かりそめの公爵夫人ネタバレ128話最新話と感想!協力するレビオス

かりそめの公爵夫人

「ピッコマ」連載漫画の「かりそめの公爵夫人」128話のネタバレと感想をまとめてみました!

神殿で冷遇を受けていたクロードとイヴォナを助けたのはレビオス。

さらに2人のもとへ魔獣が現れたと報告が入って…?

それでは「かりそめの公爵夫人」128話のネタバレと感想を紹介します!

かりそめの公爵夫人ネタバレ128話最新話と感想!協力するレビオス

レビオスの行動

レビオスは無礼な振る舞いをした神官を叱りつけると、クロードとイヴォナを図書室へと連れていきます。

なぜレビオスが協力的なのか、2人はわかりませんでした。

 

神殿の図書室は広く、圧倒されてしまうイヴォナ。

するとレビオスは、おすすめだという神聖力の本を持ってきました。

前世との違い

分厚い本には神聖力のことが書いてあります。

前世では、魔王は体を呼び覚ますことに成功したものの、クロードの活躍で完全復活は免れました。

 

それに聖騎士と戦った前世と今回は異なっています。

前世とは違う道を歩んでいるのだと、イヴォナは改めて思いました。

魔獣が出没する

関係書物が見つからなかったため、イヴォナは1人でもう少し探すと言います。

しかし1人にするのは心配だとクロードは答えました。

 

するとそこへやってきた神官が、魔獣が現れたから協力して欲しいと声を掛けてきます。

森の中へ逃げた魔獣を生け捕りにして欲しいと頼むレビオス。

ただ泣き叫ぶだけの魔獣を追って森に入ると、そこにはバドランがいました。

かりそめの公爵夫人ネタバレ128話感想

レビオスの協力で書物を読むことができたものの、成果はなかったようです。

協力的なレビオスですが、怪しいと思ってしまいました。

どうしてクロードとイヴォナにここまで手を貸すのか、理由が不明ですね。

 

イヴォナに渡した本も結局は魔獣のことは書かれていませんでした。

首席神官ということもあり、大神官の右腕である可能性も高いです。

魔獣が現れたからとクロードたちを呼んだのも、罠なのかもしれません。

 

魔獣のそばにはバドランがいました。

聖騎士のバドランであれば、クロードの黒魔力に反応する可能性があります。

イヴォナはそれを恐れてバドランと会うのを躊躇していました。

 

あえてバドランのもとにクロードを連れてきたのなら、レビオスは怪しいですよね。

黒魔力を持つクロードと対峙したバドランの反応が気になります。

かりそめの公爵夫人ネタバレ128話最新話感想!協力するレビオスまとめ

今回は「かりそめの公爵夫人」128話のネタバレと感想を紹介しました!

レビオスは2人に協力してくれますが、それは善意からなのでしょうか?

大神官との繋がりを怪しんでしまいます。

そしてバドランとクロードの再会に注目ですね!

error: Content is protected !!