かりそめの公爵夫人

かりそめの公爵夫人ネタバレ32話最新話と感想!召喚師を嫌うバドラン

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「かりそめの公爵夫人」32話のネタバレと感想をまとめてみました!

赤髪の男が、前世で召喚師狩りをしていたバドランだと知ったイヴォナ。

そして明らかにされる彼の召喚師に対する考えとは・・・!?

それでは「かりそめの公爵夫人」32話のネタバレをしていきます!

かりそめの公爵夫人ネタバレ32話最新話と感想!召喚師を嫌うバドラン

前世のバドラン

前世で、一部の召喚師が魔王軍を呼びだしてしまったことで、恐ろしい戦いが長く続いてしまいました。

そこでバドランは先陣をきって、有名な召喚師をのぞいた者たちの命を、次々と奪ったのです。

 

そのときのバドランの渇いた笑い声に、イヴォナは震えが止まらなかったことを思い出しました。

そして現世でも、すでにバドランは召喚師を目の敵にしていることに、イヴォナは疑問をおぼえます。

競売場とテロ事件

実は、以前町であったテロ事件で、バドランが捕まえた犯人たちが変死していました。

その犯人たち全員が働いていたのが、北部の競売場だったのです。

 

この件の解決を任せてほしいと言うイヴォナに、クロードは最初止めますが、イヴォナの強い意志に、自分も一緒ならと許可するのでした。

バドランが思う召喚師像

今回の件で、ステファンがどれほど傷ついただろうと思いをよせていたイヴォナに、バドランがクロードには内緒で話がしたいと声をかけてきました。

前世でのバドランの行いを知っているだけに怖さもありましたが、イヴォナはそれを受けることにしたのです。

 

バドランはペイグリン令嬢の従妹であり、妹のように可愛がっているので、召喚師であるイヴォナに近づかないでほしいと言います。

人間ではない神獣をあつかう召喚師は、あまりにも危険で信用できないとバドランは言うのでした。

かりそめの公爵夫人ネタバレ32話感想

前世で召喚師はなぜ恐ろしい魔王軍を復活させたりしたのでしょうか。

一体なんのために?

ここにも何か闇があるような気がしてなりません。

 

それにしてもおどろきました、ペイグリン令嬢、バドランの従妹だったんですね!

彼女を危険な目に合わせたくないために、召喚師であるイヴォナを遠ざけようとは、とても可愛がっているようです。

 

でもバドランの召喚師に対する危機感が少し強いなと感じました。

まだ現世では召喚師が魔王軍を呼びだしてはいないのに、それを予知するほどの危機感ですよね。

 

そんなバドランにとったら、起こるべくして起こった未来ということになるのでしょうか。

ほらやっぱりね、みたいな。

 

現世ではイヴォナがその認識をなんとか変えてあげてほしいなと思いました。

それがバドランから自分を守ることにもなるのですから。

かりそめの公爵夫人ネタバレ32話最新話と感想!召喚師を嫌うバドランまとめ

バドランはイヴォナをふくめた召喚師を、そうとう危険に感じているようです。

前世での召喚師の行動をみればうなずけますが、現世のイヴォナにできることは色々あるはずです!

これからのイヴォナの頑張りに期待ですね。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!