陛下、今度は殺さないでください

陛下、今度は殺さないでくださいネタバレ23話最新話と感想!皇后の身分

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「陛下、今度は殺さないでください」23話のネタバレと感想をまとめてみました!

ラペルトに強く掴まれた腕。

高級な軟膏を差し出されたラリエットでしたが・・・?

「陛下、今度は殺さないでください」23話のネタバレと感想をご紹介します!

陛下、今度は殺さないでくださいネタバレ23話最新話と感想!皇后の身分

ツンデレのラペルト

残忍な皇帝の姿を知っているラリエットは、黒い気持ちに包まれます。

未来で大勢の命を奪うラペルトに、感情がある訳がないと思うが故に、手首の皮が剥けただけで罪悪感を感じるのかと問い詰めたい気持ちになります。

ですがグッと堪えて、一言、悪いと思っているのかを聞いてみるラリエットでした。

 

ラペルトはビクッと反応をするも、あれこれと言い訳をして、人のせいにします。

ですが、嘘がバレバレでした。

ラリエットは、そんなラペルトの頬にも薬を塗るようにバームを差し出しました。

 

自分はいいと意地を張るラペルトに、お母さんのように何度も勧めます。

嫌がるラペルトは、くるりと後ろを向いて、ラリエットに下がるように命令をして出て行ってしまうのでした。

皇后とラペルト

ラペルトの後ろ姿を見ながら、さっき聞いたことを思い出します。

皇后が奴隷だったというという事実は、大ニュースでした。

本来皇后になれる身分は、それ相応の位が必要でしたが、ラペルトの母は平民でもなく奴隷の身分だったのです。

 

この事実が知れ渡れば、暴動が起きてもおかしくない事態でした。

父も黙っていたし、アルノルフが言いふらしていても、当の本人も黙っています。

もしかすると、現皇帝が止めている可能性がありました。

 

父と現皇帝の関係は良好でした。

現皇帝は正当な後継ではありませんでしたが、皇太子の病死により後を継ぎ、支持も厚い人物です。

奴隷でも皇后に出来る力はある存在ですが、よほど皇后の事を愛していたのだろうと思うラリエット。

 

ですが、そんな寵愛を受けた皇后の子供なのに、ラペルトの扱いはまるで捨てられた子供のように見えました。

疑問に思うラリエットは、アルノルフが間違えた事を言っているのかもしれないと思います。

下手に動けばしくじると思いながら、ラリエットは父に確かめないといけないと思い、強く手を握りしめるのでした。

ルハンが都に来る

ラリエットは、ルハンが二ヶ月後に士官学校に入学する事を思い出しました。

過去ではルハンの出発の日に酷く体調を崩してしまい、お見送りも入学式にも出席することが出来ませんでした。

今回は必ず祝ってあげる事を誓うラリエットでした。

 

自分が昇級すれば、ルハンと一緒に暮らせると思って期待に胸が膨らみます。

一緒に暮らす事で、以前のようにギクシャクした関係にはならないと思うのでした。

ラリエットは、なによりも大事な存在は家族だと改めて感じます。

 

家を出てきてしまったラリエットでしたが、ルハンならわかるってくれるはずだと思うラリエット。

時間はまだあると感じ、一歩一歩進めていく事を誓いながら、ラペルトの後を追いかけました。

その後の関係

あの日から、ラペルトの警戒が薄くなっていました。

最近のラリエットは、トリーと一緒にラペルトについて周っています。

冷たくされる時もあり、まだ完全に信頼はされていませんが、確かに大きな進歩を感じていました。

 

ラペルトが信じてくれる方法を選びながら、未来の皇帝に気に入られるように慎重に過ごすラリエット。

木陰でお昼寝をするラペルトのそばで考えにふけっていると、タヌキを抱えたトリ―に声をかけられます。

トリーはラリエットに、ペットを預かるようにお願いをしてきました。

 

ラリエットは怒ってるタヌキにたじろぎますが、殿下をゆっくり寝かしてあげたいと言われて、渋々タヌキを預かることにします。

トリーは、最近暑い為ラペルトが夜に眠れなくなっている事を伝えます。

そして、照れながら、ラリエットもちゃんと寝れているかと聞いてくるトリーでした。

陛下、今度は殺さないでくださいネタバレ23話感想

国母である皇后が奴隷出身というのは、相当の大事のようですね。

生前、お父様達が一斉に抗議をした以上の事件になっていてもおかしくないようです。

そうなっていないのは、よほど現皇帝の人望が厚いのでしょうか⁉︎

 

もしかしたら、ごく一部の人しか知らないのかもしれません。

ですがラリエットの父が素性を知っている事は、ラペルトもアルノルフも知っているようでした。

その理由や経緯もわかりませんが、父が黙っている理由は、やっぱり皇帝との信頼関係からなのでしょうか?

 

そして、ラリエットが言うように、そこまで愛する皇后の子供なのに、ラペルトはあまり幸せそうではないし、皇后との接点も今のところ全く見えていません。

捨てられた子供という表現は確かにと思いました。

もしかすると、皇帝は密かに呼び出しているときに大事にしているのかもしれませんが。

 

2度目の人生を送る事で、ルハンとの関係もやり直せる機会ができて本当によかったです。

ルハンはなんとなくラリエットに恋をしていそうだし、もしかしたらルハンも過去に戻ってきているかもしれなくて、一緒に暮らし出したら何か起きそうな気がします。

 

無事にラペルトの信頼を少しずつゲットしているラリエットですが、一緒にトリーの好感度も上げているようでした(笑)

またラペルトに嫌がられないとよいのですが(汗)

ラリエット自身もラペルトに気に入られてきているから、その辺は大丈夫だと信じたいです。

 

もっともっと、ラペルトといい関係が築けますように!

陛下、今度は殺さないでくださいネタバレ23話最新話と感想!皇后の身分まとめ

今回は漫画「陛下、今度は殺さないでください」話のネタバレ・感想をご紹介しました。

皇后が奴隷出身という事実は、追及や暴動が起きてもおかしくない内容でした。

不確かで疑問の残るこの件を、父に確かめなければいけないとラリエットは感じます。

あの日からラリエットは、ラペルトのそばをトリーと一緒につい回るようになっていたのでした。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!