

公爵の気持ちを素直に受け取れないペネロペの気持ちがわかりますね。

 

何かあった時だけ対応してくるのがなぁ、と言う感じです。

常にペネロペのことを気にしてくれていても良いのにと思いました。

 

まぁでも、一国を治めているわけですから忙しいのでしょう。

忙しいからと言って娘に構わないのはどうかと思いますけどね!

 

執事長のペンネルも謝っていますが、何とも言えないです…。

ペネロペも言っているように、今更遅いって感じですね。

 

出入り禁止だった3階に行って1人静かに過ごせると思いきや、レナルドと2人になってしまうなんて最悪ですね。

イクリスのこともあって、いつも以上にペネロペにつっかかって来ています。

 

1番会いたくなかった人物ですね。

言うこと言うことが全部嫌味ったらしいです。

ペネロペは怒らないでよく我慢できてるなと思いました。

 

イクリスが1人練武場に残っていると言ったのはレナルドなのに、ペネロペを止めるなんてどういう神経しているんでしょうね?

ペネロペのことを焚きつけたのはレナルドです。

大人しくイクリスのところへ行かせてくれって思いました。

悪役のエンディングは死のみネタバレ42話最新話と感想!屋根裏部屋へまとめ

今回は漫画「悪役のエンディングは死のみ」42話のネタバレ、感想をご紹介しました。

禁止だった3階へ行くことを許可されたペネロペ。

レナルドに練武場で1人イクリスが訓練中だと聞いて様子を見に行こうとしましたが、レナルドに止められたところで、42話は終了です。

悪役のエンディングは死のみネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!