外科医エリーゼ

外科医エリーゼネタバレ第123話最新話と感想!貴族派と皇帝派の対立

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「外科医エリーゼ」第123話のネタバレと感想をまとめてみました!

皇帝の一件で緊急会議を要請してきた貴族派たち。

エリーゼは原因を解明しようと躍起になりますが…。

「外科医エリーゼ」第123話のネタバレと感想を紹介します!

⇒外科医エリーゼネタバレ一覧へ

外科医エリーゼネタバレ第123話最新話と感想!貴族派と皇帝派の対立

ぶつかり合う派閥

貴族派と皇帝派による議論が始まりました。

リンデンの仕業だと言いがかりをつける貴族派に、それを真っ向から否定する皇帝派。

貴族派であるアムセル侯爵は、リンデンの祝杯を飲んですぐに皇帝が倒れた事から、彼の仕業と考えない方がおかしいと言います。

 

皇帝派はリンデンの潔白を証明する証拠はないものの、エリーゼの見立てでは毒が原因である可能性は低いとの事。

しかしアムセル侯爵はエリーゼの意見すら否定したのです。

彼女は帝国一の名医には違いありませんが、同時にリンデンの婚約者でもあります。

 

そんな彼女が診断すれば、偏った所見になって当然だと。

当時の状況から、リンデンの仕業に間違いないと断言するアムセル侯爵に、それがチャイルドのやり方かと反論するクロレンス侯爵。

 

このままではリンデンが無実の罪を着せられ廃位させられてしまいます。

クロレンス侯爵が今度は法律を持ち出し、貴族派の意見を否定しようとしたその時。

ミハイルがそれを制止したのです。

ミハイルの判断

皇帝が意識不明の今、帝国の最高司法権は自分が持っていると言うミハイル。

この事件は自分が判決を出すと言います。

 

どちらも間違った意見ではない事を認めながら、証拠がない為ここで判決を下すのは難しいと。

しかし、皇帝の治療中に確かな原因が判明しない場合はリンデンが罪を償うべきだと言い放ちました。

そして今日は一旦議論を終える事に。

 

貴族派が去った後、打つ手のなくなった皇帝派は頭を抱えていました。

彼らの主張を退ける為には、明確な原因を明らかにしなければなりません。

結局はエリーゼに頼るしかなく、無力さを感じるのでした。

焦るエリーゼ

その頃皇帝の容態は落ち着いたものの、まだ予断の許さない状況が続いていました。

二日間休まずに診察を続けるエリーゼに、少し休むよう促すグレアム。

しかし、どうしても原因を突き止めたい彼女は断ります。

 

心臓麻痺を起こすような疾患は少なく、自分が知っている疾患に間違いないと考えるエリーゼ。

貴族派がリンデンを廃位させる為に毒物を使ったのかとも考えましたが、あのミハイルがそんな汚い手を使うとは思えません。

毒物以外の原因を考え、あらゆる検査をしても原因が判明しないのです。

 

何か見落としがあるはずと焦るエリーゼに、再び休むよう促すグレアム。

いつもと違い冷静さを欠いている彼女に、正確な診断が出来るはずがないと言い放ちます。

気分転換にリンデンに会う事を提案すると、彼もエリーゼが来るのを待っているはずと諭すのでした。

外科医エリーゼネタバレ第123話感想

貴族派はここぞとばかりにリンデンを廃位させようと躍起になっています。

リンデンと祝杯を交わした直後に皇帝が倒れた事から、彼に疑いの目が向くのも分かります。

それでもリンデンがそんな事をしても何のメリットもありません!

 

貴族派も皇帝派も意見は間違っていませんが、どちらも証拠がなく所詮机上の空論です。

ミハイルの言う通り、証拠が見つかるまで保留にするしかないですね!

結局、リンデンの無実を証明するにはエリーゼの力を借りるしかありません。

 

リンデンもミハイルも、どちらも毒殺を考えるような人には思えませんし、一体何が原因なのでしょうか…。

愛するリンデンを救う為に冷静さを欠いてしまったエリーゼを諭すグレアム。

 

彼はエリーゼの理解者でありよきパートナーですね。

グレアムに背中を押されたエリーゼは、彼の提案どおりリンデンに会いに行くのでしょうか?

外科医エリーゼネタバレ第123話最新話と感想!貴族派と皇帝派の対立まとめ

今回は漫画「外科医エリーゼ」123話のネタバレ、感想をご紹介しました。

リンデンを廃位させようと企む貴族派でしたが、明確な証拠がない為判決は保留に。

一方、リンデンを救う為に冷静さを失ったエリーゼは、グレアムに休むよう諭されるのでした。

⇒外科医エリーゼネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!