外科医エリーゼ

外科医エリーゼネタバレ第115話最新話と感想!決闘の結果

「ピッコマ」連載漫画の「外科医エリーゼ」第115話のネタバレと感想をまとめてみました!

白昼堂々決闘を始めるメルキト伯爵とドリスン伯爵。

二人の運命は…?

「外科医エリーゼ」第115話のネタバレと感想を紹介します!

⇒外科医エリーゼネタバレ一覧へ

外科医エリーゼネタバレ第115話最新話と感想!決闘の結果

決闘の結果

二人の決闘の立会人を頼まれたランスル子爵。

彼は中立の立場でありながら、この決闘を止めさせたいと思っていました。

各派閥の中心人物である二人のどちらかが怪我をする事になれば、大きな問題になると予測できたからです。

 

しかし二人はお互いを始末しようと躍起になっていました。

取り決め通り歩みを進め、引き金を引く伯爵たち。

 

ドリスン伯爵の腹部が血で染まり、メルキト伯爵が勝ったと思ったのも束の間、彼の胸部からも血が噴き出したのです。

二人は同時に崩れ落ちてしまいました。

 

騒ぎを聞き駆け付けたクロレンス伯爵は、倒れている二人を見て驚きます。

事情を聞き、大事な時期に子供のような理由で騒ぎを起こした事に頭を抱えるクロレンス伯爵。

何としても二人を助けようと、病院へと急ぐのでした。

痺れを切らしたリンデン

病院に運びこまれた二人でしたが、どちらも傷が深く治療を断られてしまいます。

メルキト伯爵は心臓を損傷、ドリスン伯爵は肝臓を損傷しており治療が不可能との事。

頭を抱えるクロレンス伯爵でしたが、皇室十字病院の首席教授であるエリーゼなら治療できるかもしれないと聞いたのです。

 

その頃、エリーゼの部屋にはリンデンの姿が。

なかなかエリーゼと会えない事にしびれを切らしたリンデンが病院まで押し掛けたのです。

今日は忙しいからまた後日会いに行くと言うエリーゼに、今までの不満をぶつけるリンデン。

 

リンデンはお互いに仕事をしようと提案します。

しかし、彼は毎回そう言いながらもスキンシップを求めてくる事をエリーゼは分かっていました。

エリーゼは再度断ろうとしましたが、リンデンの押しに負け結局一緒に仕事をする事に。

運び込まれた急患

しばらくは大人しく仕事をしていたリンデンでしたが、エリーゼの予想通りスキンシップを求めてきました。

約束と違うと呆れながらも、しばらく会えていなかったからと観念してリンデンに近付くエリーゼ。

隣に座ろうとした彼女でしたが、バランスを崩して倒れてしまいます。

 

リンデンを押し倒してしまい、赤面するエリーゼ。

エリーゼが弁解しようとしたその時、慌てた様子の職員が急患が来た事を伝えました。

 

急患は二人とも銃創を負っており、一人は心臓の損傷、もう一人は肝臓を損傷しているとの事。

患者の名前がメルキト伯爵とドリスン伯爵だと聞いたリンデンは、驚きのあまり言葉を失うのでした。

外科医エリーゼネタバレ第115話感想

メルキト伯爵とドリスン伯爵はお互いを始末するいい機会だと引き金を引きますが、結果は相打ちに。

重傷を負った二人は病院に運びこまれますが、治療を断られてしまいます。

クロレンス伯爵も言っていた通り、大事な時期なのにまるで子供のような争いを起こして…。

 

いい大人がする事とは思えず呆れますね!

二人とも自業自得なので見捨てたいところですが、そういうわけにもいきません。

結局全てのしわ寄せがエリーゼにいくのかと思うと不憫です…。

 

その頃、エリーゼの元には痺れを切らしたリンデンが。

会えない不満をぶつけるリンデンが愛おしく思えました!

こちらもまるで駄々っ子みたいでしたね!

 

いつもいつもスキンシップに持っていくリンデン…会えなくて寂しいから仕方ないですね。

せっかくいい雰囲気だったのに、エリーゼの元へ運びこまれた伯爵二人。

 

名前を聞いたリンデンも驚きの表情を浮かべていました!

いくらエリーゼでも、二人の重症患者の命を救う事なんてできるのでしょうか?

外科医エリーゼネタバレ第115話最新話と感想!決闘の結果まとめ

今回は漫画「外科医エリーゼ」115話のネタバレ、感想をご紹介しました。

決闘の結果、それぞれ心臓と肝臓を損傷してしまったメルキト伯爵とドリスン伯爵。

エリーゼの元を訪れていたリンデンは、二人が重傷を負った事を聞き驚きの表情を浮かべるのでした。

⇒外科医エリーゼネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!