JO1

川尻蓮のクラス分けとレベル分けテスト曲を紹介します

川尻蓮のクラス分け

スポンサーリンク

川尻蓮さんのクラス分けや、川尻蓮さんのレベル分けテスト曲についてもうチェックされましたか?

プロデュース101JAPANといえば、練習生がクラス分けによって評価されていく様子が見どころですよね。

練習生の時、川尻蓮さんのクラス分けがどうであったかが気になりますよね。

 

また、川尻蓮さんのレベル分けテスト曲がどの楽曲であったかも興味があると思います。

今回は、川尻蓮さんのクラス分けや、川尻蓮さんのレベル分けテスト曲についてまとめます。

川尻蓮のクラス分けを紹介

結論から言うと、川尻蓮さんのクラス分けの評価は、最初A、再評価もAでした

まずクラス分けについて簡単に説明すると、練習生たちのレベルが異なる為、最初にABCD-Fに分けられます。

次に3日間の練習期間を経て、課題曲で歌とパフォーマンスをグループごとに披露し、クラス分けの再評価を下されます。

 

最初のクラス分けの人数を紹介すると、

  • Aクラス:8人(川尻蓮さん含む。)
  • Bクラス:33人
  • Cクラス:20人
  • Dクラス:21人
  • Fクラス:17人

初回から川尻蓮さんはクラス分けで99人中(2人辞退した為)の上位8人に入った事が分かりますね

つまり、最初の段階で川尻蓮さんに実力が在る事が運営側にも伝わっていたんだと思います。

 

そして、3日後の再評価でも川尻蓮さんのクラス分けでは、Aを見事に獲得しました。

再評価のクラス分けの人数を紹介しますね。

  • Aクラス:10人(川尻蓮さん含む。)
  • Bクラス:24人
  • Cクラス:16人
  • Dクラス:25人
  • Fクラス:23人

再評価でAクラスとなったのは、10人の内、川尻蓮さんのように最初からA評価であった人数は、7人。

最初の評価がBで再評価がAとレベルを上げた人数は、2人。

最初の評価がCで、2ランクアップした強者が1人います。

 

川尻蓮さんはクラス分けは、再評価でもAとなり、最終的に川尻蓮さんは、JO1としてデビューしています。

しかし、この再評価Aクラスの10人の内、JO1としてデビューできたのは、川尻蓮さんを含む6人なのです。

 

つまり、ここでAクラスに入ったとしても、その後の評価によってはデビュー出来ないという厳しい現実があるという事。

オーディション番組のクラス分けなどの評価を良いままキープする事がいかに難しいかが伺えますね。

 

その中で、川尻蓮さんはクラス分けで、安定のAクラスの評価を受けています。

川尻蓮さんのデビューしたいという強い気持ちと惜しまない努力があってこそ、この評価ではないでしょうか。

川尻蓮のレベル分けテスト曲は何?

川尻蓮さんのレベル分けテスト曲は、GOT7の「MY SWAGGER」。

GOT7とは、韓国のボーイズグループで多国籍メンバーで構成されているのが特徴です。

 

川尻蓮さんがレベル分けテスト曲になぜ「MY SWAGGER」を選んだのかを考えてみました。

調べてみると、「MY SWAGGER」という楽曲には次のような特別な意味が込められていること分かりました。

「GOT7らしいスタイルで前向きに上を目指して行こう、新しい一歩を踏み出そう。」

 

川尻蓮さんがレベル分けテスト曲にこの曲を選んだ理由。

それは、川尻蓮さんの今の気持ちと通じる楽曲で勝負したかったのではないかと思います

川尻蓮さんがレベル分けテスト曲を通じてデビューしたい気持ちを審査員にも伝えようとしたのではないでしょうか。

 

川尻蓮さんとレベル分けテスト曲を一緒に練習した他のメンバーは、大平祥生さんと山田聡さん。

そのグループ名は、「UN Backers」で直訳すると、「後ろ盾ではない」という意味になります。

 

川尻蓮さん、大平祥生さん、山田聡さん3人は、バックダンサーの経験者。

このグループ名には、誰かの後ろではなく、表舞台に立って活躍したいという3人の熱い想いが込められているそうです。

それを聞くと何だか胸が熱くなり、応援したくなりますね。

 

川尻蓮さんは、レベル分けテスト曲を披露した結果、川尻蓮さんだけがA評価。

大平祥生さんは、D評価、山田聡さんは、B評価という結果でした。

審査員の話によると、川尻蓮さん以外の2人は、下を向いて踊っていたからという厳しい評価。

 

川尻蓮さんは、同じグループとして切磋琢磨してきたメンバー全員でのA評価を目指していたと思います。

川尻蓮さんが、バックステージで涙する大平祥生さんを慰めているシーンは、とても切なかったですね。

 

川尻蓮さんがレベル分けテスト曲の課題を通じて学んだこと。

それは、審査員の前でパフォーマンスをする難しさや厳しさではないでしょうか。

まとめ

今回は、川尻蓮さんのクラス分けや川尻蓮さんのレベル分けテスト曲についてお話ししました。

川尻蓮さんはクラス分けは、最初からAクラスで、3日後の再評価でも見事Aクラスでした。

 

川尻蓮さんのレベル分けテスト曲は、GOT7の「MY SWAGGER」。

川尻蓮さんは、レベル分けテスト曲に、前向きに上を目指して行きたいという思いを伝えたかったのではと感じました。

 

オーデション中の努力や苦労があるからこそ、今活躍出来ている川尻蓮さん。

今後の活躍にもぜひ期待したいですね!

スポンサーリンク

error: Content is protected !!