JO1は日本人だけなの?外国人は?

JO1は日本人だけ

毎日メディアで観ない日はないと言っても過言ではないくらいの活躍を見せるJO1。

しかしJO1とはそもそもどんなグループなのか知らない人も多くいることでしょう。

そのビジュアルからJO1は日本人のグループなのか、K-POPアイドルみたいだと思う人も少なくないです。

 

JO1は日本人のアイドルグループなのでしょうか?

JO1に外国人メンバーはいるのでしょうか?

今回はJO1とはそもそもどんなグループなのかについて調べてみたいと思います。

JO1は日本人だけなの?外国人はいないの?

 

この投稿をInstagramで見る

 

JO1(@official_jo1)がシェアした投稿

JO1は2019年に開催されたPRODUCE101 JAPANオーディションから誕生した11人グループ。

メンバーは全員日本人で構成されています。

JO1は日本人だけであり外国人メンバーは所属していません。

 

しかしPRODUCE101 JAPANオーディション時点では日本人だけでなく韓国人練習生3名が参加していました。

いずれも最終候補メンバーにまで上り詰めるかなりの実力。

しかし最終回目前で韓国人練習生は全員オーディションを辞退してしまいました。

辞退の理由は明らかになっていません。

憶測では、韓国人練習生に対する炎上が後を絶たなかったからではと言われています。

 

日本のグループなのに韓国人がいるのはなぜ。

3人は特別扱いされているように感じる。

デビューできたとして兵役はどうするのか。

番組開始当初からSNSを中心にこうしたアンチコメントが溢れ、ファンの間でも問題視されていました。

オーディションの応募資格に当てはまらないのではとの意見が特に多く寄せられていました。

ではオーディションの応募資格とはどんな条件だったのでしょうか。

 

1つ目が、日本在住であること。

日本国籍が必要や日本人でなければいけないという記載はありません。

日本に住んでいる人であれば、外国人も応募可能だということ。

更に言えば日本に留学している外国人でも可能ということです。

 

韓国人練習生3名はオーディション開始時点では日本に滞在し、生活もしていました。

応募資格の条件には外れておらず、問題はないということです。

 

2つ目が、芸能事務所やプロダクションと契約を結んでいないこと。

韓国人練習生3名については、以前は事務所に所属しデビューを経験していたメンバーもいました。

しかしオーディション開始時は韓国の事務所とは契約が終了しフリーであったため、こちらも問題はありません。

 

その他に、日本のファンや視聴者にとって兵役問題が最大のネックでした。

韓国人男性は兵役義務があり、30歳までの間に約2年間入隊しなければいけません。

 

日本のグループに所属し日本中心に活動するのに、兵役で穴を開けるのは他のメンバーに迷惑ではないか。

こうした意見も視聴者から多く寄せられていました。

韓国人練習生の事態の理由としては「一身上の都合」となっています。

現在も事態理由の詳細は明らかになってはいません。

夢をために努力していた若者の夢を潰してしまったとしたら、とても残念なことですね。

JO1が日本人に見えないの声も

 

この投稿をInstagramで見る

 

JO1(@official_jo1)がシェアした投稿

JO1は日本人グループなのにK-POPアイドルのようだ韓国人みたいだとよく言われています。

JO1が誕生した背景を知らない人であれば、おそらくそう感じるでしょう。

ではなぜJO1は日本人メンバーであるにも関わらずそう思われてしまうのでしょうか?

 

理由1つ目は、JO1が誕生したPRODUCE101 JAPANが元は韓国のオーディション番組であったため。

PRODUCE101は韓国ではこれまで何シーズンも放送されている人気オーディション番組です。

これまで数多くのK-POPアイドルがここで誕生しています。

 

その人気が国境を越え、中国でもPRODUCE101中国版が開催。

そして満を持してPRODUCE101日本版として開催されたのがPRODUCE101 JAPANでした。

JO1が日本人であるにも関わらずK-POP色が強いのは元々のベースが韓国であったためです。

 

理由2つ目は、JO1の楽曲やMVプロデューサーなどは韓国人が手がけているため。

そもそも楽曲自体がK-POPっぽいのです。

 

またレコーディングスタッフやボイトレも韓国人のため、J-POP調の歌い方ではありません。

日本語なのに韓国語のような歌唱方法をとっているのです。

J-POP調の歌い方を矯正され苦労したメンバーも実際いたとのこと。

JO1が日本人グループにも関わらずK-POP色が強いのは、様々な面でK-POPアイドルを同じ手法であるためです。

JO1はJ-POPアイドルですが、K-POPアイドルのスタイルを取り入れた新しいグループとも言えますね!

JO1の外国人っぽいメンバーを紹介

 

この投稿をInstagramで見る

 

JO1(@official_jo1)がシェアした投稿

JO1は全員日本人メンバーですが、日本人に見えないというメンバーもいます。

元々が韓国のオーディション番組のため、ビジュアル的な選考には韓国人好みの要素が少なからず存在するでしょう。

 

とりわけJO1メンバーの中には海外受けの良いメンバーが存在します。

河野純喜さんはなんと韓国では1番人気!

切れ長な目と爽やかなルックスは、K-POPアイドルに通ずるビジュアルですよね^^

 

この投稿をInstagramで見る

 

JO1(@official_jo1)がシェアした投稿

川西拓実さんも韓国ではとても人気のメンバー。

河野純喜さんと同じく爽やかな塩顔で、韓国人受けしやすいビジュアルです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

JO1(@official_jo1)がシェアした投稿

その可愛らしさでポムポムプリンとも呼ばれている大平祥生さんは中国で絶大な人気を得ています。

甘いルックスは中国人受けしやすいビジュアルなので、大平祥生さんは中華圏で人気なのかもしれないですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

JO1(@official_jo1)がシェアした投稿

海外で人気のあるメンバーがいるということは、それだけJO1が世界で注目されているという事ですよね^^

JO1の世界に羽ばたく活躍をこれからも応援していきましょう!

まとめ

今回はJO1がどんなグループなのかについて調べてみました。

JO1は日本人メンバーで構成された日本のアイドルグループであることが分かりました。

 

JO1がK-POPアイドルに似ているのは、元々のベースがK-POPアイドルと同じ手法であったから。

JO1は日本人による日本のアイドルグループですが、K-POPとJ-POPの要素が合わさった新しい形とも言えますね。

グローバルなオーディションから誕生したJO1がグローバルな活躍を見せてくれる日もそう遠くはないでしょう!

error: Content is protected !!