JO1

川西拓実の歌声が未経験なのにすごい!

川西拓実の歌声

スポンサーリンク

川西拓実さんの歌声は、美しい高音や色気のある低音がとても魅力的です。

特に歌い出しの川西拓実さんには一瞬で引きこまれてしまうことも。

 

デビュー前から現在までの川西拓実さんの歌声についてご紹介します。

川西拓実さんの歌声は天性のものなのか、努力の結果なのでしょうか。

 

高校卒業後一度は就職し、未経験でアイドルの世界に飛び込んだ川西拓実さん。

発表されている楽曲、熱い声とともに川西拓実さんのこれまでを追いましょう。

川西拓実の歌声が未経験なのにすごい!

2019年12月にJO1としてデビューした川西拓実さん。

一度は就職をした川西拓実さんですが、夢を捨てきれずアイドルの世界に挑戦しました。

 

全てが未経験の川西拓実さんは歌にも果敢に挑戦し、その練習量やセンスは周囲を驚かせていました。

練習生時代では初期の頃こそBチームからのスタートでしたが、持ち前のセンスでコツをつかむとめきめきと才能を発揮。

 

最終的には3位でJO1としてのデビューを勝ち取った川西拓実さん。

JO1デビュー目前に開催されたファンミーティングでは、「国民プロデューサーのみんなとカラオケ大会」を実現させています。

選んだ楽曲はJUJU「やさしさで溢れるように」、星野源「アイデア」。

「みんなに聞いて欲しい曲」と言った「やさしさで溢れるように」では、川西拓実さんの歌声がよく合っていました。

 

多くの人の前で川西拓実さんが歌声を披露することは未経験のことだったと思います。

歌い始めは緊張のためか川西拓実さんの歌声が安定せず、自分の頭をコツンと叩いていました。

 

しかしその仕草はすでにアイドルの魅力にあふれていて、むしろ多くのファンを魅了していました。

デビューシングル「PROTOSTAR」では収録されている「Running」に注目して欲しいと言っていた川西拓実さん。

 

僕は「Running」。この曲はJAMの皆さんのことを考えたりしながら練習していたんですけど…

僕のパートで「遠回りしてごめんね」という歌詞があるんですけど、そこはJAMの方もそうですし、親のことも色々考えながら歌ったので…「そんな感じで歌っているんだな」と聞いて欲しいです。

― 川西さんも相当歌が進化していると話題です。

川西:僕も噂で聞きました(照)。僕だけじゃないんですけど、本当に皆いっぱい練習したのでその成果が着々と出てきているんじゃないかなと。

まだまだこれからもっと成長していきたいので、満足せずに頑張りたいです。

引用:https://mdpr.jp/interview/detail/1978554

2019年夏から始まった練習生合宿中、川西拓実さんは未経験からの参加ということもあり練習漬けの日々。

しかし、いざデビューすると練習生時代より更に過酷なレッスンが増え大変な毎日でした。

 

「本当にいっぱい練習した」という言葉に練習のハードさが伺えます。

そうして川西拓実さんが「進化させた歌声」はファンにも確実に届いています。

プロ意識を持ち成長を続ける川西拓実さんは、歌声やパフォーマンスの今後の進化も期待させてくれます。

「チームの中で目指すのは、歌もラップもダンスもすべて揃った“パーフェクトヒューマン”。チームの成長に貢献できるように、僕自身のパフォーマンスもどんどん磨きたいです」

引用:https://www.vivi.tv/post102577/

オーディションまで何もかも未経験だったとは思えない力強いコメント。

川西拓実さんは自分を成長させることに対して本当に前向きですね。

ファンを大切にしている川西拓実さんだからこそ、応援してくれるファンの声がより力になっているのでしょう。

ビジュアルセンターという立ち位置に甘んじることなく、ストイックに高みを目指す川西拓実さん。

川西拓実さんが全くの未経験だったラップにまで挑戦していく貪欲な姿勢、とても素敵です。

また川西拓実さん自身の努力は自分のためだけではありません。

川西拓実さんが結果を出すことでグループへの貢献、ファンへの愛情表現となることを意識しての行動。

 

川西拓実さんの努力は着実に結果へとつながり、初のアルバム「The STAR」ではセンターを務めていました。

JO1では楽曲発売ごとに曲のイメージに合ったメンバーが、「センター」としてプロモーション役を担っています。

 

「The STAR」という輝かしいアルバムのセンターに抜擢されたことは努力の結果だったのかもしれません。

「アルバムのセンターは誰?」と尋ねられると、川西拓実が「はい、僕です」と控えめに挙手。川西は「うれしい気持ちと同時に、これまで以上に責任感が芽生えて……緊張感を持って練習できたと思います」と心境を述べた。かまいたちに「センターってどういうふうに知らされるんですか?」と問われると川西は「パートが決まったあとにLINEで……」と明かし、「(センターを務めることは)誰にも伝えてないですね。家族にも言ってなくて。発表するときに聞いたほうが喜んでもらえるかなと思いました」

引用:https://natalie.mu/music/news/399252

初めてのセンターがアルバムということもあり、川西拓実さんは緊張もあったでしょう。

そんな中でも川西拓実さんはインタビューで頻繁にご両親への感謝を述べています。

2021年8月に発売された4枚目のシングル「STRANGER」で2度目のセンターに抜擢。

2021年10月に配信になった「Prologue」ではサビを担当し、川西拓実さんの歌声を披露しています。

未経験からアイドルの世界に飛び込んだ川西拓実さんは歌声、ラップなど果敢に挑戦を続けています。

川西拓実さんが進化を続けられるのは、いつも温かく見守るファンや家族がいるからかもしれません。

 

そして応援してくれるファンや家族を大切にする川西拓実さんだからこそ多くの声が集まるのだと思います。

まとめ

何もかも未経験でアイドルの世界に飛び込んだ川西拓実さん。

天性のセンスと並外れた努力で川西拓実さんの歌声は日々進化を続けています。

 

今では川西拓実さんのたゆまぬ努力が実を結び、楽曲のセンターやソロパートを任せられるほど。

努力と実績を着実に積み上げることで、多くのメディアから個人での出演も増えています。

 

そんな川西拓実さんを支えるファン、家族、メンバーからの応援がこれからの大きな糧となるでしょう。

ますます熱い応援を送り、川西拓実さんの今後の活躍を見守りましょう。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!