影の皇妃

影の皇妃ネタバレ13話最新話と感想!なりきる準備

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「影の皇妃」13話のネタバレと感想をまとめてみました!

社交界の皇族と貴族について、リアブリックの解説は続きます。

その中で皇太子、それから遠い親戚であるレンの説明をみたとき、エレナは前の人生の記憶が生々しく蘇りました。

影の皇妃13話のネタバレをしていきます!

影の皇妃ネタバレ13話最新話と感想!なりきる準備

クラディオス・デ・シアン

リアブリックが皇太子の解説に入ると、エレナのあまりにも悲しい記憶が蘇ってきました。

それは、エレナが最も愛した人で、また、エレナを最も憎んだ人なのです。

 

皇帝と大公が対立し、フランチェ大公とリアブリックは権力への野心を持っていました。

そして、大公家の陰謀により皇后が毒殺されます。

 

それは、嫡子の皇太子が生まれるのを防ぎ、皇妃のベロニカを皇后にするためだったのですが、エレナはその時、大公家の仕業とは知りませんでした。

過去に戻って事件を振り返ったとき、真相が分かったのです。

 

エレナと皇太子の赤ん坊が生まれた時、絶望に体を震わせて自分の過ちを後悔し、自分の行為が帝国を奈落に落とした、と言った皇太子。

その時のエレナは何も知らずに涙にくれ、自分を憎む皇太子を恨んでいました。

レン・バスタージュ

リアブリックが説明した最後の人物は、レン・バスタージュです。

やっと出た、とエレナは思いました。

 

レンは、バスタージュ家の後継者で、ベロニカの遠い親戚にあたる人物です。

バスタージュ家とは不仲で、危険なので近づかないように、とリアブリックは注意しました。

 

バスタージュ家はフリードリヒ家に属していましたが、大公家と百年条約を結んで独立したのです。

百年条約では、バスタージュ家は大公家に絶対服従となります。

 

だからバスタージュ家は大公家の必要に応じて動かなければならない「番犬」で、そのため大公家はバスタージュを蔑んでいるのです。

そんな大公家の虚栄心のために、レンは、主の首を狙う危険な「番犬」となります。

そしてレンは初対面で、エレナが偽物のベロニカだと見破り、そこに付け込んで大公家の秘密を暴くためにエレナを利用した人物でした。

 

大公家へ向かう日は2日後に迫っています。

影の皇妃ネタバレ13話感想

皇帝とのことは、あまりに辛すぎる記憶ですね。

理由が分からないまま子供を否定され、恨んでいたなんて。

自分が心から愛している相手から心底憎まれる苦しみは、悲しすぎてとても想像できません。

 

それも、大公とリアブリックの野望のせいだなんて、可哀想すぎます。

いよいよ、復讐を応援したくなりました。

 

リアブリック達は、皇后まで毒殺したのですね。

自分たちが権力をつかむために、一体どれだけの人間を犠牲にしたのでしょう。

リアブリックや大公の悪行はまだまだ明らかになりそうです。

 

遠縁のレンは、前回の人生ではエレナを偽物と見破り、エレナを利用した憎い相手だったのかもしれませんが、大公家にとってとても危険な「番犬」ということは…。

「敵の敵は味方」といいますし、もしかしたら今のエレナにとっては、利用できる相手なのかもしれないです。

 

それにしても、レンが一発で偽物と気づいた点は何だったのでしょう?

視線からみると、首のあたりですね…。

ホクロか、傷といったところでしょうか。

エレナ、今度こそ、レンをうまく欺いてね!

影の皇妃ネタバレ13話最新話まとめ!なりきる準備

リアブリックは、エレナがきちんと皇族や貴族を覚えて、偽物であることがバレないようにと必死で教育しています。

エレナは、前回の人生で、レンに初対面で偽物と分かってしまったことから、今回の対策を考えているようです。

2日後には大公家へ向かうことになります。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!