サイト開設1周年記念!

30秒で終わる当サイトについての簡単アンケートで

Xmasプレゼントが当たる?!

アンケートに回答してプレゼントに応募する

(※回答は1人1回まで12月23日〆)

外科医エリーゼ

外科医エリーゼネタバレ第59話最新話と感想!皇太子の結論

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「外科医エリーゼ」第59話のネタバレと感想をまとめてみました!

アンヴィル作戦は敵の罠だと訴えるエリーゼ。

皇太子の出した結論とは…?

「外科医エリーゼ」第59話のネタバレと感想を紹介します!

⇒外科医エリーゼネタバレ一覧へ

外科医エリーゼネタバレ第59話最新話と感想!皇太子の結論

エリーゼの訴え

前世とは時期や兵力が異なっていたものの、これはあの作戦に間違いないと確信するエリーゼ。

共和国軍の狙いは中央軍で、東西に向かわせていた兵を突如中央へ向かわせ総攻撃するつもりだと訴えます。

エリーゼがそう思う根拠を答えようとした時、皇太子が口を挟みました。

 

地理的な問題と、帝国軍の兵力分布のせいだと言う皇太子。

帝国軍は中央軍を中心に三角形の形になっており、現在東軍がボクネ要塞まで攻め込んでいます。

一方敵軍の兵力は二分されており、どちらも中央軍にいつでも突進できる位置にいるのです。

 

エリーゼは同意すると、敵軍の進む速度は帝国軍の支援が届くよりも速いと指摘します。

敵軍が中央軍に向かってくるという保証はあるのかと聞かれたエリーゼは、東軍がボクネ要塞に到達した事自体が砂漠のサソリの作戦だと。

ボクネ要塞に到達した東軍は、中央軍との距離が離れてしまいます。

 

その為、緊急時に支援に来る事が難しくなってしまうのです。

エリーゼの意見を聞いた一人の兵士が、今までの帝国軍の功績は全て敵の罠だったのかと攻め立ててきました。

エリーゼが焦ったその時、アルバートが手を挙げたのです。

アルバートの支援

ここでアルバートからも反対されたら、エリーゼの意見が却下されてしまいます。

しかし、エリーゼの考えとは裏腹に、アルバートも彼女に賛成だと言うのです。

ボクネ要塞を奪われたにも関わらず、敵軍が特に気にもかけていない事が気になっていたと言うアルバート。

 

共和国軍がボクネ要塞を明け渡した事自体が罠かもしれないと言います。

反発する兵士たちに、ボクネ要塞まで進撃した事により、東軍と中央軍の距離が離れてしまったのは事実だと。

その為緊急時に支援するのは難しいのではと意見しました。

 

敵対しているアルバートが助けてくれた事に戸惑うエリーゼ。

皆の意見を聞いた上で、皇太子はある結論を出しました。

皇太子の結論

皇太子の結論とは、中央軍から10万の兵を出し、東西それぞれに5万ずつ送るフリをするというものでした。

各5万の兵を東西に向かわせたフリをし、実際は中央軍の近くで待機させます。

そして中央軍が弱体化したと思い攻め込んできた共和国軍を左右から挟み撃ちにするのです。

 

西軍には戦場を迂回させ、共和国軍の背後で待機させるよう指示を出します。

そして敵軍が中央軍の三面攻撃によって混乱している際に、背後に潜んでいた西軍が一気に攻め込むのです。

もし予想が外れたらどうするのかと言う意見には、全ての責任は自分が取ると言い放ちました。

 

今回の敵軍の動きに違和感を感じていたと言う皇太子。

エリーゼに視線を送りながら、彼女の意見が正しいと信じていると。

そして皆に向かい、砂漠のサソリを討伐すべく覚悟を決めるようにと伝えるのでした。

アルバートの優しさ

会議が終わり部屋を後にしたエリーゼは、アルバートを呼び止めていました。

助けてくれたお礼を伝えるエリーゼに、彼はただ自分と意見が一致しただけだと言います。

彼の不器用な優しさを感じ、思わず笑うエリーゼ。

 

アルバートは去り際に振り返ると、ユリエンの事を伝えます。

ユリエンは、いつも手紙でエリーゼの事を気にかけていると。

嬉しくなりお礼を伝えるエリーゼに、あなたも気を付けてと言い残すとアルバートは部屋に戻っていきました。

外科医エリーゼネタバレ第59話感想

エリーゼはこの作戦は共和国軍の罠だと訴えますが、他の兵士からの反発にあってしまいます。

そんな彼女に助け舟を出したのは、なんと敵対しているアルバートでした!

彼もまたボクネ要塞を奪われた時の共和国軍の態度が気にかかっていた様子。

 

アルバートがエリーゼを支援してくれるとは思いもしませんでした!

彼もエリーゼの意見が正しいと考えていたようでよかったです。

そして皇太子もエリーゼの意見を聞き、結論を出します。

 

エリーゼの意見を参考に、東西に兵力を送るフリをして、共和国軍が中央軍に攻めてきたところを総攻撃する。

それが皇太子の出した結論でした!

エリーゼの事を信じ、そして全ての責任は自分が取ると言う皇太子はすごくかっこよかったですね!

 

アルバートにお礼を伝えたものの、またも彼の態度はそっけいないものでした。

それでも彼は本心ではエリーゼの事を嫌っていないように思います。

皇太子、レン、アルバート…この3人はなんだか似ていますね!

外科医エリーゼネタバレ第59話最新話と感想!皇太子の結論まとめ

今回は漫画「外科医エリーゼ」59話のネタバレ、感想をご紹介しました。

エリーゼの意見を聞き、ルイの作戦に騙されたフリをする事にした皇太子。

エリーゼは自分を助けてくれたアルバートにお礼を伝え、彼の不器用な優しさを感じるのでした。

⇒外科医エリーゼネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!