サイト開設1周年記念!

30秒で終わる当サイトについての簡単アンケートで

Xmasプレゼントが当たる?!

アンケートに回答してプレゼントに応募する

(※回答は1人1回まで12月23日〆)

JO1

JO1は口パクしてたって本当?

JO1の口パク

スポンサーリンク

JO1が口パクをしていたのではないかという噂があるのをご存知でしょうか。

本当にJO1が口パクをしていたのか、ジャムであればとても気になりますよね。

 

JO1のメンバーは全員、パフォーマンスも歌も実力があるからこそ、国民プロデューサーによって選ばれています。

実力が備わっているJO1が口パクをするはずがないと思いますよね。

 

今回は、JO1が口パクをしていたのは本当なのか。

JO1の口パクが疑われているシーンについてまとめます。

JO1は口パクって本当?


JO1が口パクしていたという噂が本当なのかを徹底的に調べてみました。

その結果、JO1は口パクではなく、音源の上から被せて歌っていた事が分かりました

 

つまり、厳密に言うとJO1は口パクではなく、声が入っている音を流しながら、実際歌っていたのです。

JO1は口パクではなく、被せて歌っていたとしてもジャムにとっては少し残念な気持ちになってしまいますよね。

 

なぜJO1が口パクしたという噂が流れてしまったのでしょうか。

その理由は、JO1が生放送でパフォーマンスを披露した時にあまりにも音源の音量が大き過ぎたから

その為、実際は音源の上から被せて歌っていたのですが、音源のボリュームに負けてその声が届きにくかったようです。

 

そもそもなぜ実力もあるJO1が口パクと言われるほどの被せをしたのでしょうか。

この理由はいたってシンプルです。

JO1の生のパフォーマンスを100%成功させたいという運営側の狙いがあるから。

 

JO1のメンバーの実力を疑っているのではありません。

万が一に備えて失敗しない為の策がこの音源強めの被せだったのです。

 

JO1の口パクの真相は、実は音源の上から被せて歌っている事が分かりました。

では、何故JO1が口パクと疑われるほどの被せをしたのか。

JO1のキレのあるパフォーマンスと歌の良さを最大限に披露することを優先した為だと思います。

次のところで、実際にJO1の口パクの疑惑があったシーンを紹介しますね。

JO1の口パク疑惑のシーン①情報番組「スッキリ」でテレビ初披露


JO1は、2020年3月24日、情報番組「スッキリ」に生出演しました

番組内では、JO1はテレビで初めて生歌とパフォーマンスを披露。

JO1にとって、テレビに生出演するだけでも並ならぬ緊張をしたと思います。

 

パフォーマンスの途中でマイクを落とすハプニングがありました。

しかし、JO1は見事に歌とパフォーマンスを披露し、視聴者にその魅力を伝える事を成功させたのです。

しかし、この放送終了後、視聴者の中には、「JO1は口パク」と感じた人がいる事が分かりました。

実際のところ、JO1は口パクではなく、音源に被せて歌っていました。

しかし、テレビ初披露のパフォーマンスで「JO1は口パク」という印象を1部の視聴者に植え付けてしまう結果に。

 

もちろん、同じパフォーマンスを観た視聴者の中には、このように感じた人も大勢います。

TwitterにはJO1の生歌や生パフォーマンスがとても良かったという声も沢山ありました。

視聴者によって「JO1は口パク」と感じる人もいれば、全くそう感じない人もいるという事が分かりますね。

 

また、SNS上では、JO1は口パクではなく被せている事も理解した上で賞賛しているコメントもありました。

JO1が口パクではなく被せて歌っている事に対して、肯定的な意見もある事が分かりますね。

今回調べてみて分かった事。

同じパフォーマンスであっても視聴者によっては全く感じ方が違うという事

また、別の視点から見れば、SNSで話題になるという事は、JO1が注目を集めている証拠とも言えると思います。

 

JO1は口パクだと感じた視聴者がいた事は事実でした。

しかし、実際はJO1は口パクではなく被せて歌っていた事も明らかになっています。

決してJO1に実力がないわけではなく、運営側の方針によるものだというのが結論です。

まとめ

今回、JO1が口パクをしていたのは本当なのか。

JO1の口パクが疑われているシーンについてお話ししました。

 

結論としては、JO1は口パクではなく、音源に被せて歌っていたというのが真実です。

JO1の口パク疑惑があったのは、テレビ初披露のパフォーマンス。

運営側の方針により、生放送での事故を防ぐ為に音源が強く聞こえてしまったのが原因でした。

 

JO1は、歌とパフォーマンスの実力があるメンバーしかいません。

その事だけを忘れずに信じて、今後もJO1を応援して行きたいですね。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!