サイト開設1周年記念!

30秒で終わる当サイトについての簡単アンケートで

Xmasプレゼントが当たる?!

アンケートに回答してプレゼントに応募する

(※回答は1人1回まで12月23日〆)

外科医エリーゼ

外科医エリーゼネタバレ第33話最新話と感想!衝撃の婚約発表

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「外科医エリーゼ」第33話のネタバレと感想をまとめてみました!

皇太子に優しくされ、戸惑いを隠せないエリーゼ。

真意を問われた皇太子は何と答えるのでしょうか?

「外科医エリーゼ」第33話のネタバレと感想を紹介します!

⇒外科医エリーゼネタバレ一覧へ

外科医エリーゼネタバレ第33話最新話と感想!衝撃の婚約発表

皇太子の気遣い

体調が悪いのに無理に躍らせてしまい、申し訳ないからだと言う皇太子。

この後エリーゼの為に苺ケーキを用意させると言います。

そしてゆっくり休めと伝えると部屋を後にするのでした。

 

その後、ラウンジにたくさんのケーキが運ばれてきました。

美味しいケーキに舌鼓を打つエリーゼ。

なんとこのケーキを作ったのは、以前ビアベーカリーにいたシェフとの事。

 

エリーゼはもうビアベーカリーの味を気軽に味わえない事にショックを受けます。

そして皇室にこの店のケーキを好きな人でもいるのかと不思議に思うのでした。

恐ろしい病気

ケーキを食べ過ぎてしまったエリーゼは、そのまま眠ってしまいます。

皇帝の祝辞の時間になり、ある老婦人に起こされたエリーゼ。

この老婦人は、皇族の遠縁であるハーバー公爵夫人でした。

 

足の悪いハーバー公爵夫人に手を貸しながら、誕生祭の会場へと急ぎます。

彼女のすくみ足から、パーキンソン病だと見抜いたエリーゼ。

パーキンソン病とは、神経細胞が減少する事により身体の運動機能が衰える病気です。

 

前世でのハーバー公爵夫人は、この病気の悪化から食べ物を気道に詰まらせて命を落とした事を思い出します。

この病は、帝国よりも医学の発達した地球でも完治できない恐ろしい病気です。

 

窒息すれば2分以内に処置をしないと手遅れになってしまいます。

エリーゼは何事もなく誕生祭が終わるよう祈るしかありませんでした。

衝撃の婚約発表

ハーバー公爵夫人と別れたエリーゼは、クロレンス侯爵家の席へ。

エリーゼが着席すると同時に皇帝が入場してきました。

祝辞を読み終わった彼は、続いて皇太子の婚約者について切り出します。

 

皇帝が決めた婚約者は、まだ成人を迎えていないとの事。

成人前に婚約する事に問題はないものの、婚約者の姫君と個人的な約束をしていると言います。

その為、婚約発表は婚約者であるクロレンス姫君が成人を迎えるまで延期すると言い放つのでした。

外科医エリーゼネタバレ第33話感想

無理にダンスを躍らせた事が申し訳ないからって…。

エリーゼに好意を持っているのは読者にはバレバレです!

彼女の為にビアベーカリーのシェフまで買収するなんて、可愛らしい一面もありますね。

 

前話で言っていた「これからは好きなだけ食べさせてやる」と言う言葉に嘘はありませんでしたね!

それにしても美味しそうにケーキを頬張るエリーゼは、年相応の少女に見えます。

とても天才外科医には見えず、普段の彼女の様子が見られて嬉しいです!

 

ハーバー公爵夫人は、前世では食べ物を気道に詰まらせて命を落としてしまったとの事。

エリーゼが近くにいれば対処ができるのでしょうけど、いつも一緒にいるわけにはいきません。

なんだか嫌な予感がしますね…。

 

皇帝が言っていた「婚約発表を遅らせるつもりもない」というのはこういう事だったのですね!

こんな大勢の前で婚約者だと発表されてしまったら、もう取り消すのは難しいのでは。

婚約破棄する為に医者として一生懸命働いてきたエリーゼが気の毒に思います…。

外科医エリーゼネタバレ第33話最新話と感想!衝撃の婚約発表まとめ

今回は漫画「外科医エリーゼ」33話のネタバレ、感想をご紹介しました。

皇太子が見せる優しさに戸惑いながらも、大好きなケーキに舌鼓を打つエリーゼ。

皇帝は婚約者としてエリーゼの名前をあげ、彼女の成人後に正式に婚約発表すると言い放つのでした。

⇒外科医エリーゼネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!