かりそめの公爵夫人ネタバレ92話最新話と感想!過去の告白

かりそめの公爵夫人

「ピッコマ」連載漫画の「かりそめの公爵夫人」92話のネタバレと感想をまとめてみました!

ガスパルとの過去の話をしようと決意したイヴォナ。

クロードは静かにその話へ耳を傾けます。

それでは「かりそめの公爵夫人」92話のネタバレと感想を紹介します!

⇒かりそめの公爵夫人ネタバレ一覧へ

かりそめの公爵夫人ネタバレ92話最新話と感想!過去の告白

決意

遅くまで仕事をしているクロードを見て、待っていてくれてたのかとイヴォナは考えます。

イヴォナは先にベッドへ入り、2人の間に距離が生まれたなと思いました。

 

クロードとイヴォナは背中合わせになって並んで横になっています。

過去の自分の知られたくなくて、クロードに壁を作ってしまったイヴォナ。

 

傷つくことになったとしてもクロードに近づきたい、と決意します。

横にいたクロードに抱きつくと、イヴォナは全てを話し始めました。

告白

ガスパルを調べていたのは、彼の婚約者であるヘレンが心配だったこと。

イヴォナは今のヘレンと同様に、ガスパルの影として神獣を操っていたことを告白します。

ガスパルはより強い神獣の召喚をしようと、ボルト家の秘笈に手を出そうとしていました。

 

秘笈の実験をすれば、ヘレンは身を滅ぼすことになります。

力の代償に、いっそ命を断ってしまいたいと思うほどの苦痛を受けるほどに。

 

話しながら青ざめた顔をするイヴォナに、クロードは心配そうに声をかけます。

それでも話を止めることなく、1年後の未来からやってきた話をはじめました。

前世の話

実験の苦痛を知っているのは、自らが経験したことがあるためです。

ありえない話だが、クロードにもう何も隠し事をしたくないと言うイヴォナ。

 

ガスパルの活躍のためだけに、人知れず身を捧げてきた前世。

利用されているとも知らず、それが自分の幸せだと思っていたのです。

 

苦しそうに前世の話をするイヴォナ。

そんなイヴォナを、クロードは優しく抱きとめます。

そして、もう伝わったからなにも言わなくて良い、とクロードは言いました。

かりそめの公爵夫人ネタバレ92話感想

ようやくイヴォナが全てをクロードに告白することになりましたね!

もう彼にはなにも隠したくない、と思うようになったのでしょう。

気まずいすれ違いの状態が辛かったのかもしれません。

 

まず、ガスパルを調べていたのはヘレンを助けたいからだと話しました。

クロードは、なぜ元婚約者のことを調べているのか気になっていたに違いありません。

まだガスパルに気持ちがあるのでは、と勘違いしていた可能性もあります。

 

ヘレンの話をすれば、自分も同じ立場だったと話すしかありませんよね。

そして、秘笈の実験の危険性も言わなければなりません。

となると、実験を行った結果どうなってしまうかも言う必要があるでしょう。

 

その話は、イヴォナにとって思い出すことも辛かったと思います。

青ざめた顔を見ると、とてつもない苦痛を感じていたことがわかりますね。

 

未来からきた、なんて信じられない話でもクロードは静かに聞いていてくれました。

さすがに前世で命を落とした、とははっきり言うのは辛いように見えました。

 

イヴォナの気持ちを汲み取ったのか、全てを受け止めるように抱きとめたクロード。

彼はきっと、イヴォナの話を信じたことでしょう。

そして過去を含めてイヴォナを愛してくれること間違いなしです!

かりそめの公爵夫人ネタバレ92話最新話と感想!過去の告白まとめ

今回は「かりそめの公爵夫人」92話のネタバレと感想を紹介しました!

辛い過去を思い出しながらも、イヴォナはすべてクロードに話します。

クロードはイヴォナを抱きとめ、彼女の気持ちを受け止めたのでした。

⇒かりそめの公爵夫人ネタバレ一覧へ

error: Content is protected !!