今世は当主になります

今世は当主になります12話ネタバレ最新話と感想!ギャラハンが注目される第一歩

スポンサーリンク

『ピッコマ!』で連載中の恋愛まんが『今世は当主になります』12話のネタバレと感想をまとめてみました!

コロイ紡織物での事業を提案するビエーゼとアンゲナス。

ティアの思惑通り、その機会をうまく活用し、父親ギャラハンが表舞台に立つ始まりをもたらせました。

今世は当主になります第12話のネタバレと感想を書いていきます!

今世は当主になりますネタバレ12話最新話と感想!ギャラハンが注目される第一歩

ビエーゼの商談に顔を出すティア

クレリバンは、商人集団デュラックの商品を検分していました。

原材料を尋ねると、アンゲナスはコロイの茎を紡いで編んだものと答えます。

ルーラックの長男ビエーゼが、帝国の東側地方の伝統的な織物で、組合長アンゲナスが直々に買い付けたのだと自信満々に付け加えました。

 

アンゲナスは、認知度がないが、目新しいものだから必ず利益を生むと語ります。

ルーラックの目にも、この商人集団は質が悪く、品も粗末だと映りました。

ピエーゼの目論見は、この事業で皇后の賄賂用資金を蓄えるものでしょうが、ルーラックは成功の可能性が低いと見て取ります。

 

そこへティアが、洋服の布だと興味津々に荷台に飛び乗りました。

驚く面々の前、ピエーゼは追い払おうとしますが、ティアはおじい様であるルーラックに抱きつきました。

父親と散歩中、ルーラックとクレリバンの声が聞こえてやって来たというティア。

 

ティアがこの布は何かと尋ねると、ルーラックはティアににこにこしながら、コロイというこの布でお金を稼ぐ方法を話し合っていると答えます。

ティアは、この事業は潰れると覚えていました。

無駄にお金をつぎ込むこととなり、ロンバルディは損害だけが残り、商人たちからも嘲笑わられることとなるのです。

 

しかし幼い子どもには誰も耳を貸さないのが分かっていたので、ティアは父親に解決を図らせようと企んだのでした!

ティアを追って、ゼエゼエと息を切らして汗だくの父親ギャラハンが現れます。

博識が光るギャラハン

コロイをルーラックが売ろうとしている、とティアはギャラハンに声を掛けます。

みんなの注目を浴びてしどろもどろになるギャラハンは、ティアと向こうに行こうとしていました。

ティアは、コロイはどうやって草が布になるのかと尋ねます。

 

ギャラハンもコロイの実物を見たのは初めてで、手触りの悪さを指摘します。

ピエーゼとアンゲナスが醸し出す不穏な空気に、ギャラハンはティアを連れて行こうとしました。

ギャラハンの存在感を知らしめようとしていたのに失敗すると思い、ティアはなんとか抵抗をしようとしました。

 

すると、ルーラックがギャラハンにさらに詳しく話すように促します。

ギャラハンは知っている範囲の知識で、コロイの歴史と平民が愛用する紡織物だと答えました。

アンゲナスは、コロイの織物を勧めた人物は、階級を越えて愛用されていると言っていたのだと、ギャラハンに詰め寄ります。

 

ピエーゼは組合長アンゲナスが直接買い付けたと言った、と指摘するルーラック。

実際は代理人に依頼していたのであり、アンゲナスは騙されていました。

 

ギャラハンは、手触り以外のコロイの短所を述べます。

布をめくりあげ下層を見ると、植物の茎由来の材料であるために湿気に弱く、雨季の間に生地が傷んでいるところが見つかりました。

ショックを受けているアンゲナスを見て、ギャラハンは同情を寄せます。

 

コロイは管轄領の近くにもよく生えており、近くで調達してすぐに作り直すことが可能。

ギャラハンは私見を加え、ネルを混ぜて織ることで貴族に売ってはどうかと。

コロイの利点として、軽くて涼しい、材料が手に入れやすく原価が低いと述べると、アンゲナスはとても納得顔。

 

費用を抑えた分ネルに投資し、涼しくて手触りもよい、新たな生地を生み出してはどうかと言うのです!

そこへクレリバンが割り込み、ネルを混ぜるのは高度な技術が必要だと。

ロンバルディには紡織職人ギルドがあり技術は提供できるが、新しい織物開発のための収益配分が必要だとも付け加えました。

 

ピエーゼは放置状態で、クレリバンとアンゲナスが交渉を始めます。

ティアを抱きかかえ、去ろうとするギャラハン。

ティアがここからなのに、と慌てると、ルーラックがこの事業はギャラハンがやるように命じました!

ティアの思惑通り

慌てたのはピエーゼです。

しかし、ルーラックはこの分野により詳しいものが担当するほうがいいだろうと組合長アンゲナスに声を掛けました。

商品知識は何より大事だ、とアンゲナスは感動の表情。

 

アンゲナスはギャラハンの手を握り、クレリバンもロンバルディの一員として手伝いに入ると言います。

戸惑いの強いギャラハンですが、ティアが父親をぎゅっと握りしめます。

チャンスを逃すものかと、アンゲナスを助ける父親はカッコいいと誉めそやすと、ギャラハンはあっけなく陥落。

 

クレリバンが契約書の話を持ち出そうとすると、ピエーゼが毒づきながら去っていきました。

ティアは推測していました。

父親の知識でコロイの欠点は補えること、アンゲナスとロンバルディが提携した事業を邪魔する存在はいないこと。

 

今までは、次男ローレルズと三男ギャラハンが目立たないため、ロンバルディの長男であるピエーゼが注目されていました。

本来はロンバルディの後継者は公平な争いの末に決まるのです。

今回の事業が成功すれば、ギャラハンとティア親子に皇室からの招待状が届くでしょう。

 

ティアの狙いは、第2皇子ペレス・ブリバチャウ・デュレリーに会うことなのです。

今世は当主になります12話感想

前話がどうなるのかとドキドキして読み始めると、まさかの少し前に話題になっていたピエーゼが提案した商談の話。

ちょっとがっかりしていたところに、ティアが突入してきて驚きました。

子どもの利点を使って無邪気に商談の場に割り込んでいる姿を見ると、これが父親を活躍させる何かにつながるのか、と納得。

 

ティアの記憶で、蘇り前にはこの事業が失敗していたのですね。

そこを逆に使って、父親に何とかさせようと企むとは、なかなか策士です!

そして、おもしろい具合に父親はティアの掌で転がされ、状況的にもギャラハンが表舞台に立っていくようになる流れがとても興味深かったです。

 

不利になるのが分かっている取引も、うまく利点を生かしたり、コラボレーションを使うことで成功に近づくのは、私たちの社会にもつながることですよね。

その視点が自然と出てくるギャラハンはとても可能性を秘めていると思うのですが、確かに本人にその気がなければ才能も埋もれてしまうことがよくわかりました。

そして、ちゃっかりのクレリバンは、可能性を見つけると変わり身の早さがスゴイ!

反対していたのがウソのようで、ギャラハンそっちのけで、アンゲナスと交渉を始める始末。

 

今後のギャラハンの活動が目が離せないのと、ティアの狙いが興味津々です!

今世は当主になりますネタバレ12話最新話と感想!ギャラハンが注目される第一歩

今回は漫画「今世は当主になります」12話のネタバレ、感想をご紹介しました。

ティアは、ビエーゼとアンゲナスが企てている事業の商談の場に姿を現します。

不利に見える事業を、ギャラハンが打破できる提案を出し、その事業はギャラハンが引き継ぐこととなるのでした。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!