影の皇妃

影の皇妃ネタバレ31話最新話と感想!学術院へ出発

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「影の皇妃」31話のネタバレと感想をまとめてみました!

いよいよ明日、エレナは学術院へ出発します。

そこでの過ごし方が復讐の成否を左右する、大事な1年となるのですが…。

影の皇妃31話のネタバレと感想を書いていきます!

影の皇妃ネタバレ31話最新話と感想!学術院へ出発

フロンティア学術院

エレナが学ぶことになるフロンティア学術院は様々な分野の研究を行っているところで、優れた人材を輩出する教育機関でもありました。

学術院では身分にかかわらず寮生活を送る規則なので、エレナはその間、反吐の出るような大公の顔を見ずに済みます。

 

エレナが寮生活を送るのは約1年間の予定。

この1年で土台を作れるかどうかで、復讐の成否が決まってくるのです。

学術院へ出発する前日

リアブリックが出発前の確認のため、エレナの部屋に来ました。

心配そうなリアブリックとは対照的に、エレナは無邪気で自信満々な様子です。

 

リアブリックは、緊張感を忘れずに、何かあったら必ず連絡するようにと注意しました。

うまくやるから大丈夫と言うエレナに、リアブリックは頭痛を覚えます。

ローレンツ卿をそばにおけたら、これほど心配しなくてもよかっただろうとリアブリックは思いました。

 

エレナについていく侍女について、リアブリックはアンとルナリーンをつけると言いましたが、エレナがルナリーンの代わりにメイを連れて行きたいと希望しました。

メイが器用で、気が利くというのが理由です。

リアブリックはアンがいれば大丈夫だと考え、エレナの希望どおりにすることにしました

戸惑うメイ

リアブリックが部屋を出て行くと、エレナはニヤリとしました。

アンひとりを置いておけば安心だと思っているリアブリックですが、気づいた時にはもう遅いのです…。

 

エレナはずらりと並んだ侍女を前にして、アンとメイを学術院に連れて行くと言いました。

そして、メイだけを残して部屋を退出させます。

 

メイは公女と二人だけになり、緊張していました。

初めて挨拶に来た時、公女を手にかけようとしたメイを見逃した行動が未だに理解できずにいます。

そして、親を恨む子供もいるのだと言った公女の言葉も信じられずにいました。

 

エレナは、メイにまだ迷っているのかと尋ねます。

黙っているメイに、エレナは一緒に学術院に行くのだから、返事はゆっくりでいいと話しました。

そして、メイに負けないくらい自分の恨みも相当なものだということを覚えておいてほしいと。

 

メイは戸惑い、公女殿下がどういう方で、なぜ自分を傍に置くのか分からないと答えます。

エレナは微笑み、焦らず自分の目で見て判断するようにと言いました。

 

エレナには、確実に自分の手足となって動いてくれる人間が必要です。

そのため、時間がかかっても、メイが自分からエレナに歩み寄ってくれるのを待つつもりでした。

影の皇妃ネタバレ31話感想

大公への恨みを持つもの同士、協力できれば最高ですが、メイがエレナの恨みを信じられるかどうかというところですね。

普通は、命を奪いたいほど親を恨んでいるなんてことは信じがたいし、エレナも1度目の人生のことは流石に言えないでしょう。

 

エレナの計画がうまくいくかどうかはメイの決断にかかっているわけですが、エレナは余裕の表情です。

必ず、メイが自分の味方についてくれると確信を持てる何かが、エレナにはあるのでしょうね…。

 

そしてこの1年で「L」としての土台を作るつもりでしょう。

エレナがアンの監視をどのようにすり抜けるのかも、楽しみです。

影の皇妃ネタバレ31話最新話まとめ!学術院へ出発

今回は影の皇妃31話のネタバレと感想を紹介しました!

エレナの希望により、メイは学術院に行くエレナについて行くことになります。

しかしメイはまだ公女を信じられずにいました。

 

 

スポンサーリンク

error: Content is protected !!