ゴミ捨て場の皇女様

ゴミ捨て場の皇女様8話ネタバレ最新話と感想!少女の名はエストレラ

スポンサーリンク

ゴミ捨て場の皇女様【8話】ネタバレの紹介と、感想です!

「ピッコマ」連載漫画の「ゴミ捨て場の皇女様」8話のネタバレと感想をまとめてみました!

 

少女をエリアスが見付けると、少女は気を失ってしまいました。

エリアスは、少女の名前を考えることができたのでしょうか!?

それでは、ゴミ捨て場の皇女様8話のネタバレをしていきます!

ゴミ捨て場の皇女様8話ネタバレ最新話と感想!少女の名はエストレラ

名前を貰った少女

気を失った少女は、夢の中でかか様と話しています。

かか様は、少女1人残してしまうことを謝っていますが、とと様が探しに来てくれることを祈っていました。

そしてとと様はとても優しい方ですが、かか様のことを愛してはいなかったようです。

 

そんな夢を見ていた少女は、エリアスの声で目を覚ましました。

エリアスは少女を治療するために、城へ連れてきたのです。

少女は栄養失調で倒れただけでしたが、2日間も寝ていたそう。

 

やっと目が覚めた少女に、エリアスは名前を与えました。

その名は、エストレラ・ソル・グランデル。

 

星と太陽に関する名前だそう。

素敵な名前を貰った少女は、とても気に入っています。

エリアスの覚悟

エリアスとエストレラ、そしてシオンの3人は食事をとることに。

食事が終わると、エリアスはエストレラに提案をしました。

それは、エリアスの城で一緒に住まないか、ということ。

 

エリアスはエストレラが自分の娘だとわかり、申し訳ない気持ちになったのです。

償いのつもりで、これからの時間を一緒に過ごして成長を見守りたいと、提案しました。

 

けれど、エリアスのことを好きではないエストレラ

エリアスの覚悟と思いを聞いて、何か話しかけた時・・・。

ドアが開き、話が中断されてしまいました。

三兄弟と再会

エリアスが執事のヘルンに、お風呂を沸かすよう頼んでいたようです。

ヘルンが来たと思ったエリアスが、開いたドアを振り返ると...。

そこにいたのは、長男のデリック。

 

そしてリオナとジェランもいました。

なぜ子どもたちがいるのかと、訪ねるエリアス。

子どもたちは、エストレラに会いたかったようです

 

デリックは2人に内緒で来たはずが、何故かバレた様子。

それを抜け駆けと言って、3人は言い争っています。

突然現れ、ガヤガヤと言い争っている3人をみた、エストレラは混乱しました。

ゴミ捨て場の皇女様8話感想

エストレラの夢で、語りかけている母親。

父親は、愛してくれなかったと言っていましたがどういうことでしょう!?

結婚に至らなかったからなのでしょうか。

 

それでもエリアスは、記録書で知った事実を受け止め、エストレラと一緒に暮らしたいとは決断力がありますね。

記憶はないままなのに、自分の子どもだと認め世話もしてくれているのですから。

母親が言うように、本当に優しい人なんですね。

 

そして責任感も強いのでしょう。

すでに自分の子どもたちがいるのに、エストレラも自分の子どもと認め、その成長を見守るために一緒に暮らすとは。

 

見捨てるようなことをしなくて、安心しました。

少女にエストレラと名付けたエリアス。

名前を貰えて、とても嬉しそうなエストレラです。

 

後から3兄弟もやってきましたが、エストレラは3人のことを覚えているのでしょうか?

3人はエストレラと友達になりたいのですかね?

一緒に暮らすのかどうかも含め、次のストーリーはまた読みごたえがありそうです。

ゴミ捨て場の皇女様8話ネタバレ最新話と感想!少女の名はエストレラまとめ

エリアスから「エストレラ・ソル・グランデル」と名前を貰った少女。

更にエリアスは、エストレラに一緒に住まないかと提案します。

それは娘に対する償いであると。

 

エストレラは何かを言いかけたときに、エリアスの子ども3人が部屋に入ってきました。

彼らがエストレラに会いに来た目的とは!?

果たして、仲良くなれるのでしょうか。

 

スポンサーリンク

error: Content is protected !!