かりそめの公爵夫人

かりそめの公爵夫人ネタバレ69話最新話と感想!イヴォナ、皇帝陛下を動かす!?

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「かりそめの公爵夫人」69話のネタバレと感想をまとめてみました!

「魔王の復活」を宣言したイヴォナは、その根拠を陛下に説明します。

それを裏付けるよう、心強い援護をしてくれる人物たちが現れて・・・!?

それでは「かりそめの公爵夫人」69話のネタバレと感想を紹介します!

かりそめの公爵夫人ネタバレ69話最新話と感想!イヴォナ、皇帝陛下を動かす!?

魔王の復活の根拠

舞踏会で「魔王の復活」を訴えるイヴォナに、とまどう陛下と騒然とする人々・・・。

発言に責任をもつようセヘーズに命じられたイヴォナは、根拠を説明します。

 

今回の伝染病は、離れた地域でも同じ虫を媒介して広がっていることや、彫刻像にかけられた黒魔術のことを考えると、魔族が関わっている可能性が高いこと。

そして、伝染病による大量の死者を生贄にして召喚するのは、魔王以外考えられないことをイヴォナは訴えます。

嬉しい加勢

そこへバドランが現れ、イヴォナの説明に賛同してくれました。

自分も浄化の彫刻像を調べてみたが、村に置かれたものからは強い黒魔力を感じ、神殿にあるものからは何も感じなかった、と。

 

横にいたレビオスも、確かに神殿の責任はあるが、今は対策を考えることが先決だと口添えしてくれました。

すると陛下とセヘーズは、実は最近、魔獣の報告が多くあり危惧していたのだと、納得してくれたのです。

聖剣の持ち主に頼り過ぎ!

信じてもらえたことに喜びを感じるイヴォナ。

しかし会場からは、聖剣の持ち主がいるから大丈夫だと声が聞こえ、それが徐々に広がっていきます。

 

するとイヴォナは、魔王軍を相手にするには多くの人数が必要なのだと、その声を遮りました。

それに対してセヘーズも、聖剣の持ち主に責任を押し付け過ぎだと言って、イヴォナにどう備えればいいのか、みんなへの助言をお願いするのでした。

ペイグリン令嬢の夢の手助け

廊下を歩くペイグリン令嬢とイヴォナ。

魔王の復活を怖がる令嬢に、備えるために今日陛下に話をしたのだと不安を和らげます。

 

イヴォナを帝国一の召喚師だと尊敬のまなざしを向け、自分も力になりたいと言う令嬢に、召喚師が夢なら、自分が召喚術を教えようとイヴォナは言いました。

女性が活躍できる社会への第一歩として、身近な女性の力になることを決めたのです。

 

そして、令嬢の両親が納得するよう、イヴォナは侍女として公爵家に迎え入れることを提案しました。

令嬢は、ここまでしてくれるイヴォナに対し、必ず力になってみせると強く誓うのでした。

バドランからの花束!?

舞踏会が終わり、クロードと歩いているイヴォナを、バドランが追いかけてきました。

陛下への説明の援護のお礼を言うイヴォナに、焦るバドラン。

 

クロードが、イヴォナは疲れているのだと睨みをきかせます。

すると、バドランは背中に隠していた花束を取り出し、功績を称えられたイヴォナを祝福するのでした。

かりそめの公爵夫人ネタバレ69話感想

陛下を無事に納得させることができて良かったですね!

バドランとレビオスの援護のおかげでもあります。

 

またセヘーズも、クロードに頼り過ぎだと助け船を出してくれましたし、イヴォナにとって頼れる存在になりつつありますね。

前世とは違い、イヴォナには味方がたくさんいて嬉しい限りです。

 

クロードを他力本願な人々から守る盾となったイヴォナ、素晴らしかったですね。

感動したクロードは、またさらにイヴォナへの愛が深まったことでしょう。

 

ところでバドラン、イヴォナに花束とは一体どうした!?

しかも睨むクロードに臆することなく堂々と・・・人妻ですぞ!?

 

頬を染めて渡すあたり、ちょっとイヴォナに魅かれ始めているような・・・。

クロードも気が気ではありません!

次回はヤキモチを焼くクロードの姿が見られるかも・・・。

かりそめの公爵夫人ネタバレ69話最新話と感想!イヴォナ、皇帝陛下を動かす!?まとめ

今回は漫画「かりそめの公爵夫人」69話のネタバレ、感想をご紹介しました。

バドランとレビオスの援護もあり、無事に皇帝陛下を納得させることができたイヴォナ。

魔王の復活にも備えることができそうです。

 

舞踏会の帰り、イヴォナを追って花束を渡しに来たバドラン。

これに対しクロードは、どのような反応を見せるのでしょうか!?

スポンサーリンク

error: Content is protected !!