皇女、反逆者に刻印する

皇女、反逆者に刻印するネタバレ12話最新話と感想!選ばれた理由

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「皇女、反逆者に刻印する」12話のネタバレと感想をまとめてみました!

ミカエルを専属騎士に置いたイヴ。

その目的は当然、皇太女になることです。

皇女、反逆者に刻印する12話のネタバレと感想を紹介します!

⇒皇女、反逆者に刻印するネタバレ一覧へ

皇女、反逆者に刻印するネタバレ12話最新話と感想!選ばれた理由

とっさの動き

急にきれいだと言われたイヴは、驚き目を丸くします。

庭園のことかと思い今度一緒に歩こうと言いますが、ミカエルは庭園だけでなくイヴの髪がきれいだと改めて言いなおしました。

 

唐突な誉め言葉に、イヴは皇族が嫌いなのではなかったのかと聞きます。

その質問には嫌いだと即答するミカエルですが、イヴのことを皇族だと意識しなければ、特別マイナス感情を抱くことはないと言います。

刻印の影響だと言うイヴに、気が付いたら皇室に忠誠を誓っていそうで怖いとミカエルは返しました。

 

未来を知っているイヴは、ミカエルに限りそんなことはあり得ないことを知っています。

そんなことは絶対にないから安心してと微笑むイヴに、ミカエルは呆れたような表情を浮かべます。

忠誠を否定し、ため口も気にしないイヴは、やはり異質な存在でした。

目標はホムンクルス撤廃

準備が整い、ミカエルのために薔薇の紅茶を淹れます。

ミカエルは刻印前にイヴが言っていた、どうしても自分を専属騎士にしたかった理由は何かと聞いてきました。

その質問にイヴは、皇太女になりたいと答えます。

 

ゆくゆくは皇太子になり、ホムンクルス制度の撤廃を行うと言うイヴに、ミカエルは驚きを隠せません。

皇太女になるためには社交界での立場が重要であり、そのためには専属騎士を置いていることが必須でした。

 

皇帝である父が手に負えなかったホムンクルスを刻印したという実績は、後継者に名乗り上げるには充分です。

イヴの説明に納得した様子のミカエルを見て、イヴは今日はこれで充分だと一安心です。

点検への期待

専属騎士に選ばれたことに納得したミカエルに、今後の生活やスケジュールについて説明します。

今週は忠誠儀式、来週はロジーの誕生日パーティーがあり、イヴの社交界デビューの日です。

ホムンクルスは主人に常についていき、寝食は皇室親衛騎士団専用の建物で行うことになっていました。

 

厳格な生活ですが、ホムンクルスは皇族の夜の世話をするため、点呼だけは除外されています。

ミカエルがそこまで確認した時、指名式当日は点検として、夜の世話をさせる通例があることを思い出しました。

目の前にいるイヴに点検されるのか、まさかとは思いながらも、ミカエルはつい想像してしまいます。

皇女、反逆者に刻印する12話感想

刻印を終え、一緒にお茶を飲む二人。

ミカエルは改めてイヴの専属騎士になったことを感じます!

 

ミカエルは既にイヴに好感を抱いていますね!

刻印を受けていない時でも想いを寄せていた相手なので、刻印されてしまえば、自覚なしにどんどん好きになっていくのでしょう!

術によるものだと考えると少し悲しいですが、それでも純粋な好意が二人の関係を良くしてくれています。

 

イヴはミカエルを専属騎士に置くだけでなく、ホムンクルス制度の撤廃も考えていたのですね。

確かに無くしてしまえば、反逆も起こりません。

困難は多いと思いますが、なんとか皇帝まで上り詰め、帝国の未来を救ってほしいです!

 

ホムンクルスが夜の世話をすると言うのは、そんなに大きなことなのですね!

ミカエルが思春期の男の子のように期待のこもった表情をしており、そのギャップが面白かったです。

きっとイヴは点検などしないでしょうが、いつかしてもらえるといいですね!

皇女、反逆者に刻印するネタバレ12話最新話と感想!選ばれた理由まとめ

今回は、「皇女、反逆者に刻印する」12話のネタバレと感想を紹介しました!

点検につい期待するミカエル。

イヴはこれからどうミカエルと距離を縮めていくのか、今後の展開が気になります!

⇒皇女、反逆者に刻印するネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!