公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ外伝第2話最新話と感想!茶畑の見学

公爵夫人の50のお茶レシピ

「ピッコマ」連載漫画の「公爵夫人の50のお茶レシピ」外伝第2話のネタバレと感想をまとめてみました!

侍女たちを伴い、茶畑を訪れたクロエ。

思いがけないトラブルが彼女を襲います!

「公爵夫人の50のお茶レシピ」第外伝第2話のネタバレと感想を紹介します!

⇒公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ一覧へ

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ外伝第2話最新話と感想!茶畑の見学

茶畑の見学へ

用事のあるアルフォンスと別行動し、茶畑の見学に来たクロエ。

一緒に来たエリーは初めて見る茶畑に目を輝かせます。

ダージリンの茶畑は全て斜面になっており、その光景は美しく圧巻でした。

 

クロエはダージリンは山が多い為、全て斜面になっている事を説明。

こんな地形では栽培も収穫も困難だろうと伺えます。

だからお茶を飲む時は労働者たちの苦労を労いながら飲もうと微笑むクロエ。

思いがけないトラブル

その時、茶葉の収穫をしていた女性労働者の一人が斜面で足を滑らせ下まで転がり落ちてしまいました。

動揺する侍女たちを尻目に、クロエは騎士のジェイコブに医者を呼ぶよう指示。

さらに侍女たちには落ちた籠と茶葉を拾うよう伝えます。

 

転がり落ちた女性が心配で駆け付けたクロエですが、ガイドによると擦り傷だから大丈夫との事。

しかしどう見ても彼女は足から出血しており、大丈夫そうには見えません。

その時、ちょうどクロエが指示を出した使用人たちが戻ってきました。

 

侍女たちは全ての茶葉を拾い終わり、ジェイコブは医者が不在だった為薬を持って来たのです。

クロエの思いがけない行動に驚く女性。

アミダブの告白

怪我の治療も無事終わり、女性はクロエに感謝の気持ちを伝えます。

クロエもまた彼女の仕事を労ったのです。

 

貴族が労働者を労うなど、まずあり得ない事。

クロエの行動にガイドは戸惑いを隠せません。

 

彼女の無事を確認したクロエは、仕事の邪魔にならないよう邸宅に戻る事に。

その時、一人の男性が声をかけて来ました。

流暢に帝国語を話すその男性の名はアミダブと言い、この地域の領主だと言います。

 

なんと、貴族であるクロエが一労働者を助けるのを目撃したアミダブは、その美貌と優しい心に惚れてしまったと言うのです。

是非自分と結婚してダージリンの女性の模範になって欲しいと伝えるアミダブ。

 

彼の渾身の告白を聞いたクロエは、思わず吹き出してしまいました。

不思議そうなアミダブに告白を受け入れられない事を伝え、理由を説明しようと口を開きます。

不機嫌なアルフォンス

するとタイミングよくアルフォンスが到着。

アミダブに向かって、妻に何の用かと睨みつけたのです。

アルフォンスの蛇のような目つきに怯えたアミダブは、すっかり怯んでしまいます。

 

恐怖に震えながら、非礼を謝るアミダブ。

クロエが一人で茶畑を訪れていた為、独身と勘違いしてしまったと言います。

アルフォンスの怒りが治まったのを確認し、アミダブは改めて自己紹介を始めました。

 

クロエに促され、アルフォンスもまた名を名乗ります。

そして自分が帝国の公爵であると打ち明けたのです。

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ外伝第2話感想

ダージリンの茶畑は、まるで日本の棚田のようで絶景でしたね!

見学する分には美しく魅力的ですが、働く人は大変だろうと感じます。

 

トラブルに迅速に対応し、的確な指示を出すクロエに驚きました!

彼女の貴族とは思えない行動は、ガイドだけでなく怪我をした当事者も驚く程でした。

 

しかしクロエが身分など関係なく親切なのはいつもの事。

すっかり慣れっこのエリーたちのどや顔には笑ってしまいました!

彼女の下で働けて、使用人たちも誇らしそうでしたね!

 

クロエの美貌と優しさに一目惚れしたアミダブ。

彼女に勇気を出して告白しますが、運悪くアルフォンスが到着…。

鬼のような形相で睨み付けるアルフォンスにも笑ってしまいました!

 

相変わらずクロエの事になると子供のようで可愛らしいですね!

アミダブに自分が公爵だと明かしていましたが、領主である彼との出会いが今後クロエの事業に影響をもたらす事になるのでしょうか?

今後の展開が楽しみです!

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ外伝第2話最新話と感想!茶畑の見学まとめ

今回は漫画「公爵夫人の50のお茶レシピ」外伝第2話のネタバレ、感想をご紹介しました。

茶畑の見学に訪れたクロエは、怪我をした労働者に手当てをします。

その様子を目撃していた領主のアミダブは、彼女の美しい心にすっかり惚れてしまうのでした。

⇒公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ一覧へ

error: Content is protected !!