JO1

川尻蓮の博多弁の方言がかわいい!福岡のラジオで披露した?

川尻蓮の方言

スポンサーリンク

福岡県出身の川尻蓮さんは、博多弁を話されます。

ふとした時に川尻蓮さんが方言を使ったら、ドキッとしますよね。

 

そんなことを思っていたら川尻蓮さんが福岡のラジオに出演したという情報を入手しました。

川尻蓮さんがラジオでどんなことを話したのか気になりますね。

 

今回は川尻蓮さんの博多弁について徹底調査!

川尻蓮さんの方言を知ることで、川尻蓮さんを身近に感じられそうですね。

 

また、川尻蓮さんがラジオに出演した時のことも調査。

川尻蓮さんが福岡のラジオで話した内容にも迫ります。

川尻蓮の博多弁の方言がかわいい?

日本各地には独特の方言があり、ふとした瞬間に相手の口から方言が出てくるとほっこりしますよね。

その人が生まれ育った土地の雰囲気を味わうことができますし、日常生活を垣間見られる感じが良いです。

 

そうなると、川尻蓮さんの方言が気になりませんか?

なぜなら、川尻蓮さんは福岡県出身だからです。

 

川尻蓮さんの方言は、どのような感じなのでしょうか?

そこで今回は、川尻蓮さんの方言について調べてみました。

 

福岡県出身ということで、川尻蓮さんの方言は「博多弁」と分かりました。

しかも博多弁は、方言の中でダントツ1位の人気を誇る方言だそうです。

川尻蓮さんの方言である博多弁の特徴としては、語尾に次のような言い回しが付くそうです。

 

  • 「〜どげん」
  • 「〜っちゃん」
  • 「〜と?」
  • 「〜やけん」

 

こうなると、川尻蓮さんの博多弁が気になるところ。

そこで、過去に川尻蓮さんが博多弁を喋った時のことを調べてみることにしました。

たとえば次の動画。

約1分49秒の辺りで「急がんと」と言っています。

これは、標準語では「急がないと」。

 

また、約3分46秒の辺りで、「埋まらん」と言っています。

これは、標準語では「埋まらない」。

 

約4分の辺りでは「めっちゃいい感じかもしれん」と言っています。

これは、標準語では「めっちゃいい感じかもしれない」。

 

また、違う動画でもご紹介。

0分44秒の辺りで「トリケラトプス(恐竜)は、これやろ!」と言っています。

これは標準語では、「トリケラトプスはこれでしょ」。

 

またまた違う動画でもご紹介!

約1分35秒の辺りで「ジャムやけん」と言っています。

これは標準語では、「ジャムだから」。

 

川尻蓮さんの博多弁、かわいいですね!

川尻蓮さんの博多弁を聞いているだけで癒やされます!

また、川尻蓮さんは博多弁についてインタビューでも回答をしています。

テンションあがると博多弁が出るんですけど、「~~と」とか「~~ちゃけん」とか。メンバーにも真似されています。

(引用:https://arne.media/news/8287/)

 

さて、ここで皆さん想像してみてください。

たとえば、川尻蓮さんが自分にお願いをしてくるシーンです。

AパターンとBパターン、どちらが良いですか?

 

(Aパターン)教科書、見せてくれない?

Aパターンは、川尻蓮さんが方言を使わないバージョンです。

 

(Bパターン)教科書、見してくれん?

Bパターンは、川尻蓮さんが博多弁を使っているバージョンです。

 

皆さんなら、どちらの川尻蓮さんが良いですか?

もちろん、どちらの川尻蓮さんも良いですから、選べないのは百も承知。

ですが、川尻蓮さんが方言を使った方が、お互いの距離が縮まっている感じがしませんか?

 

方言は、標準語に比べて他人行儀ではない感じを醸し出すので、そのように感じるのかもしれませんね。

川尻蓮さんが博多弁でお願いをしてきたり、励ましてくれたりしたら、最高ですよね!

 

また、別の角度から想像してみましょう。

たとえば、今の川尻蓮さんだけではなく、昔の川尻蓮さんにも思いを馳せてみてください。

想像するのは、幼少期や学生の頃の川尻蓮さん。

 

野原を駆け巡り、趣味に打ち込む少年、青年の川尻蓮さんです。

そして、日常生活の中の喜怒哀楽の中に盛り込まれる、川尻蓮さんの博多弁を想像してください。

 

何か、またひと味違う川尻蓮さんを身近に感じることができることと思います。

川尻蓮さんが博多弁を使って、幼少期や学生時代を過ごしていたことを想像すると、心がほっこりしますね。

川尻蓮さんの博多弁は、まだまだこれから先、聞けるチャンスがありそうなので、楽しみにしたいと思います。

川尻蓮はラジオにゲスト出演した?

2020年2月24日、川尻蓮さんがラジオ番組に出演しました。

しかも川尻蓮さんは福岡のラジオ番組に出演!

 

川尻蓮さんの福岡のラジオ出演の何が嬉しいかと言えば、大きな理由として挙げられるのは1つ。

福岡は、川尻蓮さんの地元だからです。

地元の番組への出演は、川尻蓮さんにとっても、福岡県民の皆さんにとっても大変嬉しかったことでしょう!

 

川尻蓮さんがラジオ出演した番組名は、「SUPER RADIO MONSTER ラジ★ゴン」。

その際の写真がありましたのでご紹介します。

川尻蓮さんのラジオ出演は、公開収録だったのですね!

多くの観覧者の皆さんの笑顔に包まれながら、川尻蓮さんは福岡のラジオ出演に臨まれたことと思います。

 

しかも川尻蓮さんのラジオ出演は、放送当日のお昼12:30に告知されたとのこと。

川尻蓮さんのラジオ出演は15:00からなので、2時間半前のことです。

 

川尻蓮さんのラジオ出演が告知された瞬間、皆さん騒然としたことでしょう。

川尻蓮さんのラジオ出演の現場に駆けつけられた皆さん、羨ましいです!

 

さて、この日、川尻蓮さんがラジオに出演した時、実はある「初」体験をしています。

川尻蓮さんが福岡のラジオ番組で初体験したものは、一体何だったのでしょうか?

 

川尻蓮さんが初体験したもの、それは、「生放送」!

ほとんどのラジオ番組が生放送ですから、川尻蓮さんのラジオ番組出演イコール生放送ということになります。

 

そんな生放送初体験の川尻蓮さんのラジオ出演。

内容は多岐にわたり、「苦手な食べ物」「憧れのアーティスト」「デビューシングルの秘話」など盛りだくさん。

 

その上、出演した川尻蓮さんのラジオ番組では異例の、ゲストコーナーが延長するという嬉しい事態にもなりました。

川尻蓮さんの福岡での人気がうかがい知れるエピソードですね。

川尻蓮は福岡ラジオで博多弁を話したの?

最後に調査するのは、川尻蓮さんが福岡のラジオで博多弁を話したかどうかです。

そこで、調査するにあたり、川尻蓮さんが福岡のラジオ番組に出演しているのを3つ聴いてみました!

川尻蓮さんが福岡のラジオで博多弁を話しているか、いないのか、果たして結果はいかに?

 

調査の結果、残念ながら川尻蓮さんが福岡のラジオで博多弁を話している番組には出会えませんでした

川尻蓮さんの地元である福岡の食べ物の話や思い出の場所は出てくるのですが、川尻蓮さんの博多弁はありません。

 

残念な結果とはなりましたが、1つ、とても心が温まる話をご紹介して、今回の記事を終えたいと思います。

川尻蓮さんが福岡のラジオ番組に出演した際、川尻蓮さんは1人での出演でした。

その頃、他のJO1のメンバーは、各地で仕事をしていたとのこと。

 

パーソナリティの方に、「目標」を聞かれた時、概略、次のように川尻蓮さんは言います。

「今回は、僕1人で福岡に来させていただいたのですが、次はライブなどでJO1みんなで来たいです」。

 

川尻蓮さんが福岡にJO1の皆さんで来られることを楽しみにしているのが、ひしひしと伝わってきます。

また、同じようなことを、インタビューでも仰っているのでご紹介。

メンバーと一緒にライブを博多でやりたいです。彼らに、僕が生活していた大好きな街を案内してみたいですね。

(引用:https://www.nishinippon.co.jp/item/n/593759/)

その際、JO1メンバーが福岡のラジオに出演して、川尻蓮さんの博多弁が聞けたら良いですね!

まとめ

今回は、川尻蓮さんの方言や川尻蓮さんのラジオ出演について調査しました。

川尻蓮さんの方言は、博多弁。

 

川尻蓮さんが博多弁を使う動画を見ると、かわいさ炸裂で心が躍りました!

川尻蓮さんが博多弁を使うシーンはまた訪れそうなので、今後も楽しみです。

 

川尻蓮さんの福岡のラジオ出演では、地元の方々が大勢駆けつけていました。

また、川尻蓮さんが福岡のラジオで博多弁を話したかも調べたのですが、残念ながら見つけられませんでした。

川尻蓮さんがラジオでも博多弁を使う機会はありそうなので、こちらも楽しみですね!

スポンサーリンク

error: Content is protected !!