悪役のエンディングは死のみ

悪役のエンディングは死のみネタバレ52話最新話と感想!危険が迫る!

「ピッコマ」連載漫画の「悪役のエンディングは死のみ」52話のネタバレと感想をまとめてみました!

父から石弓をもらったペネロペの元に、皇太子からの手紙が届きます。

身の危険を感じたペネロペは、石弓の練習をしなくてはならなくなりました!

悪役のエンディングは死のみ52話のネタバレと感想を紹介します!

⇒悪役のエンディングは死のみネタバレ一覧へ

悪役のエンディングは死のみネタバレ52話最新話と感想!危険が迫る!

悪魔の手紙

皇太子からの手紙は、狩猟大会で会えることを楽しみにしている、という内容のものでした。

そこに追伸として、前回の約束のことを忘れてないという言葉が書かれており、ペネロペはつい手紙をぐちゃぐちゃに丸めます。

 

焦る執事長に対し、練武場を使いたいと言います。

大会に向けた軽い練習ではなく、自分の身をしっかり守るために、石弓を使いこなさなくてはいけません。

自己防衛

狩猟服に着替えたペネロペは、鏡に映る自分を見て、意外と似合っていると思います。

男性用しかありませんが、ペネロペの顔なら大体のものが似合います。

 

転生したときは、石弓の練習が必要になるとは思っていませんでした。

公爵からもらった記憶が消える玉なら、カリストを撃っても死罪にはならないだろうと予想します。

他のキャラクターに命を狙われた時も使えるからと言い聞かせ、自分のためだとやる気を出しました。

初めての謝罪

練武場へ向かう途中、反対側からやって来たのはレナルドでした。

1番避けたい人物なので、無視してくれることを願います。

しかしレナルドは、ペネロペの服装を田舎者みたいだと話しかけてきました。

 

何か用かと聞くと、騎士たちはこの数日間は夜も訓練しているため、鉢合わせになると忠告します。

それでもペネロペは、立場が弱いのは騎士たちの方なので、構わないと言って向かおうとしました。

 

今度こそ通り過ぎようとすると、レナルドは屋根裏部屋を使っていいと言います。

会いたくないからもう使わないと答えながら、ペネロペの頭の中は、練武場にいるイクリスの好感度を上げることでいっぱいでした。

 

何を言っても突き放すようなペネロペの態度に、顔を強ばらせたレナルドは、何かを呟きます。

ペネロペはよく聞こえず、何度か聞き返すと、大きな声で謝罪の言葉を叫ばれました。

急な大声にペネロペはびっくりです。

 

ノーマルモードなら、先に謝ってくれてありがとうと言えば済みます。

しかしペネロペは、心にもない感謝はしたくありませんでした。

 

もう気にしていないと返すと、レナルドはほっとした表情を浮かべます。

ペネロペはそんなレナルドに対し、初めての謝罪の言葉だと言いました。

悪役のエンディングは死のみ52話感想

ペネロペは石弓の練習をすることにしました!

練武場までの道でレナルドと出くわします。

 

カリストは執念深いですね。

命を奪いたいのか、自分を好きな理由が聞きたいのか、よくわかりません。

何ヶ月も前に会った人を追うなんて、ゲームの設定は恐ろしいものです!

 

ペネロペは自衛のために石弓の練習をするみたいですね。

うまく使いこなせれば、生存率がぐっとあがるでしょう!

イクリスに教えてもらえれば、好感度もまた上がるかもしれません。

 

レナルドは妹と距離を縮めたいながらも、まだプライドが邪魔をしているみたいですね。

彼はペネロペに気持ちが向いているので、好感度をあげやすい気もします!

うまく飴と鞭を使いこなして、レナルドとイクリス同時に攻略できたらベストかもしれません!

悪役のエンディングは死のみネタバレ52話最新話と感想!危険が迫る!まとめ

今回は、「悪役のエンディングは死のみ」52話のネタバレと感想を紹介しました!

自己防衛のために練武場へ向かうペネロペ。

狩猟大会までに使いこなせるようになり、安全に終えることが出来るのか、今後の展開が気になります!

⇒悪役のエンディングは死のみネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!