外科医エリーゼ

外科医エリーゼネタバレ第121話最新話と感想!皇帝の急変

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「外科医エリーゼ」第121話のネタバレと感想をまとめてみました!

宣言通り式場を訪れた皇帝。

エリーゼが心配する中、婚約式が始まります。

「外科医エリーゼ」第121話のネタバレと感想を紹介します!

⇒外科医エリーゼネタバレ一覧へ

外科医エリーゼネタバレ第121話最新話と感想!皇帝の急変

皇帝の到着

エリーゼの控室を訪れた皇帝。

式の前に「お嫁さん」を見たかったのだと微笑みます。

「お嫁さん」とは、前世で彼が亡くなる直前まで呼んでくれていた呼び方です。

 

糖尿病ですぐに命を落とす事はないものの、エリーゼはいつ訪れるか分からない別れが心配になります。

こんな日まで自分の事ばかり心配するエリーゼに、今日くらいはリンデンの事だけを考えるように諭す皇帝。

先に式場に向かう彼を見送りながら、エリーゼは何も起こらない事を祈るのでした。

婚約式の開始

婚約式が始まり、大歓声の中入場した二人。

招待客の中には、ユリエンやアルバート、そしてグレアムやミハイルの姿もあります。

式は伝統に従って執り行われ、リンデンはその長さにイライラしていました。

 

自分が皇帝になったらすぐにこんな伝統をなくしてやると意気込むリンデン。

そんな中、皇帝の祝辞が始まりました。

皇帝の急変

立ち上がった皇帝の足元はおぼつかず、心配そうな表情のエリーゼ。

皇帝とリンデンはお互いに祝杯を飲みかわします。

気分がいいからもう一杯ついでくれと言う皇帝の指示に従うリンデン。

 

皇帝が杯を飲み、二人に祝いの言葉を伝えようとしたその時。

彼は急に胸が苦しいと訴えると、そのまま吐血して倒れてしまったのです。

外科医エリーゼネタバレ第121話感想

宣言通り式場を訪れた皇帝でしたが、その顔色はいつも以上に優れません。

「お嫁さん」という呼び方が優しくて彼らしいですね!

こんな風にエリーゼを可愛がってくれた優しい皇帝…何としても彼の命を救えるといいのですが…。

 

無事婚約式が始まり、招待客の中にはおなじみの面々が。

アルバートも元気そうで安心しました!

ミハイルやグレアムは葛藤があったと思いますが、二人ともエリーゼの幸せを願っているようで良かったです。

 

婚約式の最中までエリーゼの体調を心配する過保護なリンデンに笑ってしまいました!

本当にエリーゼが大切なんですね!

 

リンデンと杯を酌み交わした途端に倒れてしまった皇帝。

杯を飲んだ直後に倒れた事で、リンデンが疑われそうで心配です…。

彼が倒れた原因も気になりますが、エリーゼは無事彼の命を救う事ができるのかも気になります!

外科医エリーゼネタバレ第121話最新話と感想!皇帝の急変まとめ

今回は漫画「外科医エリーゼ」121話のネタバレ、感想をご紹介しました。

婚約式が始まり、祝辞を述べる皇帝。

リンデンと祝杯を交わし、祝いの言葉を伝えようとした直後、突然苦しみ出した彼は倒れてしまうのでした。

⇒外科医エリーゼネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!