ガラスの温室の公爵夫人ネタバレ第40話最新話と感想!エルのために

ガラスの温室の公爵夫人

「ピッコマ」連載漫画の「ガラスの温室の公爵夫人」第40話のネタバレと感想をまとめてみました!

エルを取り戻す為、皇帝に直談判したエドハール。

果たしてエルの運命は…?

「ガラスの温室の公爵夫人」第40話のネタバレと感想を紹介します!

⇒ガラスの温室の公爵夫人ネタバレ一覧へ

ガラスの温室の公爵夫人ネタバレ第40話最新話と感想!エルのために

皇帝への直談判

皇帝に直談判しに来たものの、あまりの威圧感に圧倒されてしまうエドハール。

それでもエルを取り戻す為、これは立派な誘拐だと訴えます。

 

皇帝は冷静さを失ったエドハールを嘲笑うと、また新しく子供を作ればいいと言い放ちました。

エドハールは信じられない発言に怒りを堪えながら、主君として懸命な判断をするよう懇願。

皇帝はその姿が滑稽だと高笑いしましたが、エドハールは再度エルを返すよう要求するのでした。

スパイの正体

その頃ヒスビリアン邸では、執事長が邸宅外に連れ出されていました。

なんと、長年ヒスビリアンに仕えていた彼が皇帝のスパイだと判明したのです。

 

想定外の事が次々と起こり、さすがのレイナも参っている様子。

ヘルダも心配していましたが、エルが戻って来るまでは休むわけにはいきません。

 

それからどれ程の時間が経ったでしょうか。

急に外が騒がしくなり、エドハールがエルを連れて帰還したとの知らせが入ります。

 

扉が開くと、エドハールの胸に抱かれスヤスヤと眠るエルの姿が。

レイナはエルを抱きしめると、無事戻ってきた事を喜ぶのでした。

またも高熱にうなされるエル

しかし喜んだのも束の間、皇宮から戻って以来体調を崩してしまったエル。

あれから一週間も高熱が続いていました。

 

どの医者に見せても原因が分からず憤るエドハール。

リュミエ神殿からも相変わらず面会を拒絶され、もう打つ手がありません。

神殿に直談判しに行こうとしたエドハールに、驚くべき知らせが入ります。

 

なんと、レイナがヴィノシュト行きのートへ向かったと言うのです。

エドハールは驚きのあまり言葉を失ってしまうのでした。

ガラスの温室の公爵夫人ネタバレ第40話感想

エルの為に、どんなに笑われても必死に行動するエドハールの姿はとても素敵でした!

普段は冷静で感情を表に出さない彼がこれほど取り乱すなんて。

最愛の息子の為に行動する姿は立派な父親です。

 

皇帝はそんなエドハールの姿が滑稽だったようですが、父親であれば息子の危機に取り乱すのはごく普通の事。

むしろこんな時でも無表情で何を考えているか分からない皇帝の方が不気味に感じました。

こんな人が一国の長だなんて…これからもレイナたちに危害を加えそうで心配です。

 

そしてヒスビリアンにも動きがありました!

なんと、長年邸宅に仕えていた執事長が皇帝のスパイだったとは驚きです!

 

今まで執事長という立場を利用して皇帝に情報を流していたと思うと恐ろしいですね…。

他にもスパイがいないか心配なところですが、一旦解決して良かったです!

 

エルが戻って来て喜んだのも束の間、またも高熱を出して寝込んでしまいました。

リュミエ神殿からも拒絶されたレイナは、エルを救う為驚きの行動へ!

ヴィノシュトへ向かったとの事ですが、一体何をするつもりなのでしょうか?

ガラスの温室の公爵夫人ネタバレ第40話最新話と感想!エルのためにまとめ

今回は漫画「ガラスの温室の公爵夫人」40話のネタバレ、感想をご紹介しました。

皇帝に直談判したエドハールは、無事にエルを取り戻します。

皇宮から戻って以来高熱を出してしまったエルを救う為、レイナはヴィノシュトへと向かうのでした。

⇒ガラスの温室の公爵夫人ネタバレ一覧へ

error: Content is protected !!