今世は当主になります

今世は当主になりますネタバレ2話最新話と感想!フィレンティアの決意、私が当主になる!

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「今世は当主になります」2話のネタバレと感想をまとめてみました!

目覚めると、7歳の頃に戻っていた!?

未来の記憶をもったまま、過去の自分に蘇ったフィレンティア。

さて、この蘇りをチャンスに変えることはできるのでしょうか?

それでは「今世は当主になります」2話のネタバレと感想を紹介します!

今世は当主になりますネタバレ2話最新話と感想!フィレンティアの決意、私が当主になる!

目覚めると7歳の自分に!?

馬車事故に遭ってしまったフィレンティアが目覚めると、亡くなったはずの父が隣に座っていました。

訳が分からずその場を離れて鏡に自分の姿を映してみると、そこには7歳の小さなフィレンティアが立っていたのです・・・!

お父様を助けたい!

フィレンティアは考えます。

クズ人間が多いロンバルディの中で博識だった父。

自分が11歳になる数日前に、病でこの世を去る運命の父を、今世では助けられるかもしれない。

 

転生前の知識を生かせばきっとできるはず!

そして、ロンバルディ自体も自分が守れるのではないか、と。

フィレンティアの決意

その時フィレンティアの目に、衰退したロンバルディの姿が浮かびます。

それを打ち消すように、まずはビエーゼが当主となるのを防ごうと考えました。

 

ビエーゼの妻は、第1皇子の母である皇后のいとこです。

そのため第1皇子を支持していたのでした。

 

第2皇子を支持するためには、一体誰が当主に・・・?

すると祖父ルーラックの言葉がフィレンティアの頭に響きます。

「お前にはロンバルディを継ぐ才能がある」。

 

そしてフィレンティアは決意したのです。

転生前に得たこの先20年の情報を活用し、自分が当主になるのだ、と!

今世は当主になりますネタバレ2話感想

7歳の頃の自分に蘇ったフィレンティア。

未来の知識をもったまま転生しているので、今世で生きるのはとても有利になります。

 

賢すぎる7歳の誕生ですね!

色々知っている分、先回りして行動できますし、不都合なことは回避すべく対策もたてられます。

 

ただ、フィレンティアの姿はまだ幼い7歳の子ども・・・。

こんな小さな子どもの言うことや行動を、父や祖父は信じてくれるのでしょうか。

少し不安ではありますが、逆に子どもならではの無邪気さで何としていくのかもしれません。

 

今回の転生は間違いなくチャンスです!

ロンバルディの当主となる決意をしたフィレンティアは、これからどのように当主への階段を上っていくのでしょうか。

今世は当主になりますネタバレ2話最新話と感想!フィレンティアの決意、私が当主になる!まとめ

今回は漫画「今世は当主になります」2話のネタバレ、感想をご紹介しました。

転生前の記憶をもったまま7歳の自分に蘇ったフィレンティア。

彼女にとっては2度目の転生です。

これからどのようにフィレンティアはロンバルディと父を救うのでしょうか?

スポンサーリンク

error: Content is protected !!