影の皇妃

影の皇妃ネタバレ43話最新話と感想!エレナの絵

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「影の皇妃」43話のネタバレと感想をまとめてみました!

ラファエルは、ルシアの絵が見てみたいと言います。

ラファエルのためになるならと、エレナが描き始めた絵とは…。

影の皇妃43話のネタバレと感想を書いていきます!

影の皇妃ネタバレ43話最新話と感想!エレナの絵

エレナのアドバイス

ラファエルは、セシリアからルシア(エレナ)が倒れたと聞いていたようで、大丈夫なのかと聞いてきました。

結構心配してくれていたようで、エレナがもう平気だと答えると安心した様子です。

 

床にはラファエルが描いた絵が沢山散らばっていて、思うように描けないのがうかがえました。

エレナは床の絵を拾いながら、焦る必要はないと話します。

 

頑張っているときより、無心な時に答えがでることも多いというエレナ。

ラファエルは、それを聞いてエレナの顔をじっと見つめています。

そして、エレナの絵が見たいと言いました。

エレナが描いたのは…

ラファエルはエレナの絵が見たいと言ったもののすぐに思いなおし、忘れて欲しいと言いました。

しかしエレナは微笑み、描きたいと答えます。

 

エレナはキャンバスを前にして、何を描こうかと考えました。

前の人生でラファエルに絵を教わりながら、沢山模倣したことを思い出します。

 

しかし、模倣の絵を描いても彼のためにはならないと思いました。

記憶をもとに、自分だけの絵を描かなくてはと題材を考えます。

 

エレナに、とうに葬り去った記憶が蘇ってきました。

皇妃の座に何の意味があるのだろうと思ったこと。

家族と過ごす時間がこれほど大切なものだったのかと感じたこと。

そして、子供のこと。

 

エレナは筆を動かし始めました。

キャンバスには、可愛らしい赤ん坊の絵が描かれています。

それは前の人生でエレナの子供だったイアンでした。

 

エレナは、その絵を見て涙が溢れます。

イアンのことを忘れようとしたことを謝りたい気持ちでいっぱいになりました。

エレナの涙

ラファエルは、エレナが熱心に描いているのを横から覗いていましたが、涙を流すのを見て驚きました。

エレナは、感情がこみ上げてしまったと言います。

 

エレナが部屋を出ようとするのをラファエルが止めますが、エレナはまた今度と言って出て行ってしまいました。

ラファエルはエレナの絵を見て、高度な技法がなく表現力に欠けると思うものの、目が離せなくなります。

 

ラファエルはその理由を、エレナが絵の具を塗りながら自分の魂を絵に込めたからだと考えました。

そして、自分に何が欠けているのかが分かったような気がしています。

影の皇妃ネタバレ43話感想

ラファエルが、色々とアドバイスをくれるルシア(エレナ)の絵が見たいというのは当然でしょうね。

これほど本質的なことを指摘できる人であれば、どれほどの絵を描くのか、と思ってしまいます。

 

エレナの絵は稚拙なものであっても、見事にラファエルに欠けているものを映し出しているのでしょう。

これで、ラファエルがいよいよ才能を開花させるきっかけになるのかもしれませんね。

 

エレナは、皇太子だけではなく、子供の記憶にとても苦しんでいるようです。

でも今回の人生では、きっと生まれてくる子供と一緒に幸せになれると思います。

 

今回は、おそらく前とは全く違った生き方になるでしょう。

Lは自分のためだけでなく社会貢献でもあるので、世界の歴史にも関わる重要な仕事。

これからの活躍を考えると、ワクワクしてきます。

影の皇妃ネタバレ43話最新話まとめ!エレナの絵

今回は影の皇妃43話のネタバレと感想を紹介しました!

エレナが描いた赤ん坊の絵を見て、ラファエルは目が離せなくなります。

それは高度な技法がなく表現力に欠けるにもかかわらず、魂を込めて描いたものであるからだと気づきました。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!