サイト開設1周年記念!

30秒で終わる当サイトについての簡単アンケートで

Xmasプレゼントが当たる?!

アンケートに回答してプレゼントに応募する

(※回答は1人1回まで12月23日〆)

今世は当主になります

今世は当主になります36話ネタバレ最新話と感想!水面下で荒れる夕食会

スポンサーリンク

『ピッコマ!』で連載中の恋愛まんが『今世は当主になります』36話のネタバレと感想をまとめてみました!

貶められそうになっているティアはシャナネットに救われました。

ティアもギャラハンもルーラックの期待が見え、ビエーゼ派は不穏な空気となります。

今世は当主になります第36話のネタバレと感想を書いていきます!

今世は当主になりますネタバレ36話最新話と感想!水面下で荒れる夕食会

シャナネット

笑い声が響くなか、ティアは怒りでフォークを握りしめ、面々を睨みつけていました。

けれども、おじい様の見ている目の前で何かをすることはできません。

 

その時、シャナネットがフォークを置き、語り始めました。

皇帝陛下の謁見の場でベレサックがマントを踏んで転んだというミスを。

空気が凍り付く中、ビエーゼの妻が何を言うのと笑うと、夫のビエーゼが陛下の前なのだから緊張して当然と付け足します。

 

シャナネットは、ベレサックはマナーをもっと気を付けるべきだけどいつも逃げ回っていたとため息。

ベレサックは恥ずかしい姿をさらすことになったのは私の責任だと。

子どもならよくあることで、失敗から学ぶのだとビエーゼ。

 

シャナネットは、子どもだから失敗することもあるわとここぞと言うのです。

ティアは、シャナネットにかばってもらったとびっくり。

双子たちも、ベレサックが人前でコケたことをやんやと話し始め、ベレサックは羞恥で震えています。

 

ティアはマスカットを口に入れると、嬉しくて微笑みました。

ティアへの誕生日プレゼント

息子のベレサックが笑い物になっている状況を変えようと、ビエーゼが立ち上がりました。

 

ルーラックにお酒を注ぎながら、ベレサックが皇子の従者になれたことを感謝するビエーゼ。

ベレサックが例外として11歳に満たないけれど皇宮に出入りができるようになったと、妻も感謝を表します。

数か月後の誕生祝いみたいなもので、皇宮に出入りするときは振る舞いに気を付けるように、とルーラックは釘を刺します。

 

ルーラックに大切にされているベレサックは宮中では誰も無視できない存在です、と語ってビエーゼは意気揚々。

ティアはルーラックの意図がビエーゼに伝わっていないと思いながら、その風景を睨みつけていました。

皇宮に出入りしていたと知り、ティアはドヤ顔をしているベレサックをチラ見します。

 

従者とは、皇族専用の遊び相手であり、未来の権力者にコネを作っておく政治的な意味合いを持ちます。

けれど、何の役にも立たないと思ったティアに、ルーラックが声を掛けてきました。

呼ばれるままにルーラックに寄っていくと、ルーラックは8歳の誕生日としてティア専用の図書館の鍵をティアの首にかけます。

 

ビエーゼ夫婦に不穏な空気が走ります。

ティアはルーラックにお願いしたことを忘れられてしまったのかと懸念しましたが、ルーラックは個人的な贈り物だとのこと。

ティアは、ボーナスのようなものと悟り、感謝を告げます。

 

ルーラックはティアの頭をなでながら、欲しい本はブロスルに言うように言いました。

双子たちが羨ましそうに声をあげます。

ギャラハンへの期待

それに危機感を覚えたビエーゼは、ギャラハンに話しかけます。

社交界に平民の商店街に店舗を出す噂が出回っていて、ロンバルディとして恥ずかしいと。

ベスティアンも賛同できないという反応を示し、ビエーゼの妻は彼女の実家から資金提供もできていたはずなのにと言います。

 

ギャラハンは、自分の力でやりたいのだと告げます。

資金が足りなければ相談しろと笑うビエーゼと、沈黙を保つシャナネット。

ルーラックは、見守っていると声を掛けました。

 

ビエーゼはルーラックの言葉の意味に焦りを感じます。

ギャラハンに期待をしているかのようだからでした。

怒りを感じているビエーゼ夫妻の空気を読み、ベスティアンがワイングラスを掲げて何とか場を盛り立てようとします。

 

ビエーゼの妻も、次男のローレルズも表情が固まっています。

ティアはその表情を見ながら、ギャラハンのお店が開店したら、さらにどうなるのかとほくそ笑んでいました。

今世は当主になります36話感想

ロンバルディの牽制図式が非常にわかるストーリでした。

前話で姿が見えなかったルーラックがこの話に来て、俄然存在感を現しましたね!

明からな対立構造が見えるし、ビエーゼたちの執念にも似た権威欲がすごいです。

 

個人的に気になったのは、シャナネットとベスティアンでした。

ベスティアンは明らかにビエーゼ側なので、シャナネットとあんなにイチャイチャしていたことがウソのように感じられてしまいます。

前世での離婚も確かに裏がありそうです!

 

まず、ティアのことは、いつもは静かなシャナネットが助けの手を伸ばします。

ルーラックは中立のようでありながらティアとギャラハンを大切にしていることを見せます。

ティアには図書館の鍵を渡し、ギャラハンには直接声を掛けるという方法で。

 

ルーラック最強ですね!

なにより、ティアの味方である双子たちが可愛くてしかたありませんでした。

今世は当主になりますネタバレ36話最新話と感想!水面下で荒れる夕食会

今回は漫画「今世は当主になります」36話のネタバレ、感想をご紹介しました。

夕食会は権威争いの場と化し、貶められるターゲットになったティアでしたが、シャナネットがさりげなく助けます。

ビエーゼは優位に立とうと諦めませんが、ルーラックはティアに特別なプレゼントを渡し、ギャラハンを応援することで、ギャラハン父娘への期待を示すのでした。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!