JO1

川西拓実の高校時代の偏差値や宝殿中学校!報知高校野球の雑誌の表紙だった!

川西拓実の学校

川西拓実さんは小学、宝殿中学校、高砂高校時代まで野球を続けた生粋の野球少年。

現時点でもキラッキラのアイドルですが、持ち前の真面目な性格で今も成長中です。

 

川西拓実さんの宝殿中学校、高砂高校時代、について探ってみました。

川西拓実さんの学校の偏差値は中学、高校ともに平均的でしたが、部活に強い学校だったようです。

 

「宝殿中学校」在籍時すでに川西拓実さんは、顔面偏差値が高くアイドル的存在でした。

また「宝殿中学校」の時に、川西拓実さんは有名オーディションにも挑戦。

 

デビュー後川西拓実さんは野球雑誌の表紙を飾っています。

「報知高校野球」に川西拓実さんが掲載時は、「報知高校野球」の完売する書店が続出。

 

「報知高校野球」では川西拓実さんの野球少年時代の話題もたっぷり掲載されていました。

川西拓実さんが表紙の野球雑誌「報知高校野球」にはもう1人の野球少年の姿も!

様々な川西拓実さんの姿を見て、より深い沼にハマりましょう。

川西拓実の高校時代!偏差値はどれくらい?

川西拓実さんのことを高校の情報サイトでは、「兵庫県立高砂高等学校」の卒業生として掲載していました。

  • 兵庫県立高砂高等学校偏差値49
  • 学科:看護医療・スポーツ(特色選抜)普通科(一般選抜)
  • ジャズバンド部が映画「スウィングガールズ」のモデルになる

川西拓実さんの高校時代の偏差値は49で平均的です

しかし川西拓実さんの顔面偏差値は無限大ではないでしょうか。

川西拓実さんの高校の偏差値は平均的ですが、部活動がとても盛んです。

川西拓実さんが学業で偏差値をキープしつつ、野球部にも全力で取り組んでいたとするとすごいことですね。

 

川西拓実さんの出身高校である「兵庫県立高砂高等学校」の卒業生には、野球選手やミュージシャンなど多種多様。

  • 坂本友梨さん(元女子野球選手)
  • 小山正明(元野球選手)
  • 神部年男(元野球選手)
  • 花房健(元野球選手)
  • おのまきこ(花花のメンバー、ジャズバンド部に所属)

川西拓実さんは高校時代野球部に所属していました。

兵庫県立高砂高等学校で川西拓実さんが所属した野球部は、甲子園まであと1歩という兵庫県でも強豪。

 

部員が50人ほどのチームで、川西拓実さんは高校2年生から野球部にレギュラー入り。

川西拓実さんが2年生の時に野球部は兵庫県ベスト16に入っています

 

練習生の時から人気のあった川西拓実さん。

川西拓実さんが高校時代の野球部、修学旅行、卒業前に髪を伸ばした姿など多くの画像がSNSに投稿されていました。

川西拓実さんは高校時代坊主にしていても整った顔立ちが引き立ってしまう程の美形

川西拓実さんは高校時代からファンも多かったので、写真を撮られる機会も多かったのではないでしょうか?

川西拓実は宝殿中学校!

 

川西拓実さんは高砂市立宝殿中学校に在籍していました

高砂市立宝殿中学校は部活動が盛んで、全国大会でも成績を残している部が多くあります。

 

また卒業生にはメジャーリーグでも活躍した長谷川滋利さんが。

小学生から野球を続けている川西拓実さんの野球への思いがより高まりそうな環境ですね。

 

宝殿中学時代の川西拓実さんは、ただの「野球少年」というには完成度が高すぎます。

宝殿中学時代の川西拓実さんは、顔面偏差値に初々しさまで加わり最強。

2015年にはavex主催のオーディション「Boys Award Audition」に挑戦しています。

宝殿中学時代の川西拓実さんは顔面偏差値の高さ、スポーツ少年の爽やかな魅力からか2次審査まで通過。

しかし残念ながら3次審査が野球部の試合と重なってしまい、1度夢を断念しています。

オーディションで2次審査まで通過した川西拓実さん。

宝殿中学時代から川西拓実さんの芸能人としての片鱗が見えていたのでしょう。

川西拓実が報知高校野球の雑誌の表紙に!

 

2021年3月号から「報知高校野球」で川西拓実さんが野球雑誌にメインキャラクターとして起用されています。

「報知高校野球」は1978年創刊の報知新聞社が発行している高校野球雑誌。

 

「報知高校野球」は数社から発行されている高校野球雑誌の中でも長い歴史を持っています。

創刊44周年を迎えた「報知高校野球」が、芸能人の川西拓実さんを野球雑誌に起用したことは驚きです

兵庫県の県立校で外野手としてプレーをした経験を持つ彼は「小学2、3年から高校3年までずっと丸刈り」「高校最後の夏の試合で、ラストバッターで三振し、泣いちゃいましたね」など自身の野球部エピソードを披露。

引用: https://www.fujitv-view.jp/article/post-254370/

他にも高校野球雑誌はあるものの、表紙に芸能人を起用することは今までありませんでした。

「より幅広い年齢層に高校野球の魅力を届ける」ため「報知高校野球」は川西拓実さんを野球雑誌の表紙に起用したそうです。

 

2021年3月号

https://music-book.jp/music/news/news/584060

 

2021年5月号

https://shop.hochi.co.jp/shopdetail/000000001229/

 

2021年7月号は川西拓実さんと豆原一成さんのツーショット

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000057.000071317.html

 

今まで芸能人が表紙を飾ることは無く、「報知高校野球」で川西拓実さんが野球雑誌の表紙を飾った際は賛否両論。

 

高校野球自体の魅力が充分あるので、生粋の現役球児を応援して欲しいと思うのは当然かと思います。

しかし川西拓実さんは小学、中学校、高校時代まで野球を続け、甲子園を目指していた野球少年です。

 

普通の野球少年がアイドルに転向するなんて一見夢物語。

しかし野球少年だった川西拓実さんが「報知高校野球」の雑誌に掲載されました。

 

川西拓実さんが実現した夢物語は、甲子園を目指す球児たちの新たな夢になるのではないでしょうか。

個人的には高校球児と川西拓実さんが「報知高校野球」の雑誌で表紙を飾る姿をぜひ見てみたいです。

 

芸能界のスポーツ経験者として川西拓実さんが野球部門で取り上げられました。

これは川西拓実さんが野球雑誌「報知高校野球」に掲載されたことも大きいのではないでしょうか。

 

今はまだアイドルとして走り始めたばかりの川西拓実さん。

川西拓実さんには野球雑誌掲載に生かした中学校、高校時代の経験を糧に多くのメディアに挑戦して欲しいです。

いつか川西拓実さんの出身中学、高校に訪問などの企画で、スポーツ番組出演してくれたら感動ものです。

まとめ

川西拓実さんは小学、宝殿中学、高砂高校時代まで野球一筋でした。

野球の強豪校に所属していたこともあり、学業との両立はきっと大変だったと思います。

 

宝殿中学校在籍時の川西拓実さんは1度オーディションを受けましたが、2次審査で断念。

その後川西拓実さんは顔面偏差値の高さ、根気強さ、誠実さを武器にアイドルへの道へ再び飛び込みました。

 

そして今、野球少年だった川西拓実さんが野球雑誌「報知高校野球」で表紙を飾っています。

「報知高校野球」では川西拓実さんメインキャラクターとしての起用。

川西拓実さんがこれからどんなメディアで活躍する姿を見せるのか楽しみですね。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!