かりそめの公爵夫人

かりそめの公爵夫人ネタバレ52話最新話と感想!トリスタンの悪知恵

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「かりそめの公爵夫人」52話のネタバレと感想をまとめてみました!

治療薬の開発者がイヴォナと聞いて怒りをつのらせるガスパル。

そして陛下からの無理な協力要請にどうにもならなくなったガスパルは、トリスタンをおとずれて・・・!?

それでは「かりそめの公爵夫人」52話のネタバレと感想を紹介します!

かりそめの公爵夫人ネタバレ52話最新話と感想!トリスタンの悪知恵

見栄をはるガスパル

自分をさしおいてイヴォナが活躍していることを知った、ガスパルは怒りがこみ上げてきました。

それに気づかない使者は、召喚師として、ガスパルにイヴォナ以上の高い働きを要求してきます。

ガスパルはその要求に、震えながらもちろん大丈夫だと見栄をはるのでした。

 

使者が帰ると、召喚師ではない自分をこんな立場にまで追いつめたイヴォナに対し、怒りが頂点に達します。

そして、はじめからイヴォナの力さえ借りていなければと見当違いなことをつぶやくのでした。

ガスパルの怒りはトリスタンへ

ガスパルは、怒りにまかせて来客中のトリスタンを突撃します。

夫人をもてなしていたトリスタンはおどろき、なんとかその場を収めて夫人を帰しました。

 

その途端、なぜ女を連れ込んでいるんだとつかみかかるガスパル。

トリスタンはガスパルが召喚師として仕事ができないから、夫人に助けてもらおうとしていたのだと説明しました。

 

少し落ち着いたガスパルは、陛下から召喚師として協力要請を受けているのだと話します。

もとはと言えば、トリスタンがイヴォナの召喚術を利用することを言いだしたのだから、責任をとれと詰め寄ってきました。

トリスタンの悪知恵

考えたトリスタンは、神殿を利用して治療薬を使えないようにしようと言いだします。

効果がたしかではない治療薬を広めた浅はかな公爵夫人と、神殿の対応に任せ安全な方法を待っていた黄金の召喚師では、人々がどちらを信用するかは明らかだろうと。

 

その考えにガスパルは、これはピンチではなくチャンスなのかと顔を輝かせてトリスタンを抱きしめるのでした。

神殿からの来訪者

イヴォナは以前の会議で不快感をあらわにしていた子爵からお礼を言われています。

治療薬の普及で村の人々が完治に向かい、とても助かったと。

 

そしてクロードには神殿から来客がありました。

イヴォナは治療薬のことでクロードが責められるのではないかと心配なようです。

 

クロードは心配しないで研究に専念して大丈夫だと笑うのでした。

そのころ来訪者である首席神官のケルダは、神殿に従わないクロードに不愉快な表情を浮かべていました。

かりそめの公爵夫人ネタバレ52話感想

怒り狂ったガスパル、完全に目がいっちゃってますね。

もうなんなのこの人・・・。

何か悪いことが起きるとすべて人のせいにしてほんと気持ち悪いです。

 

トリスタンもなんでこんな男が好きなのかしら。

いくら自分がのし上がるために必要な人物とはいえ、よく付き合っていられますね。

 

そう考えるとトリスタンもやっぱり普通の感覚ではありません。

嬉々としてイヴォナをさらに追いつめる方法を提案していましたし、まぁどっちもどっちです。

 

さて、やはり神殿はクロードに物申しにきました。

聖剣の騎士と神殿のつながりは思っていたよりも強いもののようです。

クロードはどうやってケルダを追い返すのでしょうか。

かりそめの公爵夫人ネタバレ52話最新話と感想!トリスタンの悪知恵まとめ

今回は漫画「かりそめの公爵夫人」52話のネタバレ、感想をご紹介しました。

陛下からの使者により追いつめられたガスパルは、大きな見栄をはってしまいイヴォナを逆恨みします。

そしてトリスタンは神殿を利用する方法で、逆にイヴォナを追いつめようと提案しました。

この策略はイヴォナにどんな影響をもたらすのでしょうか。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!