悪役のエンディングは死のみ

悪役のエンディングは死のみネタバレ61話最新話と感想!犯人の正体

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「悪役のエンディングは死のみ」61話のネタバレと感想をまとめてみました!

犯人たちは洗脳された幼い子供たちでした!

皇太子はそれでも彼らを処刑するつもりです。

悪役のエンディングは死のみ61話のネタバレと感想を紹介します!

⇒悪役のエンディングは死のみネタバレ一覧へ

悪役のエンディングは死のみネタバレ61話最新話と感想!犯人の正体

ヴィンタ―の主張

捕らえられた魔法士たちは、皇太子の地下牢に閉じ込めろと言う指示に暴言を吐き散らします。

いつか必ず八つ裂きにすると叫ぶ彼らを見た皇太子は、フードを取って顔を確認するよう指示します。

フードの下に現れたのは、幼い子供たちが朦朧としている様子でした。

 

子供であるにしろ犯罪に加担したからと、やはり地下牢に入れるよう指示する皇太子の声を聞き、ヴィンタ―が待ってくれと現れます。

彼らは催眠による洗脳を受けていたと説明し、身柄を自分に確保させてくれないかと申し出ました。

彼らの記憶を呼び覚まし、大元の黒幕を捕まえる方が良いのではと主張しますが、皇太子は聞く耳を持ちません。

子供たちの未来

ヴィンターは必至の表情を浮かべ、主犯格と操られたいた子供たちが同罪なのは酷だと訴えます。

その意見に同意すると声をあげたのはペネロペでした。

 

ペネロペは、ヴィンタ―が子供を守るためなら公女さえも脅すくらい、子供に関しては信頼の置ける人であることを知っています。

手助けしたい気持ちはありませんが、ゴミのような扱いをされる子供たちは見ていられません。

これだけの魔物を倒したのに発言も聞き入れてもらえないのかと言うと、皇太子はしぶしぶ子供たちをヴィンタ―に預けることに同意しました。

 

皇太子は不機嫌そうに微笑み、報奨を与えるつもりだったが必要なさそうだと言って去っていきます。

ペネロペはそんな皇太子をケチな男だと思うのでした。

意味のない好感度

帰ろうとしたとき、ヴィンタ―から引き止められます。

助けてくれてありがとうと言われますが、ヴィンタ―のためではありません。

そう伝えると、それでもペネロペの行動は勇敢だったと言い、自分は何もできなかったと悔しそうな表情を浮かべます。

 

自分はたまたま石弓を持っていたから立ち向かえただけで、その功績がなければ子供も助けられなかっただろうと微笑みます。

その言葉に4%も好感度が上がりましたが、イヴォンが現れれば真っ先に自分に背を向ける人です。

去ろうとするペネロペの腕をヴィンタ―が掴んだところで、妹に何をしていると現れたのはイクリスでした。

悪役のエンディングは死のみ61話感想】

事件の犯人は洗脳され操られていた子供たちでした!

ヴィンタ―をペネロペは彼らが処刑されないよう皇太子に抗議します。

 

まさか犯人が子供たちだとは思いませんでした!

言葉遣いも行動も意思を持った大人の物だったので、どれだけ彼らが洗脳され動かされていたのかわかりますね。

使い捨てロボットのように扱われボロボロになった子供たちは本当に可哀想でした。

 

彼らを助けたいヴィンタ―に力を貸したペネロペは、運命に振り回される子供たちを自分に重ねたのでしょうか。

好感度を上げてしまった自分の行動に納得がいっていないようでしたが、この行動は無駄にはならないと思います!

いつか助けた子供たちやそれを見ていた貴族たちが、ペネロペを助けてくれるでしょう。

 

この騒ぎの後、大会はどうなるのでしょうか。

まだ始まってもいない狩猟大会ですが、無事に帰れるよう祈るばかりです!

悪役のエンディングは死のみネタバレ61話最新話と感想!犯人の正体まとめ

今回は、「悪役のエンディングは死のみ」61話のネタバレと感想を紹介しました!

巨大魔物を倒した功績を盾に子供を守ったペネロペ。

この行動が良い方向へつながっていくのか、今後の展開が気になります!

⇒悪役のエンディングは死のみネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!