怪物公爵と契約公女

怪物公爵と契約公女ネタバレ54話最新話と感想!サイレーンの過去

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「怪物公爵と契約公女」54話のネタバレと感想をまとめてみました!

公爵からエムロアの店に行く許可を得て大喜びするレスリー。

サイレーンからは、過酷な生い立ちを聞きました…。

怪物公爵と契約公女54話のネタバレと感想を書いていきます!

怪物公爵と契約公女ネタバレ54話最新話と感想!サイレーンの過去

アラベーラについて

レスリーは、授業のために来たコンラッドに祝福の日の司祭の役割について教えてもらいました。

最初の司祭に選ばれると大司祭の補佐をするのですが、その中でもアラベーラは式の最終日に、大司祭と共に神殿の一番奥の部屋に入ることになるのだそうです。

 

その部屋には、神が封印したといわれる伝染病「エピアルテス」があります。

エピアルテスを封印してある箱にはアラベーラが使ったとされるブローチが掛けられており、そのブローチはエピアルテスを封印する以外の力もあると言われていますが、詳細はいまだ不明とのことでした。

 

他の国にブローチに関する記録が残っていたとしても、それを簡単に手に入れることはできないだろう、とコンラッドが言いました。

ルーカディウス帝国は周辺国との争いが絶えなかったので、その記録があったとしても帝国に快く渡すはずはないからです。

レスリーのお願い

レスリーは、エムロアの店に行きたいと公爵にお願いを続けました。

公爵は、色々とうまく出来すぎていることが心に引っかかっており、侯爵の後ろに別の人物がいることも考えると、レスリーを行かせるのは危険だと思い渋っています。

 

執事は公爵の困った顔を見て、日時の約束と護衛をつけることを条件に、レスリーの希望を叶えるよう公爵に頼んでくれました。

執事は、エムロアについて調査していて、スペラード侯爵と接触した様子はなかったと報告します。

レスリーがエムロアの店に行く日は、公爵夫妻や兄たちも予定が合わなくて同行することができないので、騎士団を10人以上つけさせることにしました。

孤児だったサイレーン

レスリーは、最初に公爵邸に来た時、兄たちはレスリーを養女にすることに反対したのに、サイレーンが反対しなかった理由について尋ねました。

サイレーンは孤児で、孤児院の院長から虐待を受けていたそうです。

 

生まれつきガタイが良かったサイレーンは大きくなってからは殴られなくなったものの、他の子供たちへの暴力が止まらなかったので、サイレーンは仲間と逃げ出し、傭兵になったのだそうです。

サイレーンは、12歳になるまで一人で虐待に耐えていたレスリーは本当に強い子だと思っていました。

怪物公爵と契約公女ネタバレ54話感想

アラベーラのブローチの記録は他の国にあるかもしれなくて、それがどんな力を持っているのか分からない…。

もしや、イトバーナ出身の太后は、そのブローチの力のことを知っていて、その力を使って何かをしようとしているのでしょうか?

 

封印してあるエピアルテスが目的なのかもしれません。

だとしたら、大変なことが起こりそうです。

公爵はそのことを知っていて、レスリーをアラベーラにしようとしているのでしょうか。

 

サイレーンは、レスリーと同じように虐待された経験があるのですね。

だから、弱いものを守ってやろうという気持ちが人一倍強いのでしょう。

そんなサイレーンを選んだ公爵が、ますますカッコよく、素敵に思えます!

怪物公爵と契約公女ネタバレ54話最新話まとめ!サイレーンの過去

今回は怪物公爵と契約公女54話のネタバレと感想を紹介しました!

公爵は、レスリーをエムロアの店に行かせることに大きな不安を抱えながらも、レスリーの強い希望で許可することにします。

そしてレスリーは、サイレーンの子供の頃の話を聞いて驚きました。

 

スポンサーリンク

error: Content is protected !!