JO1

川尻蓮とまさや(木村柾哉)が仲良しで友達なのはいつから?

川尻蓮とまさや

川尻蓮さんの仲良しさんは誰なのか、気になりますよね。

JO1のメンバーが、川尻蓮さんと仲良しなのは皆さんもご承知の通り。

では、JO1以外で川尻蓮さんの友達は誰なのでしょうか?

 

このことについて調べるうちに、川尻蓮さんの友達として気になる名前を発見しました。

INIの木村柾哉さん。

 

そこで今回は、川尻蓮さんがまさや(木村柾哉)さんと仲良しだということについて迫っていきます。

併せて、川尻蓮さんとまさや(木村柾哉)さんの仲良しエピソードなども調べていきたいと思います。

川尻蓮とまさや(木村柾哉)が仲良しなのはいつから?


川尻蓮さんの仲良しさんは誰なのか調査したところ、驚きの事実が判明しました!

川尻蓮さんの仲良しさん、それはINIのまさや(木村柾哉)さんなのです!

 

JO1もINIもオーディション番組「PRODUCE 101 JAPAN」から生まれたグループ。

JO1はシーズン1、INIはシーズン2ですので、川尻蓮さんとまさや(木村柾哉)さんはライバル関係ではありません。

そのため、オーディションを通じて川尻蓮さんとまさや(木村柾哉)さんが仲良しになったとは考えにくいですね。

 

それでは、いつから川尻蓮さんとまさや(木村柾哉)さんは仲良しなのでしょうか?

実は、川尻蓮さんとまさや(木村柾哉)さんが仲良しになったのは2017年の秋

 

Kyo Koyauchiさんのダンス動画での共演がきっかけとのこと。

その時の動画をご紹介します。

川尻蓮さんの服装は、白色のロングTシャツに、茶色のTシャツの重ね着。

木村柾哉さんの服装は、白色のTシャツに、茶色のジャケット。

 

そして、川尻蓮さんとまさや(木村柾哉)さんは、他に2人のダンサーと一緒にダンスユニットを結成します。

ユニットのメンバーは次の4人。

 

  • 木村哉さん
  • 川尻さん
  • KESO(けすお)さん
  • ピスタチオさん

 

ユニット名は「まされんけそぴす」。

メンバーの名前から文字をとったのですね!

 

「まされんけそぴす」は川尻蓮さんがJO1としてデビューが決まる直前まで活動していたそう。

約3年一緒に活動していた川尻蓮さんとまさや(木村柾哉)さんの仲良し度は相当だということが容易に想像できます。

それでは、次は川尻蓮さんとまさや(木村柾哉)さんの仲良しエピソードについて調べたいと思います!

川尻蓮とまさや(木村柾哉)が友達である証は?


川尻蓮さんの友達は、INIのまさや(木村柾哉)さんだと分かりました。

では、まさや(木村柾哉)さんが川尻蓮さんの友達として行ったステキなエピソードを探っていきたいと思います。

調査によって分かった、川尻蓮さんとまさや(木村柾哉)さんが友達である証を2点挙げます。

川尻蓮さんのデビューを、ダンス仲間とお祝い!

川尻蓮さんがJO1としてデビューする時、「まされんけそぴす」の3人が、お祝いにダンス動画をアップしました。

動画のタイトルは「Stand By You」。

「まされんけそぴす」の4人の絆が伝わってきて、私たちも心が温かくなるエピソードですね。

川尻蓮さんは、友達が自分のためにダンス動画でお祝いしてくれたことに、感動したことでしょう。

 

川尻蓮さんの友達である方々、皆さんステキですよね。

川尻蓮さんは友達に恵まれ、その方たちと大好きなダンスユニットを組んで活動できたことは宝ものになっているはず。

人と人との関わりは、ステキだということを、川尻蓮さん、川尻蓮さんの友達から大いに教えていただきました!

担当するダンスパートは、もちろん川尻蓮さん!

JO1のデビューシングル「PROTOSTAR」の収録曲である「無限大」。

この曲を、「MeseMoa.」というアイドルグループがカバーした時に、まさや(木村柾哉)さんが参加しています。

 

そこで、まさや(木村柾哉)さんが担当しているダンスパートが川尻蓮さんのパートなのです。

その動画がこちら!

まさや(木村柾哉)さんの服装は、黒色のキャップに白色のTシャツ、灰色のスニーカー。

まさや(木村柾哉)さんのキレキレのダンスカバーに、動画でのコメント欄は喜びの嵐。

 

さらに、マンガ『鬼滅の刃』のコスプレをして「無限大」をカバーしています。

まさや(木村柾哉)さんは、主役である竈門炭治郎のコスプレをしています。

その動画がこちら!

川尻蓮さんも、まさや(木村柾哉)さんにカバーされたことを大いに喜んでいることは想像に難くありませんね!

川尻蓮さんは、友達が自分をリスペクトしてくれていることに、これまた感動したことと思います。

川尻蓮さんとまさや(木村柾哉)さんは、「友達」の枠ではくくれない程の固い絆で結ばれていることが分かりますね。

番外編 夢の共演

深い友情の絆で結ばれた川尻蓮さんとまさや(木村柾哉)さん。

何と、川尻蓮さんとまさや(木村柾哉)さんは、2021年12月11日に、晴れて共演を果たしています!

その舞台は、2021 Mnet Asian Music Awards(MAMA)」。

12月11日に開催されたアジア最大級の音楽授賞式『2021 Mnet Asian Music Awards(MAMA)』にJO1とINIが参加した。2組は、「INI+ JO1- One Dream (Rocketeer + 僕らの季節)」と題し、日本を代表するボーイズグループとしてパフォーマンスを披露。世界中のK-POPファンにその存在を知らしめた。2組が誕生するきっかけとなったオーディション番組は、韓国で放送されていた『PRODUCE 101』シリーズの日本版。グローバルボーイズグループとなることを目標に掲げる2組にとって、『MAMA』に出演できたことはその大きな一歩になるとも言えるだろう。2組のパフォーマンス動画は、チャンネル登録者数約1900万人のMnet公式YouTubeで公開されている。中でも、JO1の川尻蓮とINIの木村柾哉によるコラボパフォーマンスは大きな反響があった。

川尻と木村は、お互いが番組に出演する以前のダンサー時代に交流があったそう。そのため、木村が『PRODUCE 101JAPAN SEASON 2』に出演した際に、木村がデビュー出来た際に叶う川尻との“再会“も期待されていた。今回そんな2人の共演が実現し、さらに2人だけでパフォーマンスをしたことは、ファンにとって感慨深い出来事になったに違いない。また2人はそれ以外でも、共通点が多いことで知られている。2人とも番組内ではセンターを務めることが多く、周囲の練習生を引っ張っていく存在だった。また、ダンサー時代の下積みがあるからこそ育まれた経験値や、そこから生まれるハングリー精神も、国民プロデューサー(=視聴者)にはまっすぐに伝わっていた印象だ。デビュー後はダンスだけでなく、歌でも活躍を見せるオールマイティさも発揮しており、2人の理想のアーティスト像は限りなく近いのではとないかとも感じる。

2人のコラボパフォーマンスは、INIとJO1の出番の間に披露された。パフォーマンスは川尻からスタートするが、向かい合うように木村が佇むという演出は鳥肌ものだ。川尻は白、木村は黒一色のシンプルな衣装で登場。その2人の美しいコントラストに魅了されるのも束の間、壮大なピアノの音色に合わせたシンクロした踊りや深い表現力で、一気に世界観を作り上げた。前半では、川尻にフィーチャーした振付であるように感じるが、後半につれて木村の存在感も大きくなっていく。これは、川尻が木村より一足先にJO1としてデビューしたことを表現しているかのようだ。特に、前半の川尻のダンスに関しては、INIの先輩という立場として、背中を見せるような威勢の良さも感じられる。そして後半では一気に木村が前進し、力強いダンスを見せる。さらには、腕を交差させるといった2人で完成する振りは、JO1とINIがお互い切磋琢磨した後に、1+1=2ではなく無限大の可能性へと結びつくような未来をも予感させた。

(引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/2e00e9e3489feedd3733cf1dfb40bd5de15dca93)

動画の3分37秒辺りから、圧巻のダンスシーンが始まります。

川尻蓮さんと同じ夢に向かって歩み続けた、まさや(木村柾哉)さん。

どれほど川尻蓮さんとの共演を楽しみにしていたことでしょう!

 

川尻蓮さんとまさや(木村柾哉)さん、感慨深かったと思います。

その証拠に、川尻蓮さんとまさや(木村柾哉)さんはグループの公式Twitterで、それぞれコメントを発表しています。

昔、一緒に活動していたダンス仲間同士が、アーティストとなって共演する日が来るとは誰が想像できたでしょうか?

川尻蓮さんとまさや(木村柾哉)さんはもちろん、私たちJAMにとっても、大変嬉しい出来事でした!

今後も、川尻蓮さんとまさや(木村柾哉)さんの共演が叶うと良いですね。

まとめ

今回は、川尻蓮さんとまさや(木村柾哉)さんが仲良しだということを中心に調べてきました。

調査により、川尻蓮さんとまさや(木村柾哉)さんの絆はとても固く結ばれていることが判明!

まさや(木村柾哉)さんは、川尻蓮さんと仲良しである上に、リスペクトしていることも伝わってきました。

 

また、川尻蓮さんの友達もステキで、ダンスユニットを組んでいた方々からのお祝い動画に心が温まりましたね。

川尻蓮さんと友達の仲良しエピソードは、まさに「熱い友情」そのものです。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!