外科医エリーゼ

外科医エリーゼネタバレ第82話最新話と感想!ロンの正体

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「外科医エリーゼ」第82話のネタバレと感想をまとめてみました!

皇太子の首元に光るものを見つけたエリーゼ。

それは驚くべきものだったのです!

「外科医エリーゼ」第82話のネタバレと感想を紹介します!

⇒外科医エリーゼネタバレ一覧へ

外科医エリーゼネタバレ第82話最新話と感想!ロンの正体

ロンの正体

洞窟内は温度が低く、低体温の症状が出ている皇太子にとって危険な環境でした。

薬を飲んだとはいえ、このまま眠ってしまえば無事でいられる保証はありません。

出来るだけ身体を温めようと考えたエリーゼは、ある方法を思いつきます。

 

それは抱きしめる事で身体を温めるというものでした。

彼を抱きしめながら、心の中で「リンデン」と呼びかけるエリーゼ。

早く良くなって欲しいと願うと、皇太子の首元に何か光るものを見つけます。

 

今まで彼がネックレスを付けているところを見た事がなく、不思議に思ったエリーゼは手に取ってみる事に。

それはなんと、エリーゼがロンに渡した徴表だったのです。

 

ロンとの思い出が蘇るエリーゼ。

自分が皇太子を嫌っていた為に、ロンとして会いに来ていたのだと気付きます。

この徴表を返してもらい、彼の口から本当の事を聞く為にも、皇太子に早く良くなって欲しいと思うのでした。

脱走したミハイル

その頃、プラバの帝国軍司令部では、兵士たちが早くエリーゼを助けに行こうと色めき立っていました。

しかし、マッカイル元帥の許可が下りません。

帝国軍が優勢の状態でむやみに動くのは良くないと考えたのです。

 

もう少し我慢するように命令するマッカイル元帥。

本当は彼も一刻も早く助けに向かいたいと思っていましたが、皇太子の指示があり動く事ができませんでした。

あと半月もあれば、皇太子の戦略が完成する為です。

 

その時、慌てた様子の兵士が部屋に入って来ました。

なんと、ミハイルが営倉から脱走したと言うのです。

超常能力を使い、鉄窓を切り落とし脱出したミハイル。

 

彼が残した手紙には「辞表」と書かれていました。

ミハイルは皇太子とエリーゼを救う為に、一人でウクラ山脈へ向かったとの事。

事の経緯を聞いたマッカイル元帥は、ショックのあまり言葉を失うのでした。

命より大切なもの

エリーゼのおかげでだいぶ回復した皇太子。

体調を崩せばエリーゼが心配してくれると気付いた彼は、何度でも体調を崩したいくらいだと微笑みます。

エリーゼは真っ赤になりながら、それでももう二度とこんな真似はしないで欲しいと訴えました。

 

彼はいずれ帝国の皇帝になる身。

帝国で最も大切な身体なのだから、今後は危険を冒すような事はやめて欲しいと伝えます。

エリーゼの話を聞いた皇太子は、皇帝になるよりも大事な事があると。

 

身分や帝国、そして自分の命よりもエリーゼが大切だと伝える皇太子。

エリーゼは鼓動が速くなるのを感じながらも、出発を促すのでした。

 

皇太子がウクラ山脈を越える事を想定して準備をしていた為、必要なものは全て揃っていました。

もしかしたらこのまま無事にプラバに戻れるかもしれないと意気込むエリーゼ。

そんな彼女を皇太子が呼び止めます。

 

エリーゼの顔は真っ赤で、まともに彼の顔を見られずにいました。

皇太子はエリーゼを見つめ、顎に手を添えると自分の方に向けたのです。

外科医エリーゼネタバレ第82話感想

ついにロンと皇太子が同一人物だという事がエリーゼにも知られる事に!

今までバレなかったのも不思議ですが、まさか徴表から判明するとは…。

肌身離さず付けてくれていたのかと思うと嬉しいですね!

 

徴表の事や、ロンとして会いに来た理由など、聞きたい事が山ほどあるはずです。

無事ロンドに戻った暁には、彼の口から真実が聞けるでしょうか。

 

帝国軍の兵士たちは、誰もが一刻も早くエリーゼを助けに行きたいと考えていました。

皇太子の戦略の為にすぐには動けないとの事ですが、一体どんな戦略を立てているのでしょうか?

そんな中、営倉から脱走したミハイルは、一人エリーゼたちを助けに向かいます!

 

脱走がバレたらまた罰を受ける事になりそうですが、ミハイルが来てくれるなら何よりも心強いですね!

そして最後の最後でまさかの顎クイにびっくりしました!

何か気になる事でもあったのでしょうか?

外科医エリーゼネタバレ第82話最新話と感想!ロンの正体まとめ

今回は漫画「外科医エリーゼ」82話のネタバレ、感想をご紹介しました。

皇太子が身に着けていた徴表から、彼とロンが同一人物だと気付いたエリーゼ。

一方ミハイルは、二人を助ける為に一人ウクラ山脈へと向かうのでした。

⇒外科医エリーゼネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!