かりそめの公爵夫人ネタバレ129話最新話と感想!大神官との再会

かりそめの公爵夫人

ピッコマ」連載漫画の「かりそめの公爵夫人」129話のネタバレと感想をまとめてみました!

イヴォナとクロードは大神官と会います。

前世でも会ったことがあるイヴォナは…?

それでは「かりそめの公爵夫人」129話のネタバレと感想を紹介します!

⇒かりそめの公爵夫人ネタバレ一覧へ

かりそめの公爵夫人ネタバレ129話最新話と感想!大神官との再会

レビオスの祈り

森の中で会ったバドランは、躊躇なく魔獣を切り捨てました。

バドランにとって魔獣はどんなものであっても、切り捨てる存在です。

しかしレビオスは切り捨てられた魔獣に向かって、祈りを捧げていました。

自己犠牲を強いる精神

今世では初めて大神官に会うイヴォナですが、前世で会っていたのです。

それは討伐の際にきた大神官に、救いを求めに行ったときのこと。

大神官は自己犠牲を強いるような発言をイヴォナにしていました。

 

そのときは、混乱する世の中のために身を捧げるべきだと考えていたイヴォナ。

そして今世で再開した大神官は、再び同じようなことをクロードに言いました。

イヴォナの宣言

大神官はクロードとイヴォナの結婚を反対していたのです。

聖剣の持ち主であるクロードが結婚して安心感を得てしまえば、人々を救う使命を忘れると考えているから。

大神官の考えに、犠牲を選択するのは自分自身で、他人に強要されるものではないと反論するイヴォナ。

 

イヴォナは、大神官が犠牲を強いる考えの人なのだと理解します。

そしてクロードの手を握り、これからは自分が守っていくと宣言しました。

かりそめの公爵夫人ネタバレ129話感想

イヴォナとクロード、そして大神官が相対する回となりましたね。

大神官はクロードたちに対して悪どいことを考えているにも関わらず、全く顔に出しません。

ずいぶんと演技が上手いなと思いました。

 

しかしイヴォナは、なんとなく大神官に違和感をもっている様子。

それは前世での経験も関係しているようです。

自分だけでなく、クロードに対してまで自己犠牲を強いる大神官に、怒りを見せていましたね。

 

大神官はこうして言葉巧みに、人々を操り命を捧げてきたのでしょうか。

クロードを守ると言ったイヴォナ、かっこよかったです!

 

冒頭の場面ではバドランと出くわしましたが、クロードの黒魔力にはまだ気づいていない様子。

それにしてもレビオスが祈っていた魔獣の正体が気になりました。

イヴォナは大神官を煽っていましたが、無事に儀式を終えることができるのでしょうか?

かりそめの公爵夫人ネタバレ129話最新話感想!大神官との再会まとめ

今回は「かりそめの公爵夫人」129話のネタバレと感想を紹介しました!

大神官は自己犠牲を強いる人だったのです。

イヴォナはその考えに反発し、クロードを守る覚悟を見せました。

⇒かりそめの公爵夫人ネタバレ一覧へ

error: Content is protected !!