怪物公爵と契約公女

怪物公爵と契約公女ネタバレ59話最新話と感想!最後の弁論

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「怪物公爵と契約公女」59話のネタバレと感想をまとめてみました!

サイレーンは、レスリーに経験を積んで人を見る目を養うようにと言います。

コンラッドは、レスリーが刺繍をしたハンカチをプレゼントされ、とても喜びました。

怪物公爵と契約公女59話のネタバレと感想を書いていきます!

怪物公爵と契約公女ネタバレ59話最新話と感想!最後の弁論

騎士たちに謝罪するレスリー

レスリーは、自分が騎士達を食堂から追い出したことを謝罪します。

頭を下げたレスリーに、ルソーは自分の慢心が原因だったと答え、騎士全員がレスリーを守れなかったことを謝りました。

 

ルソーは、ベスランや団長がいたらこんなことになっていなかったと反省しています。

サイレーンが、この件はもう終わりだとして、解散になりました。

 

サイレーンはレスリーに、誰でも信じていた人間に裏切られることがあると話しました。

同じ過ちを繰り返さないために、経験を積んで人を見る目を養うようにと言います。

 

マーデルも、子供の頃に仲のいい友達から裏切られたことがあるという話をします。

サイレーンは、今回の事を今後の教訓にするようにと言ってレスリーの頭を撫でました。

密告したのは…

なぜ父と母がレスリーのところに駆けつけることが出来たのかと不思議に思ったレスリーがマーデルに理由を尋ねると、乳母のルーアが密告してきたと答えました。

ルーアはレスリーと一番親しくしていて、侯爵から命からがら逃げてきたと言ったそうです。

 

驚いたレスリーは、帰ったらすぐにルーアを追い出そうと思いました。

自分に散々酷いことをしておいて公爵家に逃げてくるなど許せないと思います。

 

そこに、コンラッドが通りかかりました。

コンラッドが言うには、侯爵とエリーは姓を剥奪されるか、一生牢の中で過ごすことになるだろうとのことです。

 

レスリーは、マーデルに頼んで用意していたハンカチを部屋から持ってきてもらいます。

レスリーが刺繍を入れたハンカチを見て、コンラッドはとても喜んでくれました。

最後の弁論

皇帝の前で、縄で縛られた侯爵とエリーが並んで座っていました。

侯爵は、時間を稼げば「あの方」が助けてくれると思い、沈黙で通すつもりです。

 

しかしエリーは、自分もレスリーと同じように虐待を受けていたと訴えました。

レスリーの待遇や受けていた体罰を、そのまま自分も受けていたのだと主張します。

 

その様子を見て公爵は、スペラード家の人間はどこまでも腐っていると思い、苦笑しています。

エリーの嘘八百に激昂した侯爵は、縛られたまま立ち上がってエリーに罵声を浴びせました。

怪物公爵と契約公女ネタバレ59話感想

もう、今更侯爵とエリーがどんなバカげた言い訳をしても驚きませんけど…。

ほんとに、怒る気も起らないくらい腐りきっている二人です。

侯爵は、太后が助けてくれると思っているようですが、それは何としても阻止してもらいたいですね。

 

レスリーは今回辛い経験をしましたが、この先も何度となく人間不信になるような出来事が起こることでしょう。

そのときはサイレーンの言葉を思い出して、一つ一つ糧にしながら成長して欲しいです。

 

騎士達も自分から言い訳するわけにはいかないところ、レスリーがサイレーンにきちんと事情を説明したことでサイレーンに許してもらい、よかったです。

レスリーは、使用人や騎士達に信頼され尊敬される公女になるでしょうね!

怪物公爵と契約公女ネタバレ59話最新話まとめ!最後の弁論

今回は怪物公爵と契約公女59話のネタバレと感想を紹介しました!

最後の弁論で、エリーは自分を守るため見苦しい言い訳をして、侯爵を激昂させます。

公爵は、どこまでも腐っている侯爵親子を見て呆れていました。

 

スポンサーリンク

error: Content is protected !!