外科医エリーゼ

外科医エリーゼネタバレ第118話最新話と感想!メルキト伯爵の変化

「ピッコマ」連載漫画の「外科医エリーゼ」第118話のネタバレと感想をまとめてみました!

グレアムの尽力もあり、見事二人を救う事に成功したエリーゼ。

これまで彼女を目の敵にしていたメルキト伯爵の考えが変わる事になります。

「外科医エリーゼ」第118話のネタバレと感想を紹介します!

⇒外科医エリーゼネタバレ一覧へ

外科医エリーゼネタバレ第118話最新話と感想!メルキト伯爵の変化

手術の成功

手術室のドアを開け、待ち構えていた貴族派の人々に二人の命が助かった事を伝えるエリーゼ。

大歓声がエリーゼを包みます。

 

貴族派の人々に紛れ、リンデンの姿が。

リンデンはエリーゼを抱きしめると、ねぎらいの言葉をかけるのでした。

メルキト伯爵の変化

数日後、メルキト伯爵の診察に訪れていたエリーゼ。

メルキト伯爵は彼女が敵である自分を助けた理由が分かりません。

 

しかし、エリーゼは患者を助けるのに理由などないと言うのです。

利害関係を考えずに自分の命を救ってくれたエリーゼにお礼を伝えるメルキト伯爵。

感謝の品を送りたいとの申し出に、エリーゼは苺ケーキが欲しいと微笑みます。

 

どこまでも無欲のエリーゼに苦笑するメルキト伯爵。

今後、貴族派に危害が及ばなければ、どんな望みでも叶えるよう努力する事を約束します。

エリーゼは彼の言葉にただ笑顔で頷くのでした。

フランソエン共和国のクーデター

その頃皇宮では、フランソエン共和国で起こっているクーデターについての議論が行われていました。

帝国がこのクーデターに介入し密かに支援すれば、帝国の望む人物を総帥にする事ができるのではという意見が出ていたのです。

この話を聞いていた皇帝は、この一件をリンデンに任せると言います。

 

驚くリンデンに、自分がもう長くない事を暗に伝える皇帝。

ニコラス政権が終わりを告げた今、今回の決断次第ではこれからの帝国に大きな影響を及ぼす事になるのです。

必ずしも武力行使するのではなく、市民の事を考えて選択するのが一番だと微笑みます。

 

リンデンが自分の無力さを悔い、拳を握ったその時。

皇帝は苦しそうに顔を歪めると、そのまま倒れてしまったのです。

外科医エリーゼネタバレ第118話感想

見事二人の命を救う事に成功したエリーゼ。

グレアムのサポートも大きいですが、彼女でなければ二人を救う事は出来なかったはずです。

そして敵であるメルキト伯爵を救った事で、彼の心境に変化が。

 

なんと、これからはエリーゼの望みを何でも叶えるよう努力すると言うのです!

欲しい物を聞かれても、苺ケーキと答えるエリーゼはまるで天使のようでした。

 

これでメルキト伯爵も、彼女が市民から指示される理由がわかったはずです。

一時はエリーゼの命を狙いそうな勢いでしたが、無事わだかまりが解けて安心しました!

 

そしてニコラス政権が崩壊した事で、フランソエン共和国ではクーデターが発生。

帝国はなんとファビアンを推しているようです!

敵でありながらエリーゼとリンデンの命を救った優しいファビアンが総帥になれば、フランソエン帝国とも良い関係が築けそうですね!

 

リンデンの目の前で倒れてしまった皇帝。

エリーゼも以前から心配していましたが、もう彼の命を救う事はできないのでしょうか?

外科医エリーゼネタバレ第118話最新話と感想!メルキト伯爵の変化まとめ

今回は漫画「外科医エリーゼ」118話のネタバレ、感想をご紹介しました。

貴族派であるメルキト伯爵の命を救った事で、彼から一目置かれる事になったエリーゼ。

一方皇帝は、フランソエン共和国との今後についてリンデンに一任した後に倒れてしまうのでした。

⇒外科医エリーゼネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!