影の皇妃

影の皇妃ネタバレ32話最新話と感想!ルシアの名を借りて

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「影の皇妃」32話のネタバレと感想をまとめてみました!

学術院へ到着したエレナは早速動き出します。

まずは、ルシアという子が在学中かどうか確認しました。

影の皇妃32話のネタバレと感想を書いていきます!

影の皇妃ネタバレ32話最新話と感想!ルシアの名を借りて

学術院で会うだろう人たち

学術院へ向けて出発するエレナを、大公とリアブリックが見送ります。

エレナは馬車に揺られながら、これから出くわすであろう人たちのことを思い浮かべました。

 

まず、レンとは関わらざるを得ないでしょう

ベロニカを苛めることがレンの生きがいなのですから。

 

そして皇太子のシアン。

単独寮には皇族と高位貴族しかいないので、いずれ鉢合わせるでしょうが、その時は知らないふりをしようと思いました。

今回の人生では、お互いを傷つけたくないからです。

学術院へ到着

学術院へ到着すると、アンはその立派な建物に見とれていましたが、エレナに早く荷物を運ぶようにと注意されました。

部屋に入ると、エレナはアンとメイを前に、これから数日間は来客が多いので、失礼のないようにと話します。

 

そしてアンには、メイのために先輩のアンが手本を見せるようにと言いました。

公女に認められたアンは俄然やる気が出たようで張り切っています。

 

アンが部屋を出ると、エレナはメイに用事を言いつけました。

考古学部1年のルシアという子が在学中かどうか調べ、在学中であればブローチを渡すということです。

そしてこのことは絶対にアンに知られないようにと念を押しました。

ルシアとして

エレナは、少し休もうとベッドに横になりました。

しばらくして目覚めると、すっかり夜になっています。

 

起き上がって髪を整えているところにメイが戻って来て、ルシアは在学中ではあるが不在で、ルームメイトもしばらく見かけていないと報告しました。

エレナはメイに預けたブローチを受け取り箱に戻しながら、学校が始まる前に症状が出たのだろうかと思います。

 

エレナは前の人生で皇妃であったとき、ルシアの噂を聞いていました。

ルシアは北部熱病のため休学の手続きをする間もなく、学術院を去っていたのです。

 

ルシアの父は、10大貿易商のひとつであるカストル商会の商会長です。

娘の治療法を求めて巨額の金をつぎこみ、やっとのことで薬を手に入れましたが、ルシアは父が到着する前日に息を引き取りました。

その後、ルシアの父は治療法を医師たちに送ったのちに、自身も娘の後を追うのです。

 

エレナは一通の手紙をしたため封蝋を施しながら、ルシアは運のいい子だと思いました。

エレナが命を救ってやることになるからです。

これから1年間、エレナはルシアの名前を借りるつもりでした。

影の皇妃ネタバレ32話感想

エレナがアンに対し、メイに手本を見せるように言ってアンの優越感とやる気を刺激するあたり、さすがです。

アンが公女に信頼されていると思っていれば、報告を受けるリアブリックも安心するでしょうから。

 

それにしても、エレナはルシアになりすまして、何をするつもりなのでしょう?

そしてあの手紙は誰に宛てたものなのか。

 

ここでの計画を進める上で、ベロニカとして活動するわけにはいかないということですね。

しかし、いつも側にいるアンの監視をごまかすことはできるのかしら。

 

そして、学術院にはあのレンもいます。

レンがまた、何かとエレナに絡んできそうですから、それも厄介ですね…。

影の皇妃ネタバレ32話最新話まとめ!ルシアの名を借りて

今回は影の皇妃32話のネタバレと感想を紹介しました!

エレナは熱病で命を落とすことになるルシアの命を助ける代わりに、1年間彼女の名前を借りるつもりです。

ルシアになりすましたエレナは何をするつもりなのでしょう…?

 

スポンサーリンク

error: Content is protected !!