韓国の芸能人

ENHYPENのジェイの黒歴史のエピソード!

ENHYPENジェイの黒歴史

ENHYPENジェイさんには、黒歴史と言われるエピソードがあります。

そんな、ENHYPENジェイさんの黒歴史をまとめてみました。

 

ENHYPENジェイさんの、恨み・怒り・羞恥心とはどんな意味があるのでしょうか。

そしてENHYPENジェイさんの、ハチミツ一気飲みエピソードについても調べました。

 

やはりENHYPENジェイさんといえば、手紙のエピソードも有名です。

ENHYPENジェイさんの黒歴史を確認して、更なる魅力を発見したいと思います。

ENHYPENのジェイの黒歴史のエピソード!

黒歴史とは、今となっては恥ずかしい、できればなかったことにしたい過去という意味です。

そんな、なかったことにしたい過去がENHYPENジェイさんにもあるのでしょうか。

確認してみると、オーディション番組I-LANDで放送された中に黒歴史はありました。

黒歴史のエピソード①ウォンブンス

ENHYPENジェイさんの黒歴史の中で1番有名なエピソードから説明します。

テストの為に行われた、パート決めで、起こりました。

 

課題曲を12個のパートに分けることになり、どのパートを担当するのか歌を披露して投票で決めることになりました。

重要な1番パートは、実力のあるヒスンさんに決まります。

 

2番パートを希望して立候補したENHYPENジェイさんでしたが、落選

その後もずっと手を上げ続けて、歌を歌いましたが、多数決で選ばれることはありませんでした。

 

そして、ENHYPENジェイさんは8番目でようやく決まります。

何度落ち続けても、立候補するのはENHYPENジェイさんだけでした。

ずっと手を挙げ続けているENHYPENジェイさんの、デビューに向ける本気度が伝わって来た場面ですね。

 

ENHYPENジェイさんは、その後のインタビューで「恨み、怒り、羞恥心」と答えました。

원망(恨み)분노(怒り)수치심(羞恥心)の言葉から、韓国語で원분수(ウォンブンス)と言われています。

このウォンブンスが、ENHYPENジェイさんのニックネームになりました。

 

ENHYPENジェイさん本人が、この「ウォンブンス」をネタにしていました。

そして、この「ウォンブンス」をメンバーからもいじられる様になっていきます。

黒歴史のエピソード②ハチミツ

次のENHYPENジェイさんの黒歴史は、ハチミツ一気飲みです。

なぜENHYPENジェイさんは、ハチミツを一気飲みしたのでしょうか。

 

それは、個人の順位が1位になったENHYPENヒスンさんがメンバーを選んでチーム分けをする時の事です。

順位が1位のヒスンさんに選ばれて、良いパフォーマンスを披露したかったENHYPENジェイさん。

 

ところがENHYPENジェイさんは、ヒスンさんのチームに選ばれませんでした。

別のチームになったENHYPENジェイさんは、自分からグループのリーダーに立候補します。

そしてENHYPENジェイさんは、悔しさをバネにしてチーム全体をまとめていきました。

 

インタビューで、ストレスを受けると甘いものが食べたくなると言って、ハチミツを一気飲みしました。

ENHYPENジェイさんは豪快に、ボトルから直接ハチミツを飲みます。

 

その様子から、ENHYPENジェイさんのストレスの度合いが、分かりますね。

糖分の取り過ぎなのでは、と心配したと同時に、ちょっと笑ってしまう映像でした。

 

これがENHYPENジェイさんの、黒歴史の1つになっています。

ENHYPENジェイさんが飲んでいたハチミツ、ちょっと気になりますよね。

 

ENHYPENジェイさんが飲んでいたのは、「BEESLAB」というブランドのハチミツだと思います。

BEESLABの公式Instagramに「#ウォンブンス」というタグ付きで紹介されてました。

ストレスを受けた時は、ENHYPENジェイさんの真似をしてみるのもいいかも知れません。

 

View this post on Instagram

 

비즈랩(@beeslabkr)がシェアした投稿

黒歴史のエピソード➂手紙

ENHYPENジェイさんの黒歴史は、手紙です。

I-LANDの中間発表で最下位になったENHYPENジェイさん

次は、自分が脱落するかもしれないと思いメンバーに手紙を書く事にしました。

自分が脱落するかも知れないと思いながら、手紙を書く気持ちを想像すると、言葉になりませんね。

 

ENHYPENジェイさんは、メンバー宛に一緒にデビューしたかった、と正直な気持ちを書いていました。

ですが、ENHYPENジェイさんは脱落しませんでした。

 

メンバーは、恥ずかしそうなENHYPENジェイさんの前で手紙を読んでいました。

デビュー後も、手紙の事をメンバーにいじられていましたね。

そういう手紙は、脱落が決まってから渡すと思うのですが、ENHYPENジェイさんらしさでしょうか。

 

これが、ENHYPENジェイさんの黒歴史の1つに加わるなんて思ってもなかったでしょうね。

ENHYPENジェイさんの、素直な気持とメンバーへの思いが分かる場面でした。

そしてENHYPENジェイさんが手紙を書いてるときに腫れていた、手の事もいじられていました。

 

ENHYPENジェイさんの腫れた手の原因は、多分虫刺されだと思われます。

メンバーのタキさんが、蚊に刺された事がありました。

その時ジョンウォンさんが「薬を塗らないと、ジェイさんみたいになるよ」という事を言っていました。

 

なので、ENHYPENジェイさんの腫れた手は蚊に刺されたのだと思います。

ENHYPENジェイさんは薬を塗らなかったでしょうか、とても腫れていましたね。

まとめ

今回は、ENHYPENジェイさんの黒歴史について調べました。

ENHYPENジェイさんのデビューに向けての本気度が分かった、ウォンブンス。

 

そして、ENHYPENジェイさんのストレス解消法のハチミツ。

ENHYPENジェイさんのメンバーへの深い愛情も知る事が出来た、手紙。

 

ENHYPENジェイさんの真面目で素直な一面を知る事が出来ました。

黒歴史って、恥ずかしい過去ではなくて、その人の魅力を知れるエピソードかも知れませんね。

ENHYPENジェイさんの黒歴史の中で、どの歴史に魅力を感じましたか?

スポンサーリンク

error: Content is protected !!