今世は当主になります

今世は当主になりますネタバレ6話最新話と感想!クレリバンのテスト

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「今世は当主になります」6話のネタバレと感想をまとめてみました!

ロンバルディの教育係を務めるクレリバン。

彼がフィレンティアのもとを突然訪れた目的とは!?

それでは「今世は当主になります」6話のネタバレと感想を紹介します!

今世は当主になりますネタバレ6話最新話と感想!クレリバンのテスト

ルーラックの命令

ルーラックからフィレンティアが「南の人々」という本を持っていたことについて意見を聞かれたクレリバン。

研究のための専門書を幼い子が読むはずはないと答えると、ルーラックは自分の血を引き継いでいるかもしれないと感じたため、フィレンティアを「授業」に参加させるよう指示しました。

 

そこでクレリバンは、授業に参加できるレベルかどうかをテストする前提で、それを受け入れたのです。

ロンバルディの授業

授業とは家門の子供たちのための教育であり、ロンバルディの後継者たちをふるいにかけるものとなっています。

そして授業の評価は毎回、当主のルーラックに報告されることになっているのです。

 

転生前のフィレンティアは9歳でこの授業に参加していました。

クレリバンのテスト

クレリバンはフィレンティアが借りた「南の人々」という本の内容について質問をしてきます。

自分をアピールできるチャンスだと思い、スラスラと答えてみせるフィレンティア。

 

質問の間違いまで指摘し、ついにクレリバンを感心させてしまいました。

授業の参加を認められたフィレンティアを、ギャラハンは強く抱きしめ、褒めたたえるのでした。

今世は当主になりますネタバレ6話感想

ルーラックから信用されているクレリバンのテストを、フィレンティアは無事クリアすることができました。

中身は7歳の子ではありませんが、素晴らしいですね!

 

質問の意図を理解しつつ、幼さを失わずに正確に答えて自分をアピールするなんてさすがです。

この参加する授業にはおそらくいとこ達もいるでしょうから、これから頭脳の差を見せつけてやってほしいものです。

 

クレリバンのやる気に火をつけたフィレンティアに、この先彼は味方となって色々な知恵を授けてくれるのでしょうか。

ぜひ力になってもらいたい人物ですね!

今世は当主になりますネタバレ6話最新話と感想!クレリバンのテスト

今回は漫画「今世は当主になります」6話のネタバレ、感想をご紹介しました。

ロンバルディの授業参加レベルを見るクレリバンのテストに、見事合格したフィレンティア。

クレリバンもフィレンティアの才能に気づいたようです。

これからどのような授業が展開されていくのか楽しみですね!

スポンサーリンク

error: Content is protected !!