陛下、今度は殺さないでください

陛下、今度は殺さないでくださいネタバレ第55話最新話と感想!大罪の代償

「ピッコマ」連載漫画の「陛下、今度は殺さないでください」第55話のネタバレと感想をまとめてみました!

皇帝に会いに行くルペルト。

一方ラリエットは父との再会を果たします!

「陛下、今度は殺さないでください」第55話のネタバレと感想を紹介します!

⇒陛下、今度は殺さないでくださいネタバレ一覧へ

陛下、今度は殺さないでくださいネタバレ第55話最新話と感想!大罪の代償

ルペルトの秘密

ルペルトは皇帝の元へと向かいながら、幼い頃の事を思い出していました。

皇帝には似ていないのに、皇后に似ているルペルト。

彼は皇帝の血を引いていない事を知ったのです。

 

ルペルトが廊下を歩いていると、どこからか呻き声が聞こえてきます。

彼が諦めたようにため息をついた時、慌てた様子の家臣が彼の手を掴み素早く部屋へと押し込みました。

皇帝にルペルトが来た事を告げる家臣。

 

呻き声が一層大きくなります。

皇帝は「あれが壊れた」と呟くと、ルペルトを何度も殴りつけるのでした。

うろたえる皇帝

皇帝から散々殴られた後、ルペルトは気になっていた事を尋ねました。

ベルーア伯爵はどこまで自分の事を知っているのかと。

何故そんな事を聞くのかとうろたえる皇帝。

 

あんな奴が先代を揺るがすはずがない、奴は何も知らないと呟きます。

皇帝の背後から聞こえてくる歌声。

皇帝はその声の主を引きずるようにルペルトの前に連れて行くのでした。

大罪の代償

その頃ラリエットは、父との再会を喜んでいました。

早くベルーアに帰ろうと言う父を制止し、手紙を手渡すラリエット。

ルペルトに見られているかもしれないと考えた彼女は、伝えたい事を手紙に記してきたのです。

 

手紙には、ラリエットが知っている過去、現在、未来の事が全て書いてありました。

手紙を読み、青ざめながらこれは本当かと呟くベルーア伯爵。

ラリエットは倒れそうになる彼を支えながら、誘拐の件は誤解だと言います。

 

しかし、ベルーア伯爵には全て分かっていました。

ゴルテンが自分に疑いの目を向け、ラリエットに危害を加えようとしている事を。

一瞬皇帝の気が変わる事を心配しましたが、それはないだろうと思い直します。

 

あの皇帝が皇后を手放すとは思えないのです。

帝国の皇后がウィレスタンのスパイで、皇帝は子孫を残す事ができません。

そんな重要な秘密と引き換えに、彼はある対価を受け取っていたのです。

 

助けを請う皇后を見捨てた過去を持つベルーア伯爵。

大罪を犯してしまったのに、結局守れなかった事を悔いるしかありません。

 

そんな彼に、知っている事があるなら教えて欲しいと訴えるラリエット。

しかしベルーア伯爵は知っている事は何もないし、謀反など考えていないと言います。

ラリエットは父を信じていました。

 

もちろんベルーア伯爵も娘であるラリエットを信じています。

自分に似ず、優しくて勇敢なラリエット。

彼女はベルーア伯爵が盗んだ大切な宝物だったのです。

陛下、今度は殺さないでくださいネタバレ第55話感想

皇帝に呼ばれたルペルトでしたが、部屋に着いたと同時に執拗に殴られてしまいます。

毎回こんな仕打ちを受けているとしたら、ルペルトが皇帝に憎しみを抱くのも納得です。

皇后に似ている彼を憎み、そのうっぷんを暴力で発散しているように見えました。

 

あの恐ろしい呻き声の主は皇后でしょうか?

「あれ」が壊れたと言っていましたが、「あれ」とは皇后の事だと思います。

最後は歌っていましたし、狂っても歌を忘れないのは、皇后が以前歌手だったからかと。

 

一方ラリエットは父との再会を果たしますが、やはり彼は何か隠している様子…。

ルペルトに聞かれないように手紙に記してくるとはさすがです!

ベルーア伯爵は何も知らないと言っていましたが、とても信じられません。

 

皇后を見捨て、手に入れたのがラリエットだとしたら。

ラリエットは彼の子ではなく皇后の子供だという事でしょうか?

 

もし彼女が皇后の子供なら、皇位争いの風向きが変わってきます。

ベルーアが前世で滅ぼされたのは、ラリエットの出生に秘密があるのかもしれませんね!

陛下、今度は殺さないでくださいネタバレ第55話最新話と感想!大罪の代償まとめ

今回は漫画「陛下、今度は殺さないでください」55話のネタバレ、感想をご紹介しました。

皇帝に呼び出されたルペルトは、執拗に暴力を受けてしまいます。

ラリエットと再会したベルーア伯爵は、自分の犯した大罪を悔い、彼女に危害が及ぶのを恐れるのでした。

⇒陛下、今度は殺さないでくださいネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!