今世は当主になります

今世は当主になります37話ネタバレ最新話と感想!特別授業始まる

スポンサーリンク

『ピッコマ!』で連載中の恋愛まんが『今世は当主になります』37話のネタバレと感想をまとめてみました!

ティアはルーラックにプレゼントしてもらった図書室でクレリバンからの特別授業を受け始めます。

ギャラハンの衣料品店も開店1週間前となっていました。

今世は当主になります第37話のネタバレと感想を書いていきます!

今世は当主になりますネタバレ37話最新話と感想!特別授業始まる

図書館

ティアが屋敷の通路を歩く先に、扉の前に立ち頭を下げる騎士たちが見えました。

ティアも微笑みお辞儀を返します。

図書館はおじい様の執務室の前にあり、騎士の警護付きだったのでした。

 

そっと扉を開けて中を覗くと、整った図書室が広々とあり、ティアは感嘆の声をあげます。

ひとつの机にそっと手を触れ、この部屋が前世で病気のルーラック代理として執務を行っていた部屋であることを思い出していました。

クレリバンがノックし自分がいることを示しました。

 

ティアは特別授業を受けられるのだと告げます。

クレリバンの特別授業

クレリバンは本を閉じ、ティアの知識のレベルを十分に把握できたと言います。

8歳とは思えない商業の知識と感覚と、商業や経済の本をすでに読んでいることについて指摘し、上機嫌です。

ティアは空笑いをしながら、前世でルーラックの代理を務めるため本を読みまくり必死で働いていたことを思い出し、無駄なことはなかったと実感。

 

けれども、クレリバンが教養面の残念なところを告げます。

ティアには身に覚えがありました。

実務と書類作業は大量に触れていましたが、ロンバルディの忘れられた存在として上流階級のマナーなどは11歳から変わらず、威厳なども身に付ける機会がなかったのでした。

 

クレリバンは年齢的には今でも十分だが、ティア自身も現状で満足はしていないだろうと指摘します。

ティアは、当主を目指すものとして品位も必要だと同意を示します。

完璧な当主になるのだと意気込んでいるティアに、クレリバンはどっさりと本を突き出しました。

 

基本マナーの知識を得、シャナネットから実践を進めていくと提示された本の量に圧倒されるティア。

クレリバンは手を鳴らすと嬉しそうに「皇室の礼儀作法古典」から始めようと告げました。

ティアは顔をひくつかせながら、できるのか不安になるのでした。

 

すっかりと夕暮れの頃、ティアは何とか全てを読み終わりました。

ティアの速読を褒めるクレリバンですが、ティアは正確さのほうが大切だと返します。

しかも、クレリバンの手にある作成済みのテストに気が付いていました。

 

テストを受ける心構えをしようとして、ふとギャラハンのお店がオープンまで1週間となっているのにゆったりとしているクレリバンが気になります。

クレリバンはふと外に目をやると、心配はいらないと言うのでした。

開店1週間前

4階建ての緑色の大きな建物の前に、黒髪のボブカットの少女が指示を出していました。

周囲の人が新しいお店だろうかと噂をしています。

少女が彼らを振り返り、笑顔で挨拶をします。

 

「ギャラハン衣料品店」店長のバイオレットと名乗り、もうすぐオープンだとみんなに握手!

ひとりの年配の女性が、若くて気さくなバイオレットに何のお店なのかと尋ねます。

周りが一気にあれこれと話し始めました。

 

貴族の衣料品店は初めて聞いたこと。

緑の染料は高いのにこんなに建物に使って目立っていること。

高いものを売るのだろう。

 

バイオレットは指を突き出し、オーダーメイドの仕立て屋ではないと声をあげました!

あらかじめ作っておいた服を売るのだと。

2シルバーでお釣りが来るような値段の服だと。

 

一瞬周辺は時が止まりましたが、冗談だろうと一気に笑い出しました!

子どもの服でも布一切れで1シルバー以上するのだし、実際には10シルバーなどで売りつける気なんじゃないかと。

ここで皆さんとお付き合いをしていくのに嘘などつかない、とほほ笑むバイオレット。

 

本当かと半信半疑な反応の人の前で、バイオレットはオープン日にはすぐに品切れになってしまうはずだと言い切ります。

関心を持ち始め、行ってみようかとささやき始める人びと。

バイオレットは手を叩き手のひらを合わせると、1週間後の開店日を他の人にも教えて欲しいとにっこりと笑います。

皆さんをお待ちしていると。

今世は当主になります37話感想

ティアがプレゼントしてもらった図書館は前世にも関係がない場所ではなかったのですね。

前世ではティアがプレゼントしてもらった場ではなかったのですが、ルーラックの代理として執務を行っていた場所でした。

今世はちょっとずつ前世とは変わっていくところもありつつも、残っていて出てくる設定もある、という感じですね。

 

さて、そんな思い出深い場所にて、ティアはクレリバンの特別授業を受けることとなります。

子どもたち全員への授業はありつつ、このティアだけの場所でこっそりとクレリバンから受ける指導なのでしょうね。

しかし、2度目の人生とはいえ、あれだけの本を一気に読んでしまえるなんてティアはどんだけ優秀なんでしょうね!?

 

そうして、ギャラハンの例のお店の方はちょっと予想外の展開を見せています。

新しく登場した、店主だと名乗ったバイオレットという少女が何とも魅力的な感じ。

平民に向けてのお店なので、気取って敷居の高い場所やひとは敬遠されますよね。

 

しかし、お店は緑色の高価な染料を使いつつも気取らない外観だし、バイオレット自身が気さくでつい話しかけたくなるような雰囲気を持っています。

開店日が楽しみですね!

今世は当主になりますネタバレ37話最新話と感想!特別授業始まる

今回は漫画「今世は当主になります」37話のネタバレ、感想をご紹介しました。

ティアは、ルーラックにプレゼントしてもらった図書館で、クレリバンからの特別授業を受け、前世では足りなかった教養なども身に付けていきます。

ギャラハンの衣料品店は開店1週間前に迫り、店主のバイオレットが周りの人々に身軽に魅力的にお店のことを宣伝をするのでした。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!