外科医エリーゼ

外科医エリーゼネタバレ第114話最新話と感想!激化する皇位争い

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「外科医エリーゼ」第114話のネタバレと感想をまとめてみました!

リンデンと愛し合い、幸せいっぱいのエリーゼ。

これから始まる悲劇を食い止めようと思い悩みます。

「外科医エリーゼ」第114話のネタバレと感想を紹介します!

⇒外科医エリーゼネタバレ一覧へ

外科医エリーゼネタバレ第114話最新話と感想!激化する皇位争い

前世でのリンデン

楽しい旅行が終わり日常生活に戻ったエリーゼは、初めてここに戻って来た時の事を思い出していました。

あの時はリンデンとの結婚を阻止する事に必死でしたが、結局は前世と同じようにまた彼を愛するように。

しかし、前世と大きく違うのは二人は愛し合っているという事です。

 

こんなにも幸せなのに、エリーゼにはまだ一番大事な事が残っていました。

もうじきロンドでは皇位継承権を巡り、皇帝派と貴族派が衝突する事になるのです。

前世でリンデンは貴族派の粛清に成功。

 

この結果、ミハイルやユリエン、そしてアムセル侯爵を始めとした貴族派の多くが命を落とす事になります。

これを機にリンデンの心が壊れていったのです。

エリーゼには、彼が復讐に耐えられる程残忍ではないと分かっていました。

 

復讐を果たしたリンデンは、ミハイルや多くの人の命を奪った罪悪感だけが残ったのです。

母の恨みを晴らそうとするリンデンの気持ちは理解できますが、なんとかして止めなければと思うエリーゼ。

激化する皇位争い

その頃貴族派は、上がり続けるリンデンの支持率に焦っていました。

しかし彼らにはアムセル侯爵がいます。

国際金融界の大財閥であるチャイルド家は、ブリチア帝国でも逆らえない程の権力を持っていました。

 

その為、現皇帝ですら妻の復讐を果たせずにいたのです。

しかし、母と姉の復讐だけに生きて来たリンデンは違います。

彼ならば間違いなく貴族派を粛清する計画を用意しているはずです。

 

窮地に追い込まれたらクーデターを起こすしかないと考えるメルキト伯爵。

他の方法が思い浮かばない彼は、ひとまず今日は解散する事にしました。

貴族派と皇帝派の対決

貴族派の会合の帰り道、メルキト伯爵の乗った馬車が事故を起こします。

相手はなんと皇帝派序列第二位のドリスン伯爵。

責任を擦り付け合う二人は、徐々にヒートアップ。

 

お互いに謝罪を求める中で、メルキト伯爵を卑怯者と罵るドリスン伯爵。

つい血塔の悲劇の事を口走ってしまったのです。

一瞬で場が凍り付き、言い過ぎてしまった事に気付いたドリスン伯爵ですが、時すでに遅し。

 

卑怯者と言われた事に腹を立てたメルキト伯爵が、彼に決闘を申し込んだのです。

決闘の方法は、お互いに20歩歩いて射撃を始めるというもの。

後に引けなくなったドリスン伯爵は、この決闘を受けて立つのでした。

外科医エリーゼネタバレ第114話感想

日常生活に戻ったエリーゼでしたが、もうじき始まる悲劇について思い悩んでいました。

前世でのリンデンは見事復讐を遂げたものの、心が壊れてしまったようです。

母と姉の無念を晴らしたいというリンデンの気持ちも理解できますが、復讐は何も生みません。

 

血の悲劇を起こした当事者たちを粛清するのはともかく、ミハイルやユリエンの命を奪うのは違うと思います。

冷たいようで、本当は優しいリンデン。

彼が罪悪感に苛まれて壊れない為にも、なんとか悲劇を食い止めたいです!

 

リンデンの支持率は上昇を続け、貴族派たちは焦っていました。

もし彼が皇帝になってしまえば、貴族派は皆命を奪われる事になってしまいます。

彼らが罪を認め一言謝罪すればリンデンの気持ちも治まりそうなものですが、それはできないのでしょうね…。

 

しかも、真昼間から貴族派と皇帝派が決闘しようとしています。

いい大人が呆れる行動ですが、これからどうなってしまうのか心配です!

外科医エリーゼネタバレ第114話最新話と感想!激化する皇位争いまとめ

今回は漫画「外科医エリーゼ」114話のネタバレ、感想をご紹介しました。

これから起こる悲劇をなんとか食い止めたいと思うエリーゼ。

皇位争いが激化する中、些細な事をきっかけに貴族派と皇帝派の対決が始まるのでした。

⇒外科医エリーゼネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!