影の皇妃

影の皇妃ネタバレ40話最新話と感想!皇太子を避けるセシリア

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「影の皇妃」40話のネタバレと感想をまとめてみました!

「対策」のための芝居で、メイを追い出したエレナ。

メイと比較してアンを持ち上げ、有頂天にさせました。

影の皇妃40話のネタバレと感想を書いていきます!

影の皇妃ネタバレ40話最新話と感想!皇太子を避けるセシリア

有頂天になるアン

エレナに平手打ちされたメイは、泣きながら部屋を飛び出しました。

エレナはアンに冷やすものを持って来させ、フューレルバードには下がるように命令します。

 

エレナは、メイはマダムの顔に泥を塗った、アンに頼めばよかったと言いました。

アンは嬉しくてニヤニヤしています。

 

授業に行く時間になったとき、エレナはまた、アンが自分の侍女で良かったと言って部屋を出て行きました。

アンはもう有頂天になっています。

記録室で変装

エレナは化粧をしながら、メイが望んだとはいえ強く叩きすぎたと後悔していました。

そして今日もセシリアに会ったらどう接すればよいかと考えます。

 

前の人生でセシリアに毒を盛ったのはエレナではないものの、エレナも皇后の座を望んでいたことは間違いありません。

ですから、自分も大公家とたいして変わりはないのだと思いました。

 

今回は、セシリアも自分もおぞましい未来を繰り返す必要はないとエレナは考えています。

そのためにラファエルは必要不可欠な人物なので、ここで引き下がるわけにはいきません。

皇太子との再会

ラファエルのところへ行こうとしていると、セシリアが声をかけてきました。

セシリアはある人から逃げているので、一緒に行こうと言います。

 

その時、正面から皇太子が近づいて来ました。

セシリアに向かって、相変わらず自分のことを避けているし、そのことを否定もしないと言います。

セシリアは、殿下がいつも一方的で自分を困らせるからだと答えました。

 

エレナは、皇太子を見て過去の辛い記憶が蘇ります。

彼はエレナに、一瞬たりともエレナを愛したことはないと言いました。

そればかりでなく、自分にとってエレナは過ち、不名誉、不幸そのものだとまで言ったのです。

 

エレナはひどい動悸がして、胸が苦しくなりました。

意識が薄れて倒れてしまったエレナを皇太子が支えますが、エレナは震えながら離して欲しいと言います。

 

セシリアは心配して医者に診てもらおうと言いますが、エレナは少し休みたいからと断りました。

エレナのお辞儀を見て、皇太子は完璧な礼儀作法だと思います。

 

一人がいいと言うエレナを見送ったものの、やはり心配で放っておけないというセシリア。

しかし皇太子は、彼女のためを思うならばそっとしておくようにと言うのでした。

影の皇妃ネタバレ40話感想

エレナにとって前の人生の記憶の中で、一番つらいのが皇太子の言葉だったのでしょうね。

皇太子はこのとき、セシリアの命を奪ったのが大公家だと知っていたのでしょうか。

 

あれほどにもエレナを傷つける言葉の数々は、よほどの恨みがなければ出てこないものでしょう。

今回の人生では大公の思惑通りには進まないはずですから、皇太子との関係も前とは違ったものになるはずです。

 

今回の人生を完璧に計画し覚悟を決めたはずのエレナが、息もできないくらいに苦しくなる記憶。

どうにか、頑張って現実を塗り替えてほしいです。

 

これから、皇太子もセシリアも、ハッピーになれるかどうかはエレナの計画の成否にかかっています。

次にエレナが皇太子と会うときは、笑顔で挨拶できるといいですね!

影の皇妃ネタバレ40話最新話まとめ!皇太子を避けるセシリア

今回は影の皇妃40話のネタバレと感想を紹介しました!

エレナは、セシリアを追いかける皇太子と出会います。

前の人生で皇太子から掛けられた冷たい言葉を思い出したエレナは、息が苦しくなり倒れてしまいました。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!